さすがの安倍首相! あの蛭子さんからダメ出しも…2014年政治記事PVランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
2014pvbestseiji_01_150101.jpg

 元旦からお送りしてきたジャンル別PVランキングも今日で最終日。トリをつとめるのは“政治”を主題にした記事のランキングだ。一般的にネットニュースサイトは芸能記事やエロネタ記事が人気なのだが、今回集計してみて、多数の政治記事が全体でも上位にランクインしていたことが分かり、編集部も驚いた次第である。これは、それだけ多くの人が現在の政治に不満を持っているということを表している。それでは発表に移ろう。


★第1位 天皇家と安倍政権が対立!? 護憲姿勢強める天皇・皇后を首相の側近が批判!

 美智子皇后が誕生日を控えた昨年10月、自らA級戦犯の話題を持ち出し、その責任について言及する文書コメントを発表した。これは明らかに歴史修正主義的な安倍政権を意識したものだ。実は皇后コメントのほんの2ヶ月前、安倍首相はA級戦犯の追悼法要に、自民党総裁名義で「自らの魂を賭して祖国の礎となられた」と賞賛のメッセージを送っていたのである。また天皇も一昨年の誕生日に際した会見で、日本国憲法を「平和と民主主義を守るべき、大切なもの」と最大限に評価し、さらに「知日派の米国人の協力」に言及し、「米国による押しつけ憲法」という右派の批判を牽制するような発言をしている。ところが、改憲まっしぐらの安倍首相は聞く耳を持たず、さらに側近からは天皇に対する批判発言まで飛び出す始末なのだ。その“トンデモ説教”の詳細は以下のリンクからご覧いただきたい。
http://lite-ra.com/2014/11/post-605.html


★第2位 安倍首相がZERO村尾にブチギレ完無視!古舘は口封じ状態!大荒れ選挙特番

 安倍首相がFacebookに執心なのは、自身への批判に対する耐性がなく「いいね!」と自身を評価してくれる右派読者の意見を読むのが好きなためと言われている。それが如実に表れたのが、先の衆院選投開票日の特番でのこと。日本テレビ『ZERO×選挙』のキャスター・村尾信尚の特に辛辣でもない質問にたいして、安倍首相は突如プッツン。音声を届けるイヤホンを外して一方的に自説をまくしたてた。都合の悪いことには耳を塞ぎ、政策の弱点を指摘されると大衆の面前で逆ギレする……もはやただの子どもである。詳しくは、各局選挙特番をまとめてウォッチした以下のリンク先をご一読願おう。
http://lite-ra.com/2014/12/post-708.html


★第3位 安倍首相にも「在特会」との親密写真が! 自民党とヘイト団体の蜜月

 民族差別にジェノサイドの煽動……在特会らが掲げる主張は、政権の内部と接続している。昨年9月、山谷えり子国家公安委員長(当時)につづき、安倍首相も過去に在特会元大阪支部局長とツーショット写真を撮っていたことが判明した。詳しくは以下の記事からご覧いただこう。
http://lite-ra.com/2014/09/post-485.html
 安倍首相は国会質問でヘイト勢力との関係を否定しているが、その後も次々と疑惑が浮上している。今年も新年早々に、ヘイト本を数多く世に送り出している複数の出版社から多額の政治活動費を使って書籍を購入していたことが分かった。そのなかには在特会の御用雑誌を出版する会社もある。つまり、安倍政権は資金面からもヘイトスピーチをバックアップしていたのだ。この“永田町のザイトク化”を食い止めるためには、国民みずからがNOを突きつけるしかない。
「安倍首相が嫌韓反中、在特会を持ち上げるヘイト出版社の本を大量購入!」


★第4位 あの蛭子さんが「安倍首相の右翼的な動きが恐ろしい」と発言した理由

 安倍政権の暴走を危惧する声は、思いもよらぬところからも発せられた。昨年、プチ再ブレイクを果たした蛭子能収が朝日新聞紙上で集団的自衛権に関係してこう語っているのだ。
 「ここ最近の右翼的な動きは、とても怖い気がします。安倍首相は、おそらく中国と韓国を頭に入れた上で、それ(集団的自衛権)をとおそうとしているのでしょうけれど、僕はたとえどんな理由であれ、戦争は絶対にやってはいけないものだと強く思っています」
 いつもマイペースな蛭子さんは、「誰かの自由を強制的に奪うようなものは、いかなる理由があっても断固として反対です」と言う。国民の自由が権力によって抑圧されつつある風潮を、率直に表現したものだろう。詳しくは以下のリンクから。
http://lite-ra.com/2014/10/post-514.html


★第5位 中国はゴキブリ、韓国はダニ!安倍首相がヘイトスピーチ連発の宮司を大絶賛

 在特会らに見られるグロテスクな嫌韓・差別意識は、どうやら安倍首相にも通底しているらしい。13年3月、安倍首相は『わが祖国日本への戀文』という自費出版本に推薦文を寄せている。著者は奈良県吉水神社の宮司・佐藤一彦氏。ところが、この佐藤宮司のブログを見てみると、身の毛もよだつようなヘイトスピーチが大量に書き連ねてあることが判明したのだ。なおこの宮司、排外主義デモを繰り広げるヘイト団体との関係疑惑まで浮上。安倍首相はこんな人物の著書に対して「魂の日記」などと絶賛しているのである。もはや“ネトウヨ総理”としか言いようがない。詳しくは以下のリンク先から。
http://lite-ra.com/2014/11/post-629.html

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

民主主義の敵は安倍晋三 佐高信の緊急対論50選・地の巻

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

さすがの安倍首相! あの蛭子さんからダメ出しも…2014年政治記事PVランキングのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ランキング報道ステーション安倍晋三編集部蛭子能収の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画