『ヨルタモリ』でも見ることができなかった、タモリの知られざる“政治性”とは…NHKでは歴史修正主義批判も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yorutamori_150920.jpg
左『タモリと戦後ニッポン』(近藤正高/講談社)/右・フジテレビ『ヨルタモリ』公式サイトより


『ヨルタモリ』(フジテレビ系)が残念ながら、今日で最終回を迎える。考えてみれば、最近ではこの番組が本来のタモリの姿に一番近かったような気がする。

 『笑っていいとも!』(同)で国民的な人気を集め、自己主張のない淡々とした司会ぶりが話題になることの多いタモリだが、もともとは「ハナモゲラ語」と称するインチキ外国語や、文化人がいかにも言いそうなことを滔々と語ってみせる「思考模写」など、非常に攻撃的な芸風をもっていた。

 メジャーになった後も、当初は『今夜は最高!』(日本テレビ系)、現在も続く『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)などで、知的で洒脱なパロディスト、博覧強記のマニアックな探求者の顔を見せることも多かった。

『ヨルタモリ』はそういうタモリの“裏の顔”が垣間見れる数少ない番組だった。だが、タモリという芸人には、テレビで時々見られるその“裏の顔”のさらにもうひとつ裏があるようだ。

 一般的には、典型的なノンポリとされているタモリだが、実際はある種の批評性、もっといえば、政治性と言ってもいいようなものを内在させているような気がする。
 
 そうした視座を与えてくれるのが、「タモリを軸に戦後七〇年の「国民史」を描いてみたい」として、膨大な資料を参照しつつ、戦後という時代と響き合う新たなタモリ像を示す『タモリと戦後ニッポン』(近藤正高/講談社)だ。

 本書が描くタモリと戦後史の結びつきは、どこか政治的な緊張をはらんでいる。といっても、直接的に政治的な言動をするというわけではない。現実の政局や日本という共同体との絶妙な距離のとり方こそがタモリの政治性なのだといえよう。

 デビュー当時から、タモリは上の世代がつくりあげた既存の秩序や価値の重苦しさ(日本の村社会性、田舎者根性)に対して、強い反発を抱いているということをさまざまな場で語ってきた。彼が村社会以外のなにものでもない日本の政治風土やモーレツ社員がもてはやされた高度成長期の空気に順応しなかったのは想像に難くない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

タモリと戦後ニッポン (講談社現代新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『ヨルタモリ』でも見ることができなかった、タモリの知られざる“政治性”とは…NHKでは歴史修正主義批判ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タモリ松本 滋近藤正高の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
11 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画