もはやヘイトスピーチ? 嫌韓本トンデモ発言ランキング(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kenkanbon_01_140809.jpg
見よ!この嫌韓本の数々を。これでもほんの一部だゾ!


  ベストセラー連発で、大ブームになっている嫌韓本。これだけ売れているからには何か理由があるのだろうと思って、夏休みの前半を費やして、一気に読んでみた。その数、単行本、新書、月刊誌あわせて37冊。

 すると、そこから見えてきたのはトンデモない韓国の姿ではなく、嫌韓本のトンデモぶりだった。差別、決めつけ、妄想、陰謀論……す、すごすぎる。これって、ヘイトスピーチと変わりないんじゃ……。いや、それ以上の破壊力かもしれない。

 というわけで、今日から2回にわたって、嫌韓本トンデモ発言ベスト(?)10を紹介することにした。さあ、あなたもいっしょに、くらくらするような嫌韓本の世界へ!


★第10位  竹田恒泰「私は李明博(り あきひろ)と呼びますが」
『笑えるほどたちが悪い韓国の話』(ビジネス社/2014年)

 ■明治天皇の玄孫が放つ“創氏改名”風味のオヤジギャグ■

 竹田氏といえば、旧宮家の家柄ながら、その個性的なキャラクターと日本礼賛と中韓攻撃発言で“ネトウヨのアイドル”となった人物。その竹田氏が李明博(イミョンバク)前大統領を「りあきひろ」と呼ぶのは、「実は彼、歴代大統領の中ではもっとも親日的といわれた人物でした。元々が大阪出身の在日二世で、月山明博という日本名さえ持っている。もちろん日本語も流暢で、バリバリの関西弁を話します。口癖は『なんでやねん』ですから(←これはウソ)。心底では日本大好きの、まあ、害のない奴だったのです」(p.102)。

 しかし身内の汚職問題などスキャンダルなどを抱え、支持率の急降下を回復するために竹島上陸に打って出た前大統領を「明博(あきひろ)のアホ」と竹田氏はからかう。

 この本自体が無料動画「ニコニコ動画 竹田恒泰チャンネル」で放送された内容を一冊にまとめたもので、竹田氏も面白おかしく話しているつもりなのだろうが、「在日」の日本名を使って笑いにするあたり、居酒屋で差別トークを話している酔っ払いのサラリーマンとほとんど変わりはない。いや、待てよ。朝鮮人に日本式の名前を名乗らせる創氏改名は1940年に皇民化政策の一環として行なわれたもの。もともと旧宮家の皇籍復帰にやたら積極的な発言をしているし、もしかして、この人、自分があの玉座に座って皇国を復活させることを狙ってるんじゃ……。


★第9位  室谷克実「沖縄の気質は、韓国に似ている」  
『韓国人がタブーにする韓国経済の真実』(共著者・三橋貴明/PHP研究所/2011年)

 ■沖縄=朝鮮同質論まで! 嫌韓作家の次のテーマは「嫌沖」か!■

『呆韓論』(産経新聞出版)が発売2か月で20万部を超えるベストセラーとなった元時事通信ソウル特派員である室谷克実氏。しかし、室谷氏のヘイトスピーチ発言は、韓国だけでなく、沖縄にまで及んでいる。室谷氏は異なる建国神話を持ち、方言もきつい済州島への韓国人の差別意識を論じるなかで、対談相手の三橋氏からの「日本でいうと、沖縄みたいなものですかね。日本の場合、沖縄を露骨に差別するような考えはありませんが」という問いに対し、こう答えたのだ。

「むしろ、日本政府は沖縄を優遇しすぎている。沖縄の気質は、韓国に似ていると思います。彼らのいっていることは、つまるところ『本土はカネをよこせ』ですから。アメリカ国務省日本部長の観察として伝えられた内容は正しいと思います」

「アメリカ国務省日本部長の観察」とは2011年のケヴィン・メア氏の「沖縄はごまかしとゆすりの名人」発言のことだ。沖縄の人たちが聞いたら怒りに震えそうな発言ではないか。

 この室谷発言に対し三橋氏はさすがにマズいと思ったのか。「沖縄の場合、左翼運動しているのは、みんな本土から行った連中ですよ。そこは割り引く必要があると思います」と助け舟を出そうとするが、室谷氏の勢いは止まらない。

「沖縄については二十年ほど前に調べたことがありますが、主体思想研究会など北朝鮮系の組織が異様に多い」
「沖縄には『門中(もんちゅう)』と呼ばれる血縁集団があり、祖先を同じくする人の繋がりが強い。門中は朝鮮半島の本貫(ほんかん)集団と同じです。儒教的な同族意識という点で、沖縄と韓国はよく似ています。若年層の失業率が異様に高い点でも」

 このままいくと“嫌韓”本に続いて“嫌沖”本も出しかねない!?

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ヘイトスピーチとネット右翼

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

もはやヘイトスピーチ? 嫌韓本トンデモ発言ランキング(前編)のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ランキング嫌韓の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
2 りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当意見連発!
3 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
4 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
5 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
6 指原莉乃卒業でその処世術を考える
7 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
8 安倍首相のオカルト行動を昭恵が証言
9 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
10 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
11 官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった
12 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
13 とろサーモン、スーマラの女性差別を松本、たけしが論点すり替え
14 維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
15 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
16 池松壮亮、塚本晋也の時代劇『斬、』が深い
17 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
18 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
19 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
20 入管法改正をケント・ギルバートが批判
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
7 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
8 入管法改正をケント・ギルバートが批判
9三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
10麻生財務相が「人の税金」で“愛人のクラブ”に792万円!
11辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
12 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
13浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
14『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
15 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
16自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
17 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
18百田尚樹『殉愛』裁判で晒した嘘と醜態
19維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
20秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄