キムタクに「両親と絶縁」「実家が一家離散」の報道が! SMAPを裏切らせた妻・工藤静香がこの問題にも関係?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 このジャニーズ関係者は、静香がいかに飯島マネージャーを嫌っていたかを物語る、あるエピソードを教えてくれた。それは、木村と静香の第一子が生まれた時のことだ。

「飯島さんは真っ先に病院へ駆けつけたんですが、静香から会うのを拒否されたんです。飯島さんは木村さんの子どもに会うのをすごく楽しみにしていたようで、ことあるごとに『子どもに会ってみたい』と言っていた。しかし工藤はなかなか会わせようとしなかった。2年くらい経ってからかな、飯島さんが『この前やっと拓哉の子どもを抱っこさせてもらえたの、すごく可愛い子なのよ~』とうれしそうに語っているのを聞いて、飯島さんのことがちょっと気の毒になったほどです」

 こうした静香の飯島敵視の姿勢が、キムタクにも影響を与えていたのは明らかだろう。

 というのも、キムタクはもともとSMAPメンバーの中でももっとも飯島マネージャーと信頼関係が深かったからだ。

 かつて、キムタクは飯島マネージャーのことを「ミッチー」と呼ぶほど仲がよく、飯島の手腕に絶大な信頼を寄せていた。さらに、「ひと言いえば、すぐにそれを実行してくれる。自分の考えていることを理解してくれる凄い人」とも公言し、96年、ラジオ番組で森且行のSMAP脱退時のエピソードを語ったときは、飯島氏をこう絶賛したこともある。

「この人やっぱすげぇなぁって思ったのは、森がバイクの世界に行くってなったときに良き理解者だったこと。アドバイスしてあげたりしてて、この関係性って羨ましいなって、僕から見ても思いましたね」

 実際、飯島マネージャーのほうもキムタクをいちばん大事にしていた。ドラマの仕事では、ほかのメンバー以上に設定や脚本はもちろん、相手役、脇役選びにも徹底的にこだわり、主役級や一流どころを集めていた。キムタク主演のドラマでは主題歌もタイアップでSMAPの曲を使ったことは一度もなく、久保田利伸、B'z、宇多田ヒカル、山下達郎、エルビス・コステロなど、ほかのメンバーのドラマとはちがうプレミア感を出そうとした。映画主演作も、ほかのメンバーがとちがって、ウォン・カーウァイ監督の映画でデビューさせ、2作目も山田洋次と、超一流の監督と組ませた。

 ところが、そんなに大事にされ、信頼関係を築いていたキムタクが静香と結婚して以降、徐々に飯島氏と距離を取り始め、飯島マネージャーが独立の動きを見せた今回、「揉めているのは、飯島さんと事務所、巻き込まないでほしい」「飯島さんだけ辞めればいい」と言い放ったのである。

 実は飯島マネージャーが独立をあきらめたのは、引受先に「キムタクが来ないなら受け入れられない」と拒否されたからでなく、キムタクに裏切られて、心が折れてしまったからだという見方もある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

キムタクに「両親と絶縁」「実家が一家離散」の報道が! SMAPを裏切らせた妻・工藤静香がこの問題にも関係?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ中居正広工藤静香時田章広木村拓哉飯島三智の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
2 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
3 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
4 萩生田文科相が芸者あげてノーマスク会食! ワイドショーは追及せず
5 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
8 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
12 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
13 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
14 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
15 東京五輪が日中戦争でなくなる?
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
18 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
9河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄