『殉愛』騒動が法廷へ! 百田尚樹の「文春」「新潮」への圧力の全貌も明らかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hyakuta_01_141208.jpg
圧力上等の百田尚樹センセイ(NHK経営委員会HPより)


 本サイトでも度々報じてきた百田尚樹『殉愛』(幻冬舎)騒動だが、まだまだ尾を引きそうだ。『殉愛』とさくら夫人をめぐって起こされた2つの裁判が、いよいよ今年から本格始動するからだ。

 まず、『殉愛』で名誉を毀損されたとやしきたかじんの長女が版元の幻冬舎に対し出版差し止めを求めて提訴した裁判は、その第1回口頭弁論が1月21日、東京地裁で行われた。この裁判、百田がツイッター上で「『殉愛』には、敢えて書かなかったことが山のようにある。(略)もう、おぞましくておぞましくて、とても書けなかった。本が汚れると思った。しかし裁判となると、話は別。全部、出すよ!」と恫喝とも取れる宣言をして注目されていたが、この日、幻冬舎側は百田も弁護士も出席せず、認否や争点さえ明らかにされなかった。

 激怒した長女側の代理人は「百田も脅すだけ脅して来ない」「ツイッター上で長女を脅し、裁判を受ける権利を阻害した。すでに人権救済を申し立てているが、これから弁護士会に告発することも考えている」と怒りを露わにしたほどだ。

 一方、さくら夫人側が、『殉愛』批判をネットラジオで展開したたかじんの元弟子で歌手の打越もとひさを名誉毀損で提訴した裁判も、2月18日から始まる予定だ。さくら夫人側は15人もの弁護士からなる訴訟団を組んだといわれるが、一方の打越氏のもとにも証言したいという協力者やカンパが続々と集まっており、全面対決の様相を見せているという。

 そんな『殉愛』騒動だが、ここにきて、出版社系週刊誌が演じたドタバタの舞台裏も明るみに出てきている。

 周知のように、この問題ではほとんどの週刊誌が「百田尚樹」という作家タブーに屈して、批判報道を放棄。逆に百田の求めに応じて全面擁護記事を掲載する醜態を演じた。とくにひどかったのが「週刊文春」(文藝春秋)と「週刊新潮」(新潮社)で、業界内からも「いくら作家タブーとはいっても、普段のコワモテぶりからは信じられない」という驚きの声が上がったほどだった。

 実は、この「文春」「新潮」に百田尚樹からどんな圧力が加わり、記事がどう潰され、歪められたかを、月刊誌「宝島」(宝島社)が2号連続で暴露しているのだ。

 まず、「週刊文春」だが、同誌はもともと、たかじんの死の直後は「やしきたかじん『参列者5人』葬儀の謎」(14年1月23日号)「親族から噴出 やしきたかじん32歳未亡人への怒り 遺骨を『マカロンみたい』」(14年2月6日号)と、さくら夫人の言動や彼女と遺族の確執を他誌に先駆けて掲載していた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

実録!平成日本タブー大全〈1〉 (宝島社文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『殉愛』騒動が法廷へ! 百田尚樹の「文春」「新潮」への圧力の全貌も明らかにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界殉愛田部祥太百田尚樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
2 高須・橋下・ネトウヨのハンスト叩きを元山氏・村本が論破
3 ネトウヨが『ひるおび』を勘違い攻撃
4 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
5 太田光が制服向上委員会に反撃された
6 自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
7 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
8 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
9 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
10 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
11 片山さつきが坂上忍に批判された
12 大手メディア衆院選情勢調査の結果は
13 明治の産業遺産は安倍首相のゴリ押し
14 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
15 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
16 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
17 安倍晋三が触れない“もう一人の祖父”
18 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
19 ネトウヨが安倍御用達焼肉店に炎上攻撃
20 DA PUMPがEXILEに挑戦状
1追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
3竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
4安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
5早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
6産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
7 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
8日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
9沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
10直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
11外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
12自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
13データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
14安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
15三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
16三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
17高須・橋下・ネトウヨのハンスト叩きを元山氏・村本が論破
18“バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
19百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
20松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄