ドラマ化!百田尚樹『永遠の0』はやっぱりネトウヨ丸出しの戦争賛美ファンタジーだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
eiennozero_01_150214.jpg
『永遠の0』(講談社文庫)

 百田尚樹の『永遠の0』がドラマ化され、2月11日から放映が始まった。あの『殉愛』騒動の後に百田作品のドラマを放映して大丈夫なのかと言いたくなるが、1回目の視聴率は9%。プライムタイムのドラマ視聴率としてはよくはないが、それでもけっこうな数の人間が観ていたことになる。そして、今夜は第2話、明日は最終の第3話が放映される。

 だとしたら、本サイトとしても改めて、この百田の処女小説について指摘しておかねばならないだろう。それはネットで噂になっている盗作疑惑のことではない(それについても後述するが)。『永遠の0』がネトウヨ並みの平和ボケな頭でつくりだされた戦争賛美ファンタジーでしかないことを、だ。

『永遠の0』について、百田は「私は『永遠の0』で特攻を断固否定した」「戦争を肯定したことは一度もない」「一部の粘着する連中から『百田尚樹は特攻を賛美して肯定する軍国主義者とだ(原文ママ)』と執拗に非難される。多くは本を読んでない人だが中には読んだと言う者もいるから唖然とする」と言い張ってきた。

 百田本人だけではない。安倍政権の戦争加担政策を批判して大炎上した桑田圭祐も『永遠の0』については映画版を見て「平和への思い」に涙を流して感動し、主題歌をつくってしまった。田原総一朗も「僕は『永遠の0』を読んでいるうちに、ぐいぐい引き込まれた。大東亜戦争への痛烈な批判は「左翼」作家やジャーナリストが書いたものなどと比べものにならないくらいすさまじかった」などと書いている。本サイトにも「『永遠の0』は戦争賛美じゃない、反戦だ」「読まずに批判するな」「百田だからとレッテル貼りで、戦争美化と批判してるだけ」などの批判が届いていた。

 しかし、読んだうえで何度でも言うが、『永遠の0』は戦争に反対なんか一切していない。それは、よく言われているように「零戦を賛美している」「特攻を美化している」だけじゃない。『永遠の0』は根本的に戦争を全面肯定しているのだ。

『永遠の0』のストーリーは、戦後60年の平成を生きる青年が語り手となって、特攻で死んだという祖父の軌跡を、戦場での知り合いを探し出し、たずね歩くというもの。戦友たちによると、祖父・宮部久蔵は、零戦パイロットとして天才的な技術をもちながら、「死にたくない」「生きて帰りたい」が口癖の海軍航空隊一の臆病者だったという。

 戦友たちの口からは、宮部の思い出と同時に、真珠湾攻撃に始まり、ミッドウェー、ラバウル、ガダルカナル、サイパン、レイテそして特攻、終戦と日本軍の戦いぶりが語られるという構造になっている。

 しかし、それがどのように語られているかというと、たとえば、開戦でもあるハワイの真珠湾奇襲攻撃についてはこんな感じだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

永遠平和のために (岩波文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ドラマ化!百田尚樹『永遠の0』はやっぱりネトウヨ丸出しの戦争賛美ファンタジーだ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。歴史修正歴史観永遠の0百田尚樹酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
2 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
3 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
4 菅義偉官房長官が国会で望月衣塑子記者をフェイク攻撃
5 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
6 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
7 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
8 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
9 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
10 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
11 不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
12 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
13 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
14 安倍首相にマッチョ批判
15 ブレる松岡修造語録を読み解く
16 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
17 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
18 太田光が右翼の抗議で転向していた?
19 SKY-HIが日本の鎖国状態に危機感
20 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
1嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
5安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
6青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
7「子ども産まないのが問題」麻生が「金がないなら結婚するな」
9統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
10安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
11北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
12首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
13国家公務員と利害関係者の「ゴルフ解禁」の背後に安倍
14小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
15 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
16安倍「自衛隊募集に非協力的な自治体」と圧力発言
17安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
18辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
19不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20 新井浩文の事件で在日ヘイト拡散、ウーマン村本や柳美里が反論

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄