サザエさんはビッチ? マンガのキャラを性格診断にあてはめると…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
seikaku_01_140728.jpg
『自分の「性格説明書」9つのタイプ』(講談社)

 性格診断として有名なのが、人間を9つのタイプにわけるエニアグラム性格診断。この手法をもとにさまざまな性格診断が派生し、書物も多数出回っているが、少し前になかなかおもしろい性格診断本が出版された。

『自分の「性格説明書」9つのタイプ』(安村明史/講談社)がそれ。エニアグラム性格診断では人間の性格を、「援助者」「批評家」「観察者」というような名前のタイプにわけることが多いが、この本ではそのネーミングを「星一徹タイプ」「ドラえもんタイプ」「名探偵コナンタイプ」というふうに、マンガのキャラにあてはめているのだ。63の質問とその人が描いた絵でどのタイプか判別するらしいのだが、いったいどういう性格の人がどのキャラなのか。ざっと紹介してみよう。 

●星一徹タイプ(完璧主義者)
完璧主義者。妥協を許さない厳しさを感じさせる。キーワードは「完璧さを求める」「自制心の強さ」「公平・公正」「強い責任感」「高潔な生き方」「自己抑制的」「努力家」「融通が利かない」など。

●ドラえもんタイプ(博愛主義者)
親切で、よく人の世話を焼く博愛主義者。心が温かく、優しい。キーワードは「親切・優しい」「奉仕的」「高い適応能力」「情報収集能力」「嫉妬心が強い」「八方美人」。

●峰不二子タイプ(成果主義者)
自信家。何事にも挑戦的に取り組み、結果を出す。キーワードは「明確な目標がある」「効率的」「競争心」「成功」「結果重視」「抜群の行動力」「自己中心的」「冷酷」。

●スナフキンタイプ(ロマンチスト)
繊細なロマンチスト。自己表現と想像の世界を好む。キーワードは「独創的なアイデアに富む」「表現力が豊か」「傷つきやすい」「芸術的」「鋭い洞察力」「感情の起伏が激しい」。
 
●名探偵コナンタイプ(研究家)
クールでドライな印象。冷静で分析力に富み、論理的に考える。キーワードは「「広い視野」「知的「洞察力」「強い忍耐力」「冷静」「傍観者」「ドライ」「理屈っぽい」。
 
●マスオさんタイプ(サポーター)
 誠実な人柄。慎重で節度をわきまえ、気配りに長けている。キーワードは「忠実」「勤勉」「仲間」「責任感がある」「好感度が高い」「縁の下の力持ち」「優柔不断」「卑下」「時に攻撃的」。

●サザエさんタイプ(楽天家)
 面白いことが好きな、明るい社交家。陽気で楽天的である。キーワードは「瞬発力」「柔軟な発想」「好奇心旺盛」「自由」「精力的」「多才」「無責任」「散漫」「熱しやすく冷めやすい」。

●ジャイアンタイプ(挑戦者)
 リーダータイプ。常にパワフルで、大胆な行動に出る。キーワードは「度胸がある」「正義感が強い」「率直」「面倒見が良い」「独立心」「粘り強い」「威嚇的」「危険を冒す」「ケンカっ早い」。

●ウルトラマンタイプ(平和主義者)
 穏やかな癒し系。包容力があり、相手を否定しない。キーワードは「協調性」「おっとりとした穏やかさ」「心が広い」「忍耐力」「情緒が安定」「消極的」「自己防衛的」「惰性的」。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

自分の「性格説明書」9つのタイプ (講談社プラスアルファ新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

サザエさんはビッチ? マンガのキャラを性格診断にあてはめると…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャラサザエさん性格診断の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃