タモリと中園ミホ衝撃の不倫密会報道をマスコミが完全スルー! タモリ所属・田辺エージェンシーへの忖度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mamori_01_20180720.png
『ミュージックステーション」でも不倫に触れず(テレビ朝日HPより)

 一昨日発売の「週刊新潮」(新潮社)8月2日号が驚きの不倫熱愛スクープを報じた。タモリと脚本家・中園ミホとのまさかの不倫劇だ。

 記事では、タモリが真夏の灼熱のなか、黒コートに帽子、大きな白いマスクにトレードマークのサングラスではなく普通のメガネという変装姿で、周囲をしきりに気にしながら中園の住むマンションに入る様子を写真付きで紹介、2人が不倫関係にあることを報じたのだ。

 相手の中園は、現在放送中のNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK)をはじめ、同じくNHK朝の連ドラ『花子とアン』や『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日)など数多くのヒットドラマを担当した超売れっ子の大物脚本家で、また私生活では未婚のシングルマザーで、その体験を作品に投影したこともある。

「記事には出会いのきっかけや交際のディテールこそありませんが、『週刊新潮』はかなり前からふたりの交際の情報をキャッチし、長くマークしていたようです。たまたま1回遊びに行ったのが撮れたというのではありません。実際、ただの友人関係で普通に遊びに行くだけにしては、異常な警戒ぶりですし」(週刊誌関係者)

タモリといえば、『笑っていいとも!』(フジテレビ)を2014年に降板した理由について「体調の悪い妻のために、今後は妻のために生きると決意」などと報道されるなど愛妻家で有名。

というか、そもそもタモリはマッチョなお笑い芸人とちがって、女性関係のスキャンダルが報道されたことなどほとんどなく、俗っぽい性欲や野心、上昇志向などとは無縁のイメージを保ってきた。そういう達観したような生き方、ガツガツした芸能人とは違う上品さがリスペクトされ、現在のタモリ人気復権を支えているところも大いにある。

それだけに、今回の不倫報道はかなり意外で、衝撃的と言ってもいいものだ。しかも相手も、現在大河ドラマを手がける売れっ子中の売れっ子脚本家。ふつうなら、芸能マスコミがすぐに飛びつきそうな話題性抜群の芸能界の熟年ビッグカップルの不倫報道だ。

 ところが、である。ワイドショーやスポーツ紙をはじめ芸能マスコミはこれを完全にスルー、一切を報じてはいない。文字通り、スポーツ紙は1行も報じていないし、ワイドショーも1秒も報じていない。まるで「週刊新潮」の不倫報道など“なかった”かのようだ。

 そのサマは異様なほどだが、理由はごく簡単だ。もちろん中園がテレビ各局をまたぎ活躍する脚本家ということもあるだろう。だが、それ以上に大きいのは、タモリの所属事務所が芸能界に大きな影響力をもつ田辺エージェンシーということだ。

 田辺エージェンシーは芸能界のドンとバーニングと並び称される実力芸能プロ。そしてそれを率いるのが芸能界の重鎮である田邊昭知社長だ。田邊社長は堺正章やかまやつひろしらとともに結成した「田辺昭知とザ・スパイダース」のリーダだったが、その後、芸能プロを設立したという異色の経歴をもつ人物。そうした経歴もあり、大物芸能人やテレビ・芸能関係者の人脈も広く、芸能界やマスコミに隠然たる影響力をもっていることでも知られている。

 そのため、田邊氏率いる田辺エージェンシーの圧力や意向を汲んだメディアの自主規制により、黙殺された芸能スキャンダルは数多くある。近年でいえば、その最たる例が田辺エージェンシー所属の夏目三久と有吉弘行との“妊娠・結婚”騒動だ。

夏目三久と有吉弘行の結婚報道、ゲス極・川谷絵音の移籍で見せつけた田辺の威光

 この一件は2016年に日刊スポーツが一面で報じたものだが、キー局すべてのワイドショーがこれを黙殺。しかも、新聞紹介コーナーでも日刊スポーツの一面を一切写さないという念の入れようだった。

 交際の真相は藪の中で、日刊スポーツも最終的には謝罪するなど、妊娠・結婚については不確かな面もあっただろう。しかし交際報道の少し前には、有吉との共演番組から夏目が不可解な降板をしていたり、有吉の報道への反応など、根も葉もない誤報とは言い難い面も多々あった。いずれにせよ、テレビのワイドショーが一切触れないというのはあまりに異常だ。それこそ、誤報なら誤報で、ふたりが番組で否定するとか、有吉がネタにするとかありそうなものだが、それすらなく、交際報道自体がテレビのなかではなかったことになってしまったのだ。

 その背景にはもちろん田辺エージェンシーの「絶対に報道するな」との圧力があったとされる。さらに、ここまで強固に報道圧力をかけた裏には、田邊社長の異常なまでの夏目に対する“溺愛”と、有吉に対する“激怒”があったとされるが、それも一部週刊誌をのぞき報じられることはなく、芸能マスコミ史にも残る不可解な一件となった。 

 ほかにも、ベッキーとの不倫報道やほのかりんの未成年飲酒で、ワイドショーで袋叩きになっていたゲスの極み乙女。の川谷絵音が、田辺エージェンシーに移籍した途端、バッシングがピタリと止むという露骨すぎる事件もあった。

 また、SMAP解散問題でも、飯島三智マネージャーや独立組メンバーの後ろ盾として、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長との間に調整役として入ったのも田邊氏だった。

 つまり、戦後の日本芸能界草創期に、グループサウンズの先駆けとして活躍し、その後は芸能プロ経営者として、バーニングやジャニーズといった芸能界一大勢力にも影響力をもつ人物こそが田邊社長なのだ。

 そして、今回、不倫報道のあったタモリは、長年にわたる田辺エージェンシーの看板タレント。田辺からの圧力なのか自主規制なのかは定かでないが、ようするに、スポーツ紙やワイドショーがタモリの不倫を一切報じないのは、芸能界の力学からいえば当然なのだろう。

 しかし、こうして見ると、タモリがブランディングで築き上げたいまの“仙人イメージ”も田辺パワーによって守られてきたからこそのものなのかもしれない。欲を出さず、野心や上昇志向を前面に出してガツガツせずとも、好きな仕事を田辺がとってきてくれて、不都合な報道は潰してくれるのだから。

最終更新:2018.07.22 11:32

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

タモリと中園ミホ衝撃の不倫密会報道をマスコミが完全スルー! タモリ所属・田辺エージェンシーへの忖度のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タモリ中園ミホ林グンマ田辺エージェンシー田邊昭知週刊新潮の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が辛坊治郎の番組で“参院選の事前運動”!
2 吉本興業会長が沖縄米軍基地跡地利用の有識者懇メンバーに
3 堀江貴文が「デモの絵面がヤダ」「税金泥棒は捨て台詞」
4 テレ朝が政権批判した経済部長を報道局外し
5 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 堀江貴文「税金泥棒」発言で晒した年金問題への無知と頭の悪さ
8 「週刊文春」に公選法違反を報道された和田政宗が被害妄想丸出し反論
9 上田晋也『サタデージャーナル』終了の不可解
10 長渕剛のマスコミ批判に坂上忍が言い訳
11 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
12 秋篠宮家の料理番がブラック告発
13 安倍政権が財政審答申から「年金給付が想定より低くなる」削除
14 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
15 竹田恒泰『中学歴史 検定不合格教科書』は間違いと妄想だらけ
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
20 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄