日本の嫌韓本が韓国の“反日ビジネス”に丸乗りするパラドックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hannichibusiness_01_140718.jpg
『韓国人による恥韓論』(扶桑社新書)

 先日、このサイトで配信した記事「『嫌韓は日本の韓国化』産経の保守派論説委員が嫌韓ブームを批判」は大きな反響を呼んだ。30年間にわたって韓国問題を取材し、韓国の反日ナショナリズムを批判してきたはずの黒田勝弘・産経新聞ソウル駐在客員論説委員が、日本の嫌韓ブームに真っ向から異議を唱えたことは相当な衝撃だったらしい。

 その黒田氏がもうひとつ、「嫌韓本」の意外なカラクリを指摘している。問題にしているのは、2013年に起きて、複数の嫌韓本に取り上げられた「親日老人撲殺」事件だ。

 いったいどんな内容なのか、20万部を突破したベストセラー『韓国人による恥韓論』(シンシアリー/扶桑社新書)からその震撼ニュースを紹介してみる。

「もし、反日に酔い過ぎで完全に制御を失うと、獣になると、どうなるのでしょうか。実例です。2013年5月、ソウルの鍾路にある有名な公園で、38歳の男が95歳の老人を殴り殺す事件がありました。老人が『日本の植民地支配は、よかった』と話し、それを聞いた男が激怒したのです。犯人は老人を蹴り倒し、杖を奪って頭を集中的に殴り、結局は殺してしまいました。」(P174)

 著者のシンシアリーは、自称1970年代、韓国生まれ、韓国育ちの韓国人歯科医師。親日派の立場から、韓国の反日思想を皮肉ったブログを本にしたものだ。

「親日老人を撲殺する」というニュースは衝撃的とあってか、20万部を超えるベストセラー『呆韓論』(室谷克実/産経新聞出版)でも紹介されている。

 著者の室谷は元時事通信ソウル特派員という経歴で、独自の韓国ネットワークからの豊富な情報量と“嫌韓”のスタンスで日本の夕刊紙などで引っ張りダコになり保守系文化人の仲間入りを果たした人物だが、その室谷はこう書く。

「日本のネットの世界ではかなり話題になった事件だが、全国紙もテレビも取り上げていないようなので、あえて書くことにした。
 事件が起きたのは、13年5月。ソウルのメーンストリートであるチョンノの脇にある宗廟市民公園で、酒に酔った37歳の男が、95歳の老人に暴行を加えた。老人が『日本の統治時代は良かった』と述べたことに、男が腹を立てての犯行だった。これが事件当時ほとんど報じられなかったのは『単純傷害事件』として処理されたためらしい。
 しかし、老人が収容先の病院で死亡し、事件は傷害致死となり、ソウル地裁は9月10日、男に懲役5年を宣告した。12日になって韓国紙『世界日報』が報じたのを、日本の俊敏なる韓国ネットウォッチャーが見逃さなかった──これまでの経緯だ」
「判決報道の後、韓国のネットには、犯人を英雄視し、殺された親日老人を罵倒する書き込みがあふれた」

 この事件は他にも、『韓国「反日謀略」の罠』(拳骨拓史/扶桑社)や『もう、この国は捨て置け! ─韓国の狂気と異質さ』(呉善花、石平/ワック)など、さまざまな嫌韓本に取り上げられている。そして、これらの本の記述を読むと、「親日老人撲殺」事件は、日本のマスコミでは取り上げられていないが、韓国では大きく報じられている周知の事実のような印象を受ける。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

日本の嫌韓本が韓国の“反日ビジネス”に丸乗りするパラドックスのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。反日嫌韓統一協会の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
2 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
3 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
4 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
5 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
6 橋下徹が西村大臣のPCR検査擁護で検査封じの責任に頰被り
7 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
8 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
9 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
10 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 橋下徹がコロナ対策過剰論を主張するため「熱中症ではそんな対策してない」
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
15 ポストが有吉母に結婚、妊娠を直撃
16 東京五輪で増田明美と有森裕子が論争! 開催を主張する増田に有森が
17 厚労省23人会食で更迭処分なら、菅首相と二階幹事長のステーキ宴会は
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
20 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
3池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
4吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
5「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
6NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
7組織委は文春への圧力より電通との癒着説明を! MIKIKO氏排除も電通ナンバー2が張本人
8萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
9汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
10菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
11DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
12海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
13名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄