平成ノブシコブシ・徳井が家族への復讐目的で小説を発表! 父親の不倫、母親のアルコール依存まで暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
平成ノブシコブシ・徳井が家族への復讐目的で小説を発表! 父親の不倫、母親のアルコール依存まで暴露の画像1
吉本興行株式会社ホームページより


相方・吉村崇よりも「破天荒」な徳井健太の真の姿

 一見地味な雰囲気とは裏腹に、実は「破天荒」キャラの相方・吉村崇よりも「破天荒」であることが定着した感のある平成ノブシコブシの徳井健太。

 数千万円規模の借金をつくってまでギャンブルにのめり込むギャンブル狂であり、また、「本当は千葉県出身で北海道出身ではないこと」「結婚して子どもが生まれたこと」「両親が離婚したため一時期母方の苗字になっていた」といった大事なことを「聞かれなかったから」という理由ですべて相方に黙っていたなど、一般人の感覚とは乖離した彼の人柄を伝えるエピソードは数多い。

 そんな経緯から「サイコ」とのあだ名がつき、徳井のことをもっとも理解しているであろう相方の吉村にも「相方は非常に難しい人なんです。あまのじゃくで、例えば、一緒に戦っていたはずなのに、なぜか相方に刺されたりする。サイコロみたいで、いまだに何の数字が出るか読めないんですよ」(「月刊ザテレビジョン」2011年11月号/KADOKAWA)と言わしめる徳井だが、そんな彼の両親もまた、徳井並み、もしくはそれ以上に癖のある人物であることはよく知られている。

 14年9月に放送された『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(MBSラジオ)のなかで徳井は、冷蔵庫に入っていたウインナーを冷たいまま温かいご飯に突き刺して食卓に並べる不思議なおふくろの味エピソードを語ったり(ウインナーを茹でたりレンジに入れるのが面倒なので、お米の温かさでウインナーを温めようとしていたらしい)、父がギャンブルでこしらえた借金により自己破産したことがあるといった話を披露していた。とはいえ、メディア上で家族をネタにしていることが伝わると父が激怒するとのことで、詳細までは明かされてこなかった。

 ムック本『文藝芸人』(文藝春秋)に徳井が寄稿した短編小説『団地花』では、そんな自身の家族のことが赤裸々に綴られている。

「自伝的家族崩壊小説」というキャッチフレーズが打たれ、〈幼い頃から感じていた家族への違和感をいつか小説にしたいと思っていた〉との徳井自身のコメントがついている『団地花』という作品。小説である以上、もちろんある程度の脚色は含まれているだろうが、前述したような家族エピソードを踏まえたうえで読み進めると、何ともリアルな描写に溢れているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

平成ノブシコブシ・徳井が家族への復讐目的で小説を発表! 父親の不倫、母親のアルコール依存まで暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。平成ノブシコブシ徳井健太新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
2 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
3 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
4 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
5 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
8 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
9 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
10 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
13 IR汚職“起訴”の企業会長夫人と同姓同名の人物が進次郎、鈴木道知事に献金も
14 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
15 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
16 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
17 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
18 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
19 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
20 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
11岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
12安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
13すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄