辻仁成が中山美穂との離婚のいきさつ告白「彼女に新しい人が…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tujijinsei_01_140728.jpg
画像は「Jinse TSUJI Hitonari Official Web Site」より


 中山美穂との離婚を発表した作家・辻仁成が、新刊である日記エッセイ『不屈』(キノブックス)で、現在の苦しい心境を告白している。

 まず、今年3月にふたりの離婚が噂されたときには、辻の“中性化”が離婚の原因と報道されていたが、その後、今度は逆に中山と音楽家・渋谷慶一郎のただならぬ仲が明るみに。結局、離婚発表時には10歳になる長男の親権を辻がもつことが公表された。

 辻はこの一連のいきさつと、離婚後の胸の内を本書のあとがきで明かしているのだが、これによれば、辻が中山の“異変”に気付いたのは昨年の12月。それでもすぐに離婚を考えたわけではなく、中山が自分のもとに戻ってくることを待っていたという。

「彼女に新しい人ができたということを昨年末に知ってはいたが、それは誰にでも起こり得る一時的な気の迷いであろうと、時による回復を静かに待った。けれども、願いは届かず、離別は避けられないところにきた」

 辻は関係の修復を期待したものの、中山には逃げられてしまったというわけだが、その最後も「離婚届が自宅に届いた」という、じつにあっさりしたものだったようだ。

 本書は2012年からニコニコチャンネルで発表していた日記を抜粋、まとめたもの。そのため、「正直、読み進めることのできなくなる場面や瞬間が幾度とあった」と、辻はあとがきで述べている。そして、

「あの時、あの瞬間、気がつかなかったのか、気がついてやれなかったのか、という激しい後悔が打ち寄せた。夫であり、父親であった自分の責任を思った」
「実際、感謝しかなかった」
「このような結果になった現在も、この十二年間への、ありがとう、の一言しかない。三人で、共に手を合わせて頑張ってきた、いい思い出のほうが圧倒的に多いのだから……」

 と、幸福な日常を失ってしまったことを悔やむ思いを切々と綴っているのだ。

 たしかに本書の日記を読むと、辻の切ない気持ちもわからなくもない。クリスマス前には、息子がサンタからのプレゼントとして楽しみにしている任天堂のWiiを買い求めたり、かと思えば、息子の晴れ舞台であるクリスマスコンサートの出演時間を間違えて夫婦ふたりカフェで珈琲を楽しんでしまったり。また、辻がパリを留守にしているときには、ふたりはLINEで長話。辻の監督作品『醒めながら見る夢』の英語タイトルを中山が必死に考えるなど、仲むつまじい家族の様子が見てとれる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

辻仁成が中山美穂との離婚のいきさつ告白「彼女に新しい人が…」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫中山美穂辻仁成離婚の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画