『報ステ』小川彩佳の降板原因は富川アナとの不仲でも嵐・櫻井との破局でもない! 本質はテレ朝の政権批判潰しだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『報ステ』小川彩佳の降板原因は富川アナとの不仲でも嵐・櫻井との破局でもない!はテレ朝の政権批判潰しだの画像1
『報ステ』HPより

 本サイトが取り上げてきた『報道ステーション』(テレビ朝日)が“政権批判をしなくなった問題”は大きな話題になったが、ついに今週発売の「週刊文春」(文藝春秋)8月30日号でも、取り上げられた。

 本サイトでは、今年7月、安倍首相にべったりのテレ朝のドン・早河洋会長の意向で、『報ステ』のチーフプロデューサーが桐永洋氏に交代。以来、桐永チーフプロデューサーの方針で、政権批判や権力監視の報道がすっかり鳴りを潜め、当たり障りのないスポーツニュースなどをメインに扱うようになってしまったことをスクープしたが、今回、「週刊文春」は、その桐永氏(記事ではAプロデューサーとなっている)が7月に就任した際、こんな所信表明をしていたことをすっぱ抜いているのだ。

〈(今の報ステの)イメージは偏差値七十くらい。東大は入れるんじゃないかという感じ。偏差値五十の庶民が見た時に理解できないからチャンネルを変えちゃおうとなっちゃってる〉

 なんとも視聴者をバカにした発言だが、こんな人物が『報ステ』のチーフプロデューサーになり、いまの状況が生まれてしまったのである。

 また、「週刊文春」は政権批判や社会問題に取り組んできたスタッフが切られ始めている問題も伝えている。記事によると、これまで原発問題等を取り上げてきた制作会社の敏腕ディレクター(記事内ではB氏とされている)が、「7月半ば、報道局幹部から唐突に『Bさんの得意な(社会問題などの)分野はあまり取り上げなくなるから契約更新が難しい』などと告げられた」という。

 いずれも、本サイトのこれまでの報道を裏づける内容だが、しかしちょっと首をひねりたくなるのが、その「週刊文春」の記事全体の方向だ。これだけの内情を掴みながら、桐永チーフプロデューサーのことはなぜかほとんど棚上げされ、話が矮小化されてしまっているのだ。

 最たるものが、最近、発表されたサブキャスター・小川彩佳アナの『報ステ』降板の理由だ。そもそもこの記事、タイトルは「嵐 櫻井と破局 富川アナの『いびり』 小川アナが『もう限界…』」で、『報ステ』異変の舞台裏についてレポートしているのだが、小川アナの降板は司会の富川悠太アナウンサーとの確執が原因だというのである。

 記事によると、富川アナが小川アナに対して「インタビューが下手」などと攻撃。「反省会でも小川をネチネチ叱っている」「二人はいわば“冷戦状態”」で、小川アナが親しい知人に「私ももう限界なんですよね……」と漏らしていたという。

 また、記事では櫻井翔との破局で、小川アナの精神状態が不安定になっていたことも指摘。「四月から六月までの放送前に落ち込んでいることがよくありました。MCの打ち合わせの時の表情が暗く、『櫻井と別れたからでは』と現場で噂になったほど」なる報ステ関係者の話も掲載している。

 しかし、小川アナの番組降板の理由って、本当にそういう話なのか。テレビ朝日関係者に訊くと、こんな答えが返ってきた。

「富川さんと小川さんの“不仲”が降板の原因? それは絶対にないです(笑)。たしかに二人のウマが合わないという話は聞きますが、だからってそれが理由で番組を降りるなんてあり得ませんよ」

 小川アナが降板したのは、富川アナとの確執とか、櫻井との破局とかとは関係ない。『報ステ』を骨抜きにしたテレ朝上層部に、そのジャーナリスティックな姿勢が敬遠され、切られてしまった結果なのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『報ステ』小川彩佳の降板原因は富川アナとの不仲でも嵐・櫻井との破局でもない! 本質はテレ朝の政権批判潰しだのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。テレビ朝日報道ステーション富川悠太小川彩桂櫻井翔編集部週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
2 菅官房長官のトークのポンコツぶりが話題に!
3 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
4 欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
5 通販生活が「左翼だ」攻撃を一蹴!
6 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
7 菅義偉“史上最悪”の総裁選出馬会見! 望月衣塑子には質問妨害
8 二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
9 「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
10 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
11 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
12 菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
13 小泉今日子が怒りの反論「共産党から出馬」ガセ情報は内調の仕掛けか
14 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
15 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
16 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
17 「日本学術会議」菅首相が会見を開かずグループインタビューで批判封じ
18 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
19 セブン-イレブンオーナーの自殺続出
20 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
1杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
2欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
3菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
4大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
5菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
6 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
7甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
8日本学術会議への不当人事介入は安倍政権時代から始まっていた
9菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
10菅首相 学術会議の推薦名簿を「自分は見ていない」とトンデモ発言
11菅首相と河野太郎行革相が学術会議を「行革対象」にして違法人事介入を正当化
12二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
13ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄