東山紀之も池上彰も反ヘイトの言葉!…2014年ネトウヨ記事PVランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
2014pvbestnetouyo_01_150102.jpg

 リテラが元旦よりお届けしている2014年ジャンル別PVランキングベスト10。今回のキーワードはずばり“ネトウヨ”だ。今、この国には淫らな排外主義が蔓延している。特にネットでは四六時中ヘイトスピーチが垂れ流しの状態。そこで、本サイトはオープン当初からネット右翼やレイシストを批判する記事を次々と展開してきた。これらを便宜上“ネトウヨ記事”と呼ぶこととして、PV数が多かったものから順に発表していきたい。


★第1位 東山紀之が“反ヘイト本”を出版していた!自らのルーツと在日韓国人への思いを告白

 元少年隊・東山紀之の自伝エッセイ『カワサキ・キッド』(朝日新聞出版)を紹介したこの記事は大反響を呼んだ。
「僕たちの住む地域には在日韓国・朝鮮人の人々が多く暮らしていた。うちのアパートもそんなコリアン・タウンの一角にあった」
 神奈川県川崎市で育った東山が、幼いころから差別への違和感を持ち、マイノリティや弱者への思いを馳せている様子が伺える本書。2010年に刊行されたものだが、ヘイトスピーチが社会問題になっている昨今にこそ、より多くの人に読まれるべきだろう。詳しくは以下のリンクから。
https://lite-ra.com/2014/11/post-665.html
 ちなみに、この記事には一部読者から「東山を政治利用するな」という意見が寄せられたので、後日、その反論記事も公開した。あわせてご一読願いたい。
「何が政治利用なのか! 東山紀之「反ヘイト本」が朝鮮学校無償化見直しを批判」

★第2位 事務所の圧力で「在日」を明かせない芸能人…岩城滉一騒動でさらに差別が

 在日コリアン芸能人の多くは、好きこのんで出自を隠しているわけではない。彼らがそれを強いられるもっとも大きな理由は、“事務所の意向”、そして日本社会の“差別意識”である。芸能界の差別意識は解消に向かうと思われた時期もあったが、昨今の嫌韓ブームや右傾化、そしてネトウヨの「マスゴミ攻撃」によって、再び本人が希望してもそうはさせまいとする圧力がかかるケースが再び増加しているという。詳しくは以下のリンクから。
https://lite-ra.com/2014/10/post-578.html


★第3位 やしきたかじんが口を閉ざしていた「在日」のルーツに迫る評伝が出版

 やしきたかじんの逝去からもうすぐ一周年を迎える。その後の百田尚樹『殉愛』騒動は周知のとおりだが、もはやノンフィクションとは言えないデキである『殉愛』に対して、昨年9月に発売された評伝『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』(角岡伸彦/小学館)は小学館ノンフィクション優秀賞に選ばれるなど、ジャーナリズムに満ちた作品に仕上がっている。丹念な取材を通して描かれるたかじんの実像。さらに角岡は、生前たかじんが決して語ろうとしなかった“出自のタブー”に切り込んでいく……。なぜ彼は秘密にしたまま逝ってしまったのか──続きは以下のリンクから。
https://lite-ra.com/2014/09/post-464.html


★第4位 「国益に反して何が悪い?」池上彰が朝日叩きとネトウヨの無知を大批判!

 昨年の「朝日バッシング」では、産経、読売ら新聞はじめ、「週刊新潮」などの週刊誌がこぞって「日本の国益を損ねた」と書き立て、ネトウヨは鬼の首をとったかのように連日連夜「売国朝日」とがなり続けた。これに正面から異を唱えたのは、当時、朝日新聞でのコラム掲載拒否騒動のさなかにあった池上彰だ。メディア、ネトウヨに対するその鋭い指摘の詳細は、以下のリンクからご覧いただきたい。
https://lite-ra.com/2014/11/post-633.html


★第5位 元AKBも朋ちゃんと同じ目に!“俗物”竹田恒泰の教養の浅さがヒドい

 お騒がせ男で知られる“ネトウヨのアイドル”こと竹田恒泰。昨年は華原朋美と元AKB48・畑山亜梨紗との二股交際疑惑が浮上。もはや保守論客というより“芸能人大好きミーハーおじさん”としか言いようがないのだが、そんな竹田サンの著書『日本人が一生使える勉強法』(PHP研究所)を読んでみたところ、その中身のカラッポっぷりに呆然。内容は以下のリンク先で確かめてもらいたいが、ほんと、この人の言葉をありがたがるネトウヨのレベルって……推して知るべしである。
https://lite-ra.com/2014/10/post-510.html

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ヘイトスピーチとネット右翼

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

東山紀之も池上彰も反ヘイトの言葉!…2014年ネトウヨ記事PVランキングのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨランキング東山紀之池上彰編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
2 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
3 「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
4 福島で甲状腺がんがさらに増加も黙殺
5 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
6 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
7 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
8 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
9 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
10 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
13 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
14 『NEWS23』星浩は集団的自衛権容認派
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
17 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
18 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
19 林真理子がなんとキムタク批判!
20 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
1検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
2大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
3 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
4「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
5安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
6五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
7菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
8感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
9五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
13五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
14東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
15組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
16感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
17五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄