木嶋佳苗の私小説ブログも! 獄中からのネット発信が流行中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kijimachannel_01_140705.jpg
『木嶋佳苗 法廷証言』(宝島SUGOI文庫) 

 2009年に発覚した、いわゆる首都圏連続不審死事件で殺人などの罪に問われ、死刑判決を受け最高裁へ上告中の木嶋佳苗被告が今年6月、ブロマガをスタートさせた。

 ニコニコチャンネルに開設されたのは「木嶋佳苗チャンネル」。トップページには木嶋被告の顔写真とともにチャンネル説明として「「平成21年(わ)第1809号等(詐欺、詐欺未遂、窃盗、殺人)」の被告人である木嶋佳苗が拘置所生活のなかで綴った自伝的小説「礼賛」をお届けするチャンネルです。 このチャンネルではブロマガ形式で小説本編を公開していく予定です。」とある。購読するためには月額864円(税込)が必要となっている。

 木嶋被告は今年に入ってから支援者の手を借り「木嶋佳苗の拘置所日記」というブログを開設し、拘置所での生活の様子などを発信していたが、4月に入って「木嶋氏よりブログを商業ベースで個人契約にて行うと申し出があり、今後当ブログは有料メルマガに移行致します」との予告とともにブログの更新は終了していた。

「木嶋佳苗チャンネル」でスタートした「礼賛」については、昨年10月に発売された「女性自身」(光文社)が、木嶋被告が拘置所内で書き溜めた私小説があること、大学ノートなんと41冊分もの分量があること、そのタイトルについては「『男性礼賛』がいいかしら?」と木嶋被告が述べていた事などが報じられており、このノートの中身と今回の「礼賛」は同一のものと思われる。

「北国で生まれ育った幼少期から、単身上京して『普通ではない世界』へと足を踏み入れていく少女の成長と心の内面を赤裸々に描きます」と紹介文にある「礼賛」、第0話は主人公、木山花菜が身柄を拘束されて移送中のシーンからスタートする。後半からは恋愛について回想し、以降、第1話からは木山の幼少期のエピソードが続いている。「自身」にはこの私小説の過激なセックス描写も一部引用されており、今後の更新でそうした内容が発信されていくことだろう。

 かつては身柄拘束されている被疑者や被告人、確定死刑囚や受刑者が外部に向け情報を発信するのは書籍や書簡の雑誌掲載が主であった。獄中手記として有名なものは永山則夫による『無知の涙』(河出書房新社)だろう。4人を射殺し死刑が確定した永山は獄中で本を読みあさり、手記だけにとどまらず小説も執筆し続けた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

木嶋佳苗の私小説ブログも! 獄中からのネット発信が流行中のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ニコニコ動画ブログ木嶋佳苗の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画