やしきたかじんが口を閉ざしていた「在日」のルーツに迫る評伝が出版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yashikitakajin_140915.jpg
『たかじんのそこまで言って委員会 超・原発論(DVD)』

 やしきたかじんが亡くなって8ヶ月。大阪を中心に多くの人々から愛され、この数年は橋下徹大阪市長、安倍晋三首相などの政治家たちにも恩人と慕われていたたかじんだが、しかし一方で彼の死後、その周辺でトラブルも巻き起こっている。

 食道がんが発覚する直前に入籍した3番目の妻と、たかじんの事務所関係者や長女など親族との確執だ。妻はたかじんの死を実母や兄弟にも知らせず、葬儀にも出席させなかったという。また、偲ぶ会にも実娘や長年支えてきたマネージャーを招いていなかった。こうしたことから、たかじんの親族がその怒りを週刊誌に告発。事務所や名前の使用権をめぐり、妻と関係者の間で骨肉の争いになっているのだ。

 そんな中、たかじんの評伝が出版された。『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』(角岡伸彦/小学館)だ。著者の角岡は自身が被差別部落出身であることを公表したジャーナリストで、同作は9月に小学館ノンフィクション優秀賞を受賞した。

 しかし、そこに描かれるたかじんの実像は、テレビごしに見ていた姿とは少し違ったものだった。著者はたかじんと古いつきあいがあった人物を中心に、多くの関係者から話を聞き、丹念にその人生を追うのだが、そこから浮かび上がってくるのは、無頼、剛胆、面倒見の良さや包容力といった一般的な評価とはまったくちがう一面だった。ナイーブで小心、そして抱え続けたコンプレックス……。

 たとえば、2番目の妻で9年間たかじんと身近に接していた智子氏はこう語っている。

「神経が細い人だったので、コンサートが近付いてくると、下痢でおなかをくだして、朝からトイレに何回も入ってましたね。精神的に追い込まれているのがわかりました」

 また、弟子で付き人だった小丸は、普段、情に厚く優しい人柄だったたかじんが周囲に人がいるとなったとたん、自分を誇示するかのように威張り豹変したと証言する。車を運転している際もひとりのときはそんなことはないのに、同乗者がいると難癖をつけられ、自分の力を誇示するかのように後部座席から殴打される。

「酔っ払っているときは恐怖でしたね、人が怒られるのを見るのもつらかったですね。あまりに理不尽な怒り方をしはるんで。うわー、次は自分にくるんちゃうかって恐怖がありました」

 これまで語られることのなかった、たかじんのもうひとつの顔。その背景にあったものは何か。本書ではもうひとつ、たかじんが決して語ろうとしなかった顔に切り込んでいる。それはたかじんのルーツ、父親が在日韓国人だったという事実だ。

「父親は一九二六年に朝鮮半島で生まれ、十四歳で弟とともに大阪に渡ってきた」

 その後、日本でたかじんの母親と出会い、男ばかり4人の子どもをもうける。たかじんはその2番目の子どもだ。父親は水石鹸を作る工場を起こすなど事業を成功させたが、一方で何度か破産もしているという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ゆめいらんかね やしきたかじん伝

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

やしきたかじんが口を閉ざしていた「在日」のルーツに迫る評伝が出版のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。やしきたかじんタブー一場 等の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
2 高須・橋下・ネトウヨのハンスト叩きを元山氏・村本が論破
3 ネトウヨが『ひるおび』を勘違い攻撃
4 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
5 自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
6 太田光が制服向上委員会に反撃された
7 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
8 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
9 片山さつきが坂上忍に批判された
10 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
11 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
12 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
13 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
14 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
15 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
16 安倍晋三が触れない“もう一人の祖父”
17 安倍政権が北方領土のため「年金の金」でプーチンに貢ぎ物計画
18 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
19 大手メディア衆院選情勢調査の結果は
20 ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ
1追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
3竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
4安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
5早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
6産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
7 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
8日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
9沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
10直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
11外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
12自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
13データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
14安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
15三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
16三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
17高須・橋下・ネトウヨのハンスト叩きを元山氏・村本が論破
18“バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
19百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
20松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄