SMAPの“加齢”から目が離せない!『27時間テレビ』の大誤算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
smap_140727.jpg
画像は番組ウェブサイト「武器はテレビ。 SMAP×FNS 27時間テレビ」(フジテレビ)より


“武器はテレビ。”と題し、SMAPが総合司会を務めるフジテレビの『27時間テレビ』が「攻めすぎだ」と話題を呼んでいる。というのも、スタートからSMAPの“生前葬”が行われ、森且行の脱退話から視聴率問題、稲垣吾郎や草なぎ剛の逮捕時の心境にまで踏み込むなど、ニュース性抜群の“出血大サービス”をぶちこんできたからだ。

 このほかにも、深夜に香取慎吾が「(これまで解散危機が)3回か4回あった」と言い出したり、木村拓哉も「俺の先っぽ」「騎乗位」などと口走り下ネタで暴走。番組のクライマックスでは「27曲ノンストップメドレー」を披露する予定だが、果たしてどんなサプライズが待っているのか……と期待させる構成ではある。

 しかし、そうした話題性の一方で、気になることがある。それはメンバーたちの“加齢”具合だ。

 昨晩、行われた「SMAP vs めちゃイケ!男だらけの水泳大会」では、芸人顔負けで体を張りお笑い水泳競技に挑んだSMAPだが、残念なことに水着は半袖+短パンで期待された肉体披露はナシ。だが、逆に香取や中居正広は腹部のモッタリ感が強調されてしまい、中居クンは矢部浩之に「中居さんちょっと太ったんとちゃうかな」と指摘されてしまう始末。加えて、“完璧主義”のキムタクも、ビーチフラッグ対決で岡村隆史にまさかの敗北。「めちゃイケ強えっ!」と相手を讃えていたが、内心は相当悔しかったに違いない。

 さらに、深夜にビートたけしが“禁断”のジャニー喜多川の物真似を行ない、挙げ句の果てにASKAのシャブネタを展開した際には、疲れのせいか、たけしを食い止めることもできず、ただ苦笑いを浮かべるばかり。早朝の「めざまし朝風呂」では、ファン待望のバスタオル腰巻きスタイルとなったが、企画内容は“ダチョウ倶楽部とともに熱湯風呂でリアクション芸”を見せること。国民的アイドルが朝っぱらから上半身裸で必死に身を投げ打つ姿は、萌えるどころか涙が誘われそうな悲愴な空気さえ流れていた。

 なにせ、SMAPはみんなそれなりの年齢である。中居と木村は41歳、草なぎと稲垣は40歳、最年少の香取も37歳なのだ。ドラマや映画ならば、アクションやシャワーシーンも演出でベストパフォーマンスを見せることもできるだろうが、生放送で、しかも27時間もの長時間を耐えなければならないのは酷としか言いようがない。それも、本業が芸人ならば加齢も気にはならないが、あくまでSMAPは“アイドル”として振る舞わなくてはいけないのだ。こうなると酷というよりも“残酷ショー”である。

 SMAPに忍び寄る“中年”の影──。図らずもそれをまざまざと見せつけられた思いだが、しかしながら、40代には40代の魅力というものもある。

 ハリウッドのプロデューサーとして活躍する著者による『ハリウッドに「中年」という概念がないその理由 人生をあきらめない40代からの生き方』(マックス桐島/日本文芸社)には、キアヌ・リーブスやブラッド・ピットといった一流のハリウッド俳優がなぜ、40歳をすぎても輝いていられるのか、その理由が書いてある。

 たとえば、「常に注目される職業」であるハリウッドの映画スターたちは「整形手術を始め、ジム通い、ヨガやピラティス、武道、ボクシング、菜食主義から和食三昧と、中年大人体型にならないために、そして、そこからの脱皮を求めて日々修練に励んでいる」。だが、40代にとって重要なのは“若作り”することではない。むしろ、「自分の心技体に合った、理想の「渋い男」像を頭に描いてみる」ことだという。渋さとは、話し方や身のこなし方、考え方、反応の仕方、そして人との交わり方に食べ方、笑い方、遊び方にまで多岐にわたる。

 だが、SMAPの場合はどうだろう。彼等に課せられているのは全く逆、加齢臭を懸命に打ち消した“現役”感だ。 今回の27曲45分間のメドレー披露が典型だが、Sexy ZoneやKis-My-Ft2みたいな普通に若いアイドルでさえかなりしんどい仕事をこなさなくてはいけないのだ。

 ──年齢に応じた渋い自分を演出したくても、まわりがそれを許さない。もはやSMAPは、醜さを露呈したとしても身体を張って“中年を無視”することしか期待されていない状況である。第一、13年振りにテレビシリーズに戻ってきた『HERO』にしろ、木村はもっと渋さを漂わせていていいはずなのだ。なのに、相変わらず若さを全面に出した跳ね上がり役というのは無理がありすぎる。

 アイドルの限界を打ち破る。それがSMAPの使命なのかもしれないが、この調子だと“不惑”ならぬ“戸惑いの40代”となってしまいそうな気配を濃厚に感じる『27時間テレビ』である。
(サニーうどん)

最終更新:2018.09.27 01:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ一流の男の腹は出ていないのか?

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

SMAPの“加齢”から目が離せない!『27時間テレビ』の大誤算のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズフジテレビの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 NGT事件でNHK新潟が秋元康の責任に踏み込んだ
2 安倍政権が公的資金投入「国策企業」が中台企業の傘下に
3 安倍の吉本新喜劇出演をウーマン村本と星田英利が批判!
4 池袋暴走事故の容疑者逮捕なしに批判、元検察幹部も
5 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
6 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
7 週刊誌の秋篠宮バッシングは官邸が発信源か?
8 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
9 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
10 萩生田発言が大阪12区補選に影響!安倍首相が窮地に
11 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
12 つんく♂が秋元のメンバー差別に
13 グッディ!土田マジギレ真の原因
14 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
15 橋下徹が岩上安身リツイート裁判で矛盾を追及され逆ギレ!
16 ブラックホール会見でNHK記者“日本スゴイ”質問に世界が失笑
17 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18 秋篠宮家の料理番がブラック告発
19 萩生田光一の問題は消費税延期論でなく「ワイルド改憲」発言
20 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
1 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3 石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4 忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6 安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9 イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12 維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13 中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16 菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18 「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19 衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄