東山紀之も池上彰も反ヘイトの言葉!…2014年ネトウヨ記事PVランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
2014pvbestnetouyo_01_150102.jpg

 リテラが元旦よりお届けしている2014年ジャンル別PVランキングベスト10。今回のキーワードはずばり“ネトウヨ”だ。今、この国には淫らな排外主義が蔓延している。特にネットでは四六時中ヘイトスピーチが垂れ流しの状態。そこで、本サイトはオープン当初からネット右翼やレイシストを批判する記事を次々と展開してきた。これらを便宜上“ネトウヨ記事”と呼ぶこととして、PV数が多かったものから順に発表していきたい。


★第1位 東山紀之が“反ヘイト本”を出版していた!自らのルーツと在日韓国人への思いを告白

 元少年隊・東山紀之の自伝エッセイ『カワサキ・キッド』(朝日新聞出版)を紹介したこの記事は大反響を呼んだ。
「僕たちの住む地域には在日韓国・朝鮮人の人々が多く暮らしていた。うちのアパートもそんなコリアン・タウンの一角にあった」
 神奈川県川崎市で育った東山が、幼いころから差別への違和感を持ち、マイノリティや弱者への思いを馳せている様子が伺える本書。2010年に刊行されたものだが、ヘイトスピーチが社会問題になっている昨今にこそ、より多くの人に読まれるべきだろう。詳しくは以下のリンクから。
https://lite-ra.com/2014/11/post-665.html
 ちなみに、この記事には一部読者から「東山を政治利用するな」という意見が寄せられたので、後日、その反論記事も公開した。あわせてご一読願いたい。
「何が政治利用なのか! 東山紀之「反ヘイト本」が朝鮮学校無償化見直しを批判」

★第2位 事務所の圧力で「在日」を明かせない芸能人…岩城滉一騒動でさらに差別が

 在日コリアン芸能人の多くは、好きこのんで出自を隠しているわけではない。彼らがそれを強いられるもっとも大きな理由は、“事務所の意向”、そして日本社会の“差別意識”である。芸能界の差別意識は解消に向かうと思われた時期もあったが、昨今の嫌韓ブームや右傾化、そしてネトウヨの「マスゴミ攻撃」によって、再び本人が希望してもそうはさせまいとする圧力がかかるケースが再び増加しているという。詳しくは以下のリンクから。
https://lite-ra.com/2014/10/post-578.html


★第3位 やしきたかじんが口を閉ざしていた「在日」のルーツに迫る評伝が出版

 やしきたかじんの逝去からもうすぐ一周年を迎える。その後の百田尚樹『殉愛』騒動は周知のとおりだが、もはやノンフィクションとは言えないデキである『殉愛』に対して、昨年9月に発売された評伝『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』(角岡伸彦/小学館)は小学館ノンフィクション優秀賞に選ばれるなど、ジャーナリズムに満ちた作品に仕上がっている。丹念な取材を通して描かれるたかじんの実像。さらに角岡は、生前たかじんが決して語ろうとしなかった“出自のタブー”に切り込んでいく……。なぜ彼は秘密にしたまま逝ってしまったのか──続きは以下のリンクから。
https://lite-ra.com/2014/09/post-464.html


★第4位 「国益に反して何が悪い?」池上彰が朝日叩きとネトウヨの無知を大批判!

 昨年の「朝日バッシング」では、産経、読売ら新聞はじめ、「週刊新潮」などの週刊誌がこぞって「日本の国益を損ねた」と書き立て、ネトウヨは鬼の首をとったかのように連日連夜「売国朝日」とがなり続けた。これに正面から異を唱えたのは、当時、朝日新聞でのコラム掲載拒否騒動のさなかにあった池上彰だ。メディア、ネトウヨに対するその鋭い指摘の詳細は、以下のリンクからご覧いただきたい。
https://lite-ra.com/2014/11/post-633.html


★第5位 元AKBも朋ちゃんと同じ目に!“俗物”竹田恒泰の教養の浅さがヒドい

 お騒がせ男で知られる“ネトウヨのアイドル”こと竹田恒泰。昨年は華原朋美と元AKB48・畑山亜梨紗との二股交際疑惑が浮上。もはや保守論客というより“芸能人大好きミーハーおじさん”としか言いようがないのだが、そんな竹田サンの著書『日本人が一生使える勉強法』(PHP研究所)を読んでみたところ、その中身のカラッポっぷりに呆然。内容は以下のリンク先で確かめてもらいたいが、ほんと、この人の言葉をありがたがるネトウヨのレベルって……推して知るべしである。
https://lite-ra.com/2014/10/post-510.html

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ヘイトスピーチとネット右翼

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

東山紀之も池上彰も反ヘイトの言葉!…2014年ネトウヨ記事PVランキングのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨランキング東山紀之池上彰編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
2 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
3 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
4 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
5 倒産したジャパンライフと安倍側近
6 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
7 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
8 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
9 区立中学の性教育に自民党が圧力!
10 三原じゅん子の演説がカルトすぎる!
11 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
12 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
13 香港の国家安全法制報道で安倍応援団の「デマ認定」フェイクに本田圭佑が
14 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
15 田崎史郎のいない素晴らしい世界
16 小籔だけじゃない、おかずクラブや尼神インターも政府PR
17 大新聞が光通信の名前を伏せ字に
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
20 菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
1菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
2菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
3 菅官房長官のトークのポンコツぶりが話題に!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5つるの剛士が畑泥棒を「近くの工場で働いてる外国人」「あそこ怪しすぎる」
6デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
8「自助・共助・公助」を打ち出した菅官房長官はゴリゴリの自己責任論者
9 “菅親衛隊”状態の田崎史郎が石破茂批判で「飲み食いの数が少ない」
10菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
11菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
12総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
13大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
14台風を理由にテレビ討論欠席も菅官房長官は“災害対応おざなり”の常習犯!
15小泉今日子が怒りの反論「共産党から出馬」ガセ情報は内調の仕掛けか
16菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
17日産への政府保証1300億円は「半沢直樹」のモデル日本航空の倍!
18『スシローと不愉快な仲間たち』11 「ほんこんおもんない」が証明したもの
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄