なぜ女たちは岡田斗司夫に引っかかったのか? あの「先生」に口説かれた女子が分析!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 というのも、「クラッシャられ」には大きな特徴があるからだ。それは〈恋愛をしたくないのではなくて、恋愛に紐づくそのほかの面倒くさいことをしたくない〉ということである。

〈デートには行きたいけれど、インターネットで美味しいレストランを調べて、その場所を相手に提案するということはしたくない。楽しくおしゃべりしたいけれど、共通の話題を探り、会話のきっかけを作るということはしたくない。複数回デートを重ねてお互いを良く知ってから告白なんてまどろっこしい。さっさと彼女にしてしまいたい〉

 岡田氏や「先生」が、自分のファンである若い女子たちの知的好奇心をくすぐり、肯定を与えることで籠絡したように、クラッシャーの女性は“恋愛はしたいけど工程が面倒くさい”という恋愛童貞の心理を掴み、すべてをお膳立てする。結果、それはもう面白いくらいに、いとも簡単に男性たちは彼女に撃ち落とされまくっている。

「先生」に騙されず、そして恋愛童貞たちを騙してきたという著者は、その経験からこう警鐘を鳴らす。

〈彼ら彼女らは、愛される存在としての「自分」を演出してくれるかもしれないし、「自分」にとっての心の居場所を提供してくれるかもしれない。しかし、悲しいかな、甘い幻想には必ず裏があって、そのことを理解しないかぎり、いずれまた同じタイプの異性に引っ掛かってしまうだろう〉

 こうした著者からのメッセージは、たしかに多くの人にとって〈恋愛における本質的なリスクヘッジ〉になるかもしれない。ただ、本書で気になったのは、いくら男性の心をもて遊んできたとはいえ、著者はそれでも「先生」や岡田氏とは決定的に違う、という点だ。

 著者は愛してほしい、好かれたいという承認欲求からクラッシュを繰り返してきたが、かたや岡田氏や「先生」といったオッサンたちが欲していたのは〈セックスをした女の数〉に過ぎない。そして彼らは、著者のような若い女性からの承認を求めていたのではなく、誰かに“性的強者の自分を誇りたかった”だけではないのだろうか。それは無論、男に対して、である。男同士のパワーゲームのために若い女子を数と見なして“ヤレればOK”とする思考を受容することは、到底できない。だから、岡田斗司夫の愛人騒動はここまで多くの人の怒りを買ったのではないかと思うのだ。

 ちなみに著者は「先生」について、「実名をあげるつもりはありませんが、まぁその学術分野では大変に有名な方です(笑)」とインタビューで答えている。リスクヘッジを謳うなら、被害者を減らすためにも、ぜひ実名を挙げてもらえればよかったのだが……。
(本田コッペ)

最終更新:2015.09.01 11:22

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

なぜ女たちは岡田斗司夫に引っかかったのか? あの「先生」に口説かれた女子が分析!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。あるある愛人本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
2 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
3 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
4 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
5 ラムダ株隠蔽で菅政権が大嘘の言い訳!パラでも隠蔽可能に
6 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
7 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
8 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
11 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
14 山本太郎・れいわ代表が「モーニングショー」で吠えた
15 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
16 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
17 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
18 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
19 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
20 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
3維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
4自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
5吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
6自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
7高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
8コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄