もはやヘイトスピーチ? 嫌韓本トンデモ発言ランキング(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kenkanbon_01_140809.jpg
見よ!この嫌韓本の数々を。これでもほんの一部だゾ!


  ベストセラー連発で、大ブームになっている嫌韓本。これだけ売れているからには何か理由があるのだろうと思って、夏休みの前半を費やして、一気に読んでみた。その数、単行本、新書、月刊誌あわせて37冊。

 すると、そこから見えてきたのはトンデモない韓国の姿ではなく、嫌韓本のトンデモぶりだった。差別、決めつけ、妄想、陰謀論……す、すごすぎる。これって、ヘイトスピーチと変わりないんじゃ……。いや、それ以上の破壊力かもしれない。

 というわけで、今日から2回にわたって、嫌韓本トンデモ発言ベスト(?)10を紹介することにした。さあ、あなたもいっしょに、くらくらするような嫌韓本の世界へ!


★第10位  竹田恒泰「私は李明博(り あきひろ)と呼びますが」
『笑えるほどたちが悪い韓国の話』(ビジネス社/2014年)

 ■明治天皇の玄孫が放つ“創氏改名”風味のオヤジギャグ■

 竹田氏といえば、旧宮家の家柄ながら、その個性的なキャラクターと日本礼賛と中韓攻撃発言で“ネトウヨのアイドル”となった人物。その竹田氏が李明博(イミョンバク)前大統領を「りあきひろ」と呼ぶのは、「実は彼、歴代大統領の中ではもっとも親日的といわれた人物でした。元々が大阪出身の在日二世で、月山明博という日本名さえ持っている。もちろん日本語も流暢で、バリバリの関西弁を話します。口癖は『なんでやねん』ですから(←これはウソ)。心底では日本大好きの、まあ、害のない奴だったのです」(p.102)。

 しかし身内の汚職問題などスキャンダルなどを抱え、支持率の急降下を回復するために竹島上陸に打って出た前大統領を「明博(あきひろ)のアホ」と竹田氏はからかう。

 この本自体が無料動画「ニコニコ動画 竹田恒泰チャンネル」で放送された内容を一冊にまとめたもので、竹田氏も面白おかしく話しているつもりなのだろうが、「在日」の日本名を使って笑いにするあたり、居酒屋で差別トークを話している酔っ払いのサラリーマンとほとんど変わりはない。いや、待てよ。朝鮮人に日本式の名前を名乗らせる創氏改名は1940年に皇民化政策の一環として行なわれたもの。もともと旧宮家の皇籍復帰にやたら積極的な発言をしているし、もしかして、この人、自分があの玉座に座って皇国を復活させることを狙ってるんじゃ……。


★第9位  室谷克実「沖縄の気質は、韓国に似ている」  
『韓国人がタブーにする韓国経済の真実』(共著者・三橋貴明/PHP研究所/2011年)

 ■沖縄=朝鮮同質論まで! 嫌韓作家の次のテーマは「嫌沖」か!■

『呆韓論』(産経新聞出版)が発売2か月で20万部を超えるベストセラーとなった元時事通信ソウル特派員である室谷克実氏。しかし、室谷氏のヘイトスピーチ発言は、韓国だけでなく、沖縄にまで及んでいる。室谷氏は異なる建国神話を持ち、方言もきつい済州島への韓国人の差別意識を論じるなかで、対談相手の三橋氏からの「日本でいうと、沖縄みたいなものですかね。日本の場合、沖縄を露骨に差別するような考えはありませんが」という問いに対し、こう答えたのだ。

「むしろ、日本政府は沖縄を優遇しすぎている。沖縄の気質は、韓国に似ていると思います。彼らのいっていることは、つまるところ『本土はカネをよこせ』ですから。アメリカ国務省日本部長の観察として伝えられた内容は正しいと思います」

「アメリカ国務省日本部長の観察」とは2011年のケヴィン・メア氏の「沖縄はごまかしとゆすりの名人」発言のことだ。沖縄の人たちが聞いたら怒りに震えそうな発言ではないか。

 この室谷発言に対し三橋氏はさすがにマズいと思ったのか。「沖縄の場合、左翼運動しているのは、みんな本土から行った連中ですよ。そこは割り引く必要があると思います」と助け舟を出そうとするが、室谷氏の勢いは止まらない。

「沖縄については二十年ほど前に調べたことがありますが、主体思想研究会など北朝鮮系の組織が異様に多い」
「沖縄には『門中(もんちゅう)』と呼ばれる血縁集団があり、祖先を同じくする人の繋がりが強い。門中は朝鮮半島の本貫(ほんかん)集団と同じです。儒教的な同族意識という点で、沖縄と韓国はよく似ています。若年層の失業率が異様に高い点でも」

 このままいくと“嫌韓”本に続いて“嫌沖”本も出しかねない!?

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ヘイトスピーチとネット右翼

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

もはやヘイトスピーチ? 嫌韓本トンデモ発言ランキング(前編)のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ランキング嫌韓の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
2 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
3 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
4 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
5 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
8 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
9 区立中学の性教育に自民党が圧力!
10 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
11 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
12 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
13 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
14 止まらない岡田晴恵バッシング!「週刊新潮」が「予言外れた」と的外れ批判
15 乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!
16 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
17 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 佐川誘導尋問、丸川珠代の本質を見抜いていたマツコ
20 安倍首相の病状説明に矛盾 「体調異変」と説明した時期にステーキ
1菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
2菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5つるの剛士が畑泥棒を「近くの工場で働いてる外国人」「あそこ怪しすぎる」
6デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
10菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
11総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
12東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
15菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17日産への政府保証1300億円は「半沢直樹」のモデル日本航空の倍!
18三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
19『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄