PC遠隔操作事件で話題のサイコパスは政治家や経営者、医者にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
spychopath_01_140707.jpg
『サイコパス 秘められた能力』(NHK出版)

 ウイルスを感染させたパソコンを遠隔操作し、飛行機の爆破や商店街での無差別殺人などの犯罪予告をインターネット上で行った、いわゆるパソコン遠隔操作事件。この一連の事件においてハイジャック防止法違反などの罪に問われている片山祐輔被告は2014年2月の初公判から無罪を主張してきたが、5月20日に一転、全ての罪を認めた。「真犯人」を名乗るメールを報道機関やジャーナリストらに送付していた人物が保釈中の片山被告であると捜査機関に断定された事がきっかけだった。

 無実だと信じ弁護を続けてきた佐藤博史弁護士は会見で、片山被告が“嘘を平気でつける。意図的でなく、自然に嘘が出てくる”と自身を分析していることを明かした。また、「(以前は)『真犯人はサイコパス』と言っていたが、今日(身柄拘束された日)は『自分がそうなんだ』と言っていた」とも。「たしかにだまされた。私より彼のほうが少し上回っていた」と佐藤弁護士もその嘘つきぶりについては認めている。

 片山被告は真犯人、つまり自分をサイコパスだと思っていたということだが、そもそもサイコパスとは何なのか。日本においては反社会性パーソナリティ障害とも呼ばれているサイコパス、『サイコパス 秘められた能力』(ケヴィン・ダットン著、小林由香利翻訳/NHK出版)には、心理学者のロバート・ヘアが発表したサイコパシー・チェックリストが引用されている。

 これは1問2点、20項目の設問から成る。ほとんどの人は2点前後だが、サイコパスの入門レベルは27.6点だという。このチェック項目の一部を挙げると「口がうまい」「良心の呵責や罪悪感がない」「病的な嘘」「他人をだます/操る」「情動が希薄」「暴走しやすい」「過大な自己評価」などだ。このチェックリストをもとに専門家が面接を行って診断する。

 サイコパスといえば悪人というイメージも根強いが、そうではない職業に就いているものも多くいるようだ。サイコパスの連続殺人犯によく見られる特徴「うぬぼれの強さ」「説得力」「外面の良さ」「冷淡さ」「やましさを感じないこと」「他人を操る事」これらは政治家や世界の指導者にも共通しているという。実際にサイコパス度の高い職業として著者は、企業の最高経営責任者や弁護士、外科医などを挙げている。サイコパス度が高くとも犯罪に手を染めず社会に順応しているものも多くいるというのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

サイコパス 秘められた能力

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

PC遠隔操作事件で話題のサイコパスは政治家や経営者、医者にものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サイコパス殺人精神鑑定の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
3 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
6 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
7 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
8 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
11 稲田防衛相はレイシストと蜜月と最高裁が
12 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
13 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
16 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
19 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
20 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
10蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄