May J.が『アナ雪』バッシングを振り返って当時の心境を告白! 「幻聴で“自分の曲じゃないのに”という声が」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 そして、May J.は炎上騒ぎに疲れ果て、心理的ストレスからだんだんと歌うことすらできなくなっていってしまったのだ。

 その喧噪が一段落したいま、彼女はこの本の中で、どうしたらあの騒動をうまく回収できたのかを振り返って分析している。

〈野呂さん(引用者注:May J.のマネージャー)に一回、「なんで弱音を正直に吐かないの?」って言われたんです。「聞かれてもないのにわざわざ言う必要はないけど、ショックだったらショックって素直に言えばいいじゃん」って、すっごい怒られた(笑)。野呂さんから見れば私が無理しているのがわかるぶん、強がることで余計アンチを増やして損をしているっていう状況が歯がゆかったみたいです。
 でも、私、そのときは強がることが問題だって理解できなかったんですよ。自分のそういう性格がバッシングを加速させているって言われても、「なんでダメなの?」って原因がわからなかった。
 私の中には弱音を吐いて共感してもらうっていう発想がないっていうか。弱音を吐くヒマがあったら努力しようって思考回路なんですよ〉

 確かに、前述の『情熱大陸』で顔を強ばらせながら発言する様子からは、精いっぱい意地を張って強がり、そして、周囲の罵詈雑言から自分の心を守るため、体全体から相手を拒絶するオーラのようなものさえ感じられた。

〈いま思うと、それって「叩かれるのは私のせい。だったら私がもっとがんばれば何とかなる」っていう着地点に自分を落とし込みたかったんですよね。努力すれば何とかなるってところに解決策を見出したかったというか。そうすれば、そこに向かって進んでいけるから。(中略)
 でも当時はそういうとことがまた、叩く人たちからすると、シャクに触るというか…可愛くなかったんでしょうね(笑)。「なんで平気な顔してんの?」って。肩肘張ってがんばる前に素直に弱音を吐いていれば、少し何かが変わっていたのかもしれない…〉

 ネットいじめにさらされた芸能人は数多いが、ここまで、冷静に適確に、自己分析し、それをきちんと本で総括したケースはなかなかないだろう。しかし、May J.はけっして、あの騒動を乗り越えたわけではないらしい。

〈「あのバッシングを乗り越えたから、強くなったのでは」みたいなこともよく聞かれるけど、強くはなってないですよ、全然。
 特に、“アナ雪”ブームのときは人前で話すことがものすごく怖くなって。ただでさえトークは苦手なのに、ここでさらに怖くなってしまった。それはトラウマでちょっと残っていて、いまでも、なんか言ったらヘンな風に取られるんじゃないかって用心しちゃうんですよ。当時は本当に発言ひとつひとつを批判されていましたからね…〉

 これからの時代、SNSやネットで叩かれても気にしない、というある種の鈍感さがないと、有名人をやっていくことは難しいのかもしれない。
(新田 樹)

最終更新:2017.11.24 09:45

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

私のものじゃない、私の歌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

May J.が『アナ雪』バッシングを振り返って当時の心境を告白! 「幻聴で“自分の曲じゃないのに”という声が」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。May Jアナと雪の女王バッシング新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 伊藤詩織氏がはすみとしこ氏を提訴!安倍親衛隊議員の責任
2 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
3 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
4 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
5 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
6 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
7 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
8 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 はすみとしこが詩織さんをイラスト攻撃
11 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
12 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
13 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
14 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
15 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
16 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 れいわ議員の介助費用に「税金遣うな」攻撃、対照的だった『とくダネ!』
19 山本太郎・れいわ代表が「モーニングショー」で吠えた
20 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
3維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
4自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
5自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
7橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
8コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
11安倍晋三に中国電力から原発マネーが 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄