『報ステ』は死ぬのか? リベラルな小川彩佳を降板させ、安倍応援団・野村修也弁護士が新コメンテーター就任の情報が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『報ステ』は死ぬのか? リベラルな小川彩佳を降板させ、安倍応援団・野村修也弁護士が新コメンテーター就任の情報がの画像1
テレビ朝日『報道ステーション』HPより

  9月28日の放送をもって、『報道ステーション』(テレビ朝日)から、サブキャスターの小川彩佳アナウンサーが降板した。古舘伊知郎時代より7年以上にわたって番組の顔となってきた小川アナだが、放送最後の挨拶では、言葉に詰まる場面があった。

 「2011年の東日本大震災があった直後の4月から、サブキャスターを担当させていただいてまいりました。ほんとうに、無力感に苛まれることばかりで、ですね、あの、もうだめだ……」

 小川アナは目に浮かぶ涙をぬぐい、もう一度正面を向き直して、こう続けた。

 「意味のある言葉を、紡ぐことの難しさということを、痛感する日々だったんですけども、それでも、一人でも多くのかたの心に届く言葉をと、模索し続けてこられたのは、ほんとうにひとえに、取材先で出会ったみなさまの暖かさだったりですとか、番組をご覧くださったみなさまの叱咤激励の声、あればこそです」

 小川アナといえば、社会問題に強い関心を持ち、政権の不正や問題が発覚すれば、臆することなく批判的な発言で踏み込むなど、これまで『報道ステーション』のリベラル路線を支えてきた。

 たとえば、昨年2017年の総選挙前に安倍首相が『報ステ』に出演したときには、自分勝手な話を延々垂れ流す安倍首相に、MCの富川悠太アナらがせめあぐねるなか、「先日の国連での総理の演説を聞いていましても、対話ではなく圧力ですとか、トランプ大統領と歩調も口調もひとつにするような言葉が相次ぎました。逆に危機を煽ってしまうのではないか、危機を招いてしまうのではないかという不安を覚える方も多いと思いますが」と突っ込み、安倍首相を憮然とさせた。

 ほかにも、安倍政権が拒否している核兵器禁止条約や、テレ朝女性記者のセクハラ被害問題、2016年の相模原障害者施設殺傷事件でも存在感を発揮し、一貫して弱者の立場に立った解説や取材を行ってきた。

 その小川アナが最後に吐露した「無力感」とは、なんだったのだろうか。28日夜に更新した番組のブログでは、東日本大震災の2011年が自分の原点としたうえで、このように綴っている。

〈でも、無力感に苛まれることは少なくなく。
 言葉を飲み込んだ日は、もっと発信できたことがあったのではないかと悩み、
 言葉を発すれば、より意義のある一言があったのではとこれまた悩み、
 不用意に繰り出した言葉に不意に傷ついている人はいないかと不安を覚え、
試行錯誤は尽きませんでした。〉

「無力感に苛まれる」「言葉を飲み込んだ」という表現からは、本当はもっと踏み込んだ発言をしたかったのに、それができなかったという無念が滲む。周知のとおり『報道ステーション』は、古賀茂明「I am not ABE」事件に代表されるように、安倍官邸や自民党から強い圧力を仕掛けられてきた。そのなかで小川アナに対しても、陰に陽にプレッシャーがかけられていたことは想像に難くない。

 そして、本サイトでもレポートしてきたとおり、古舘伊知郎が降板して2年が経った今年7月には、テレ朝の上層部の覚えがめでたく、同局で『グッド!モーニング』を担当してきた桐永洋氏が新プロデューサーに就任。氏の就任以降、『報ステ』は赤坂自民亭問題や杉田水脈問題をスルーするなど、政権批判的な報道が露骨に減少し、あたりさわりのないスポーツニュースなどに力を入れ始めた。

 リベラルな報道姿勢を支え続けてきた小川アナの降板は、そうした『報ステ』の“変節”を象徴していると言えるわけだが、そんななか、10月1日からリニューアルする同番組をめぐって、またひとつ、安倍政権への“忖度人事”の実態が浮上してきた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『報ステ』は死ぬのか? リベラルな小川彩佳を降板させ、安倍応援団・野村修也弁護士が新コメンテーター就任の情報がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。報道ステーション小川彩佳早河洋桐永洋編集部野村修也の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当意見連発!
2 『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
3 指原莉乃卒業でその処世術を考える
4 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
5 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
6 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
7 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
8 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
9 安倍首相のオカルト行動を昭恵が証言
10 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
11 官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった
12 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
13 川島なお美が近藤誠の診断を告発
14 りゅうちぇるが慰霊の日に戦争、米軍基地への思いを
15 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
16 とろサーモン、スーマラの女性差別を松本、たけしが論点すり替え
17 坂上忍に和田信者が「在日」と差別攻撃
18 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
19 維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
20 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
7 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
8『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
9 入管法改正をケント・ギルバートが批判
10三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
11麻生財務相が「人の税金」で“愛人のクラブ”に792万円!
12辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
13 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
14浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
15 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
16自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
17 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
18維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
19秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
20“コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄