葵つかさが引退宣言? 彼女を追いつめた松本潤のキチク行為と、芸能マスコミの非情なジャニーズ忖度報道を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ジャニーズタブーを恐れる大手マスコミは松本潤と葵つかさの件を扱わなかった

 また、2人はいつも松本が彼女を呼び出すかたちで逢瀬を続けていたというが、昨年3月、煮え切らない彼の態度にだんだんと関係が怪しくなり、葵の方から「タクシー代くらい欲しい」と告げると、松本はこう返したという。

「お金を払うような関係じゃないよね?」

 この言葉を聞いて、葵は逆に「大事にされている」と嬉しく感じたというのだから、この関係がどれだけ泥沼化していたのかを伺い知ることができるが、それはともかくとして、タクシー代すら出し渋るとは国民的アイドルグループのメンバーらしからぬ態度である。

 葵が松本のマンションを訪れるのはきまって深夜で、しかも数時間後の明け方には部屋をあとにしている。一度はインターホンに反応がなく帰っており、4年に及ぶ交際にもかかわらず合鍵も持たせてもらえてないのだろう。いくら二股とはいえ、交際相手に対するものとは思えない扱いだ。

 実際、この関係について「週刊文春」記者にあてられた松本は、葵のことを「その人がわかんないんで」と切り捨てた。要は、二股どころか、都合のいいセフレかデリヘルのように利用していたということだろう。

 ジャニーズタブーに縛られたテレビやスポーツ新聞はこのスキャンダルをいっせいに無視。記事が出た数日後、松本は何事もなかったような顔をして『第67回NHK紅白歌合戦』に出演していた。嵐はその紅白で白組トリの大役を務めることになるが、「嵐×紅白スペシャルメドレー」のなか、松本が井上と共演した映画『花より男子F』の主題歌でもある「One Love」が歌われた。そのなかには〈世界中に ただ一人だけ 僕は君を選んだ〉という歌詞があるのだが、二股報道の数日後というタイミングでそんな歌が歌われるあまりの白々しさにお茶の間からは失笑が漏れた。

 ただ、葵の本当の苦難はこれだけでは終わらない。むしろここからさらに追いつめられることになる。松本の二股スキャンダルが報じられると、世間(特にネット)は、あろうことか松本ではなく葵を攻撃し始めたのだ。

 キチク行為におよんでいたのは松本なのに、そのことは見なかったことにして、彼女のツイッターアカウントには「売名行為」と罵るリプライが殺到した。

〈無理なんだけどwwwwやっぱ松潤ちらつくんだよねwwww松潤かわいそう。松潤騙されて売名のために好感度下がっちゃってかわいそう。やめなよ〉
〈はやくこの世界から消えてよ 国民的アイドルの松本潤とあってない あなたが熱愛するとこういうことになることぐらい、わかるよね?井上真央ちゃんはいいのよ。大女優だからね。あなたとは違う〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

葵つかさが引退宣言? 彼女を追いつめた松本潤のキチク行為と、芸能マスコミの非情なジャニーズ忖度報道を振り返るのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ松本潤編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
2 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
3 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
4 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
5 農家の安倍内閣支持率が18%に激減
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
8 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
9 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
12 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
13 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
15 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
16 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
17 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
18 『テラスハウス』vs実家暮らしキモヲタ
19 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
20 田崎に続き三浦瑠麗にも自民党から金
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
6検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
7安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
8安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
9検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
10黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
12内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
14田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
15 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
16 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
17検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄