雪印牛肉偽装を告発した「西宮冷蔵」社長が今度は中国産野菜を告発!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nishinomiyareizo_01_141029.jpg
ドラマ化もされたあの名物社長が…(画像は『西宮冷蔵たったひとりの反乱』鹿砦社)

「西宮冷蔵」という会社をご記憶だろうか。2001年日本で初めてBSE(狂牛病)に罹った国内牛が確認され、大騒ぎになった。これを受けて政府は国内産牛肉の在庫買い取りを行うことになったが、しかし大手食品メーカーの雪印食品は、輸入牛を国産と偽り、農林水産省に約2億円ともいわれる助成金を不正請求した事件が発覚する。

 そのきっかけとなったのが02年1月、雪印食品の取引先だった「西宮冷蔵」社長の水谷洋一の“内部告発”だった。

 食の安全を揺るがしかねないこの事態に対する反響は凄まじく、マスコミは連日この問題を取り上げ、不買運動も発生。一方“正義の告発”を行った水谷社長もまた一躍時の人となった。

 その影響から雪印食品は02年4月に解散する事態となったが、同時に水谷社長もまた窮地に陥ってしまう。同業者や取引先から“裏切り者”扱いされ、嫌がらせを受けるなど取引が激減、さらに在庫証明を改ざんする手助けをしたとして7日間の営業停止命令を受けた。そのため西宮冷蔵は休業に追い込まれてしまう。

 その後、多くの支援者やカンパなどで資金を募り、04年に再び営業を開始した。それから10年──。「通販生活」(14年秋冬号/カタログハウス)では水谷社長の近況を取材した「雪印食品『牛肉偽装』を告発した現代のドン・キホーテ」(取材・文・溝口敦)というインタビューが掲載されている。ここに描かれる水谷社長は、しかし当時マスコミに報じられたのとはちょっと違い、実に能天気で破天荒な人物だ。

 インタビュアーの溝口の「(狂牛病の際に)13億円の負債があった」との問いに水谷社長はこう答えている。

「何も考えてないですよ、踏み倒せばいいと思っていたから(笑)。もう会社がアウトですから、金融機関は泣き寝入りせざるを得ない。当然、ここ(西宮冷蔵)の土地や建物は全部担保にとられていますから、売却しても追っつかない」

 なんともあっけらかんと開き直る。なんでもバブルの時に都市銀行に10億円残ると提案された新倉庫を建設したが、フタを開けると13億円の赤字。そんな経験から「銀行への融資返済は私の責任やと思っていない。都市銀行の責任やと思ってる」という。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

西宮冷蔵たったひとりの反乱 NHKテレビドラマ化記念出版

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

雪印牛肉偽装を告発した「西宮冷蔵」社長が今度は中国産野菜を告発!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中国産林グンマ食品の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
2 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
3 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
4 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
8 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
9 高プロ法案の強行採決を許すな!
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
13 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
14安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?