なぜ女たちは岡田斗司夫に引っかかったのか? あの「先生」に口説かれた女子が分析!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 この、悪魔の呪文のような言葉もまた岡田氏と共通する点だ。岡田氏の場合、ネット上で暴露された話だと相手を言葉巧みに洗脳して性的関係に持ち込んでいた節がうかがえる。著者の相手である「先生」も同様に、言葉によって追い込むという手を使っていたのだろう。だが、彼女はこの言葉によって目が覚めた。「所詮ヤりたいだけじゃんか、このオッサン」と、真実に気付けたのだ。

 とはいえ、こうしたオッサンにロックオンされた女性すべてが、こうした悪魔の呪文に抗えるわけではない。なにせ相手は憧れだった人なのである。嫌われたくないと思ってしまえば、もうあとは身体を許すしか道はない。きっと岡田氏も、そしてこの「先生」も、何十人、もしかすると何百人もの女性を落としてきたのだろう。

 では、どうして彼女はたった一言で目が覚ますことができたのか。それは彼女が「サークルクラッシャー」だったからだ。

 サークルクラッッシュというのは、〈男性の比率が高いコミュニティ〉において複数の男性が「紅一点」に好意を寄せ、サークルが消滅に追い込まれる状態。すなわち、クラッシュの原因となる「紅一点」がサークルクラッシャーと呼ばれる。サークルクラッシャーの多くは〈ただ単に天然で、そこに存在しているだけで男たちに愛されてしま〉う「無意識型」だが、著者は「意識型」、つまり〈意図的に相手が自分のことを好きになるよう仕向ける〉策士だった。

 彼女が意識してサークルクラッシャーとして活動していた目的は、〈相手が好きになってくれたという事実が欲しい、ひとまずはそれだけ〉である。母親との関係から「優しさに飢えていた」という彼女は、〈幼い頃から抱え続けた「誰かに優しくされたい」という承認欲求〉を満たす手段としてサークルクラッシャーとなった。だから著者は「自分をまるごと受け入れようとする相手には必ず裏がある」と知っていた。「先生」に引っかからなかったのは、そのためなのだ。

 ここで著者の話の裏を返せば、岡田斗司夫の愛人騒動というのは何も女性だけの問題ではない、ということだろう。騒動時には「愛人になる女がアホ」という意見が散見されたが、著者のような確信犯のサークルクラッシャーがこの世に存在するわけで、そうなれば男だって承認欲求を満たすためのオモチャになってしまう可能性がある。

 しかも著者の体験談を読むと、サークルクラッシャーに引っかかる「クラッシャられ」の数はかなり多いと思われる。彼らは〈恋愛を含む人間関係全般についての経験が極めて乏しく、そのため傷つくことを過剰に恐れ、受け身がちな態度となってしまった男性〉であり、確信犯である著者のような女性の手にかかれば、早ければたった1日であっさり愛を告白してしまう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

なぜ女たちは岡田斗司夫に引っかかったのか? あの「先生」に口説かれた女子が分析!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。あるある愛人本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
2 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
3 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
4 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
5 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
6 ラムダ株隠蔽で菅政権が大嘘の言い訳!パラでも隠蔽可能に
7 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
8 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9 山本太郎・れいわ代表が「モーニングショー」で吠えた
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 れいわ議員の介助費用に「税金遣うな」攻撃、対照的だった『とくダネ!』
14 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
15 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
16 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
17 DAIGOの父は許永中の片腕だった
18 頓挫した大阪ワクチンと吉村・松井の闇!日大事件で逮捕の人物も関与か
19 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
20 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
3維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
4自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
5吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
6自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
7高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
8コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄