SMAPの“加齢”から目が離せない!『27時間テレビ』の大誤算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
smap_140727.jpg
画像は番組ウェブサイト「武器はテレビ。 SMAP×FNS 27時間テレビ」(フジテレビ)より


“武器はテレビ。”と題し、SMAPが総合司会を務めるフジテレビの『27時間テレビ』が「攻めすぎだ」と話題を呼んでいる。というのも、スタートからSMAPの“生前葬”が行われ、森且行の脱退話から視聴率問題、稲垣吾郎や草なぎ剛の逮捕時の心境にまで踏み込むなど、ニュース性抜群の“出血大サービス”をぶちこんできたからだ。

 このほかにも、深夜に香取慎吾が「(これまで解散危機が)3回か4回あった」と言い出したり、木村拓哉も「俺の先っぽ」「騎乗位」などと口走り下ネタで暴走。番組のクライマックスでは「27曲ノンストップメドレー」を披露する予定だが、果たしてどんなサプライズが待っているのか……と期待させる構成ではある。

 しかし、そうした話題性の一方で、気になることがある。それはメンバーたちの“加齢”具合だ。

 昨晩、行われた「SMAP vs めちゃイケ!男だらけの水泳大会」では、芸人顔負けで体を張りお笑い水泳競技に挑んだSMAPだが、残念なことに水着は半袖+短パンで期待された肉体披露はナシ。だが、逆に香取や中居正広は腹部のモッタリ感が強調されてしまい、中居クンは矢部浩之に「中居さんちょっと太ったんとちゃうかな」と指摘されてしまう始末。加えて、“完璧主義”のキムタクも、ビーチフラッグ対決で岡村隆史にまさかの敗北。「めちゃイケ強えっ!」と相手を讃えていたが、内心は相当悔しかったに違いない。

 さらに、深夜にビートたけしが“禁断”のジャニー喜多川の物真似を行ない、挙げ句の果てにASKAのシャブネタを展開した際には、疲れのせいか、たけしを食い止めることもできず、ただ苦笑いを浮かべるばかり。早朝の「めざまし朝風呂」では、ファン待望のバスタオル腰巻きスタイルとなったが、企画内容は“ダチョウ倶楽部とともに熱湯風呂でリアクション芸”を見せること。国民的アイドルが朝っぱらから上半身裸で必死に身を投げ打つ姿は、萌えるどころか涙が誘われそうな悲愴な空気さえ流れていた。

 なにせ、SMAPはみんなそれなりの年齢である。中居と木村は41歳、草なぎと稲垣は40歳、最年少の香取も37歳なのだ。ドラマや映画ならば、アクションやシャワーシーンも演出でベストパフォーマンスを見せることもできるだろうが、生放送で、しかも27時間もの長時間を耐えなければならないのは酷としか言いようがない。それも、本業が芸人ならば加齢も気にはならないが、あくまでSMAPは“アイドル”として振る舞わなくてはいけないのだ。こうなると酷というよりも“残酷ショー”である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ一流の男の腹は出ていないのか?

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

SMAPの“加齢”から目が離せない!『27時間テレビ』の大誤算のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズフジテレビの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
3 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
4 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
5 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
6 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
8 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
9 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
10 釜山総領事更迭の裏に官僚監視秘密警察
11 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
12 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
13 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
14 詩織さん全面勝訴でも山口敬之氏と安倍首相の関係に触れないテレビ
15 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
16 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
17 詩織さんに寄せられた山口敬之氏と安倍官邸の特別な関係の新情報!
18 伊藤詩織氏がはすみとしこ氏を提訴!安倍親衛隊議員の責任
19 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
5安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
6デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
10菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
11菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
12菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
13菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
14総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
15大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
16大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
17菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄