アクエリアス、トクホのヘルシアも!?  実は体に悪い飲料とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tokuho_140709.jpg
『飲みものの危険度調べました』(渡辺雄二著/三才ブックス)

 これからの暑い季節は、熱中症対策のために、水分補給をし、健康管理に努めたいもの。いったいどんな飲みものが水分補給にふさわしいのだろうか。「身体によさそうな飲みものも実は身体に悪かった? 子どもや家族が安心できる市販のドリンクはどれ?」と143品の安全性を見極めている『飲みものの危険度調べました』(渡辺雄二著/三才ブックス)によれば、スポーツ飲料の代表である大塚製薬のポカリスエットであっても、「水代わりに飲むのは×」だという。

「ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが水に溶けてイオン化しているため、人間の体液に近い状態になっている」ポカリスエットだが、「ただし、1本(500ml)に含まれるカルシウムは10mg、マグネシウムは3mgと少ないので、それらの1日所要量には遠く及びません。成人の場合、順に600mg、320mgが必要とされている」。

 また、飲み過ぎにも注意が必要だ。同書は「糖分が1本(500ml)あたり31g含まれているので、水代わりに飲むのはよくありません。毎日水代わりに飲むと、かなり多くの糖分を摂取することになり、肥満や糖尿病の原因となる恐れがあります」と警鐘を鳴らす。

 さらに、ポカリスエットと並ぶ代表的なスポーツドリンク・アクエリアス(コカコーラカスタマーマーケティング)にいたっては、避けたほうが無難だという。糖分の摂取を減らすために合成甘味料の「スクラロース」が添加されているためだ。

「スクラロースは、有機塩素化合物の一種で、動物実験では免疫に対する悪影響が示唆されています」「妊娠したウサギに体重1kgあたり0.7gのスクラロースを食べさせた実験では、下痢を起こし、それに伴う体重減少が見られ、死亡や流産が一部で確認されました。また、動物実験では胸腺や脾臓のリンパ組織を萎縮させることや、脳にまで入り込むことが分かっています」(同書より)

 このスクラロースは、複数の研究者から脳腫瘍を起こす可能性が指摘されている「アスパルテーム」、免疫力が低下したり、肝臓がダメージが受ける可能性がある「アセスルファムK」とともに、砂糖類の代わりに用いられる3大“有害”合成甘味料の1つ。

「この3つの合成甘味料は、化学的性質や動物実験の結果などから、いずれも添加物として認められるべきものではありません。ところが、アメリカの圧力などもあって、厚生省が添加物として認可したため、多くの飲料やそのほかの食品に使われているのです」(同書より)

 この3大“有害”合成甘味料は「低カロリー」や「カロリーゼロ」、「微糖」を強調した飲料に使われている。なお、ポカリスエットのカロリーオフタイプ、ポカリスエットイオンウォーター(大塚製薬)にはスクラロースが含まれているので、アクエリアスと同様に避けたほうが無難だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

飲みものの危険度調べました (三才ムックvol.685)

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

アクエリアス、トクホのヘルシアも!?  実は体に悪い飲料とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。トクホ食品の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
2 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
3 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
4 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
5 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
6 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
8 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
11 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
12 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
13 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
14 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
15 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
16 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
17 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
18 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
19 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
20 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
16菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
17菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
18杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
19『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄