中山美穂が渋谷慶一郎に「浮気するなら言ってくれ」と衝撃ツイートするも芸能マスコミはなぜかスルー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakayamamiho_01_151226.jpg
『中山美穂 パーフェクト・ベスト2』(キングレコード)

 ワイドショーもスポーツ紙もなぜか一切報道していないが、中山美穂が、恋人で音楽家の渋谷慶一郎氏と破局したことがわかった。報じたのは「女性セブン」(小学館)1月7日・14日合併号。

 同誌によると、別離の背景には前夫・辻仁成の元に残してきた息子への思い、先日起きたパリ同時多発テロなどがあると記されているが、しかし、彼女のツイート(現在は非公開)からは、まったく別の要因がみえてくる。

 たとえば、9月のツイートでは、中山は渋谷とのすれ違いの寂しさを嘆きつつも、渋谷への思いを端々ににじませていた。こんな感じだ。

 9月10日「ダーリンはもうすぐ来る。早く会いたいなあ」
 9月11日「でも殆どすれ違いだし、会うことが重要じゃないと学んだこの数か月」

 ところが、10月終わりになると、トーンが一変する。

 10月31日「選択肢が二つしかなくて。どちらもどちらで悩んでいる」
 11月4日「もう本当にいいやって思えた時から始まりなのかな」

 そして11月7日には、こんなツイートが。

「ひとりでいるほうがストレスないならそれがいい。一緒にいるけど浮気はするよ、なら言ってくれ」

 これはつまり、渋谷氏にぞっこん惚れ込んでいた中山が、渋谷に浮気をされて、キレてしまったということだろう。これまでも中山の恋愛依存体質、しかもダメ男好きはさんざん指摘されていたが、やはり世界が注目する音楽家と言われる渋谷氏も同類の男で、またもや誠意のないダメ男にハマっていたということらしい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

中山美穂が渋谷慶一郎に「浮気するなら言ってくれ」と衝撃ツイートするも芸能マスコミはなぜかスルーのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニング不倫林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃