小島慶子、冨永愛、遠野なぎこ…増える“母がしんどい”“母が重い”娘たち それでも親子でいなきゃいけないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
soredemooyakode_151129.jpg
『それでも親子でいなきゃいけないの?』(秋田書店)

 遠野なぎこ、小島慶子、冨永愛……と実母との確執を告白する女性タレントが近年相次いでいる。母娘関係のねじれは社会的にも大きく注目され、情報番組やトークバラエティなどでもしょっちゅう取り上げられるようになった。その先鞭となったのが、漫画家/ライターの田房永子が2012年に出版した『母がしんどい』(新人物往来社)だろう。息苦しい親子関係を赤裸々に吐露し、同じ悩みに苦しんできた人々の代弁者となった。

 『母がしんどい』では、母親に自分の人生を支配されそうになったことに気づき、最終的に両親と絶縁。罪悪感にさいなまれながらも、心の平穏を取り戻したところで終わったが、“絶縁後”はどういった心境になるのだろうか? 田房の“絶縁後”を描いた『それでも親子でいなきゃいけないの?』(秋田書店)から見てみよう。

 田房の母は、「怒ると3秒で豹変」するタイプ。また娘の成長に向き合えないのか、年頃になってもブラジャーを買ってもらえなかったり、大学受験の当日にささいなことからケンカし、角材を持って追いかけられたりと、強烈な体験をしている。絶縁して、その感情の激しさに付き合う日々から解放されたはずなのに、田房は「なぜか母と似てる人と付き合っちゃう」と、自ら火種に近づくように。

 人の悪口をずーっと言ってる知人、自分にしか興味のない友人とへとへとになりながら付き合い、当時、離婚したばかりの元夫、落語家の春風亭小朝を「金髪豚野郎」と罵るなど過激な言動でワイドショーを騒がせた、歌手の泰葉の追っかけに。各々とは縁が切れるものの、いまだに母に似ている人には惹かれてしまうとのこと。そして彼女たちや母の中に自分を見出してしまうようで、それを乗り越えることを田房は「永遠のテーマ」と言い切っている。一筋縄ではいかない親子の愛憎が見てとれる。

 また『母がしんどい』を出版後の彼女の気持ちも、当事者にしかわからない複雑なもの。母との確執を書くと覚悟するまで4年もかかったこの本。攻撃が自分に向くと怯えていると、ネットのレビュー欄には想像していた以上の熱量で、母親の悪口が書き込まれていた。それを見た田房は、「うちの親がネット見たらどうするんだよ!! ひどいこと書くな!! ヤメロ!!」と思わずパニックに。他人に言われるほど、自分の親はひどいのだろうかと心配になった田房が決断したのが、「親に会ってみる」ということ。祖母や叔母を巻き込み、人数を増やすことによって、母親のから衝撃を減らすなど、うまく対策を講じられるように。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

それでも親子でいなきゃいけないの? (akita essay collection)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

小島慶子、冨永愛、遠野なぎこ…増える“母がしんどい”“母が重い”娘たち それでも親子でいなきゃいけないのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。家族江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
2 吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
3 安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
4 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
5 “フジのスシロー”平井文夫解説委員と安倍夫妻の関係を物語る2枚の写真
6 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
7 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
8 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
9 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 神社宮司が日本会議や神社本庁を批判
12 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
13 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
14 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
15 現役グラドルが芸能界の裏を暴露
16 韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
17 日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
18 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
19 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
20 RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景にあるもの
1GoTo受託団体は二階幹事長らへ4200万円献金以外に巨額パーティ券購入も!
2また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
3 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
4自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
6内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
7韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
8 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
9コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
10天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
11「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
12吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
13大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
14専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
15小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
17小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
18安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
19ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類
20槇原敬之の初公判でマスコミが報じなかった覚せい剤使用の否定

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄