りえママ伝説!宮沢りえとたけしや勘三郎との不倫まで“プロデュース”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 また、たけしの次にりえママがターゲットに選んだのが、歌舞伎俳優の中村勘三郎(当時は勘九郞)だ。りえは94年に勘三郎と京都のホテルで不倫密会の上、自殺未遂騒動を起こし、またしても世間を騒がせたが、しかしこの勘九郞との交際も、りえママ公認のものだった。

 貴乃花にビートたけし、そして勘三郎──りえママが業界の大物に目をつけ、話題づくりのためにりえと交際させた。当時のマスコミは、こんなふうにりえのスキャンダルを報じていた。すべては、りえママの戦略なのだ、と。

 だが、前述のセックスを勧めるエッセイを読めばわかるように、話題づくりというには、りえママの行動はあまりにも過激すぎる。むしろ、りえママは話題づくりよりも、娘に自分の“願望”を託していたようにも思えるのだ。

 近年、“毒親”が話題を呼び、なかでも「母の重たさ」と感じている娘の存在がクローズアップされている。そうした“母が重い”娘たちが訴えるのは、母の娘に対する過干渉だ。自分の理想を娘に押しつけ、あらゆることに口を挟んでくる母。そして、自分の思い通りにならないと、母は娘を強く叱りつける。実際、りえの場合は自殺未遂騒動のころにハーフのモデルと“無断交際”をしており、それを知った光子さんは、りえを「烈火のごとく叱り飛ばし、平手打ち」したという(小学館「女性セブン」95年10月5日号)。

 娘が選んだ相手との恋愛は決して許さず、たとえ不倫であっても自分の選んだ男性との交際にこだわった母。りえママがりえとたけしとのセックスに異常に固執し、勘三郎との関係を後押ししたのは、芸能界でセンセーショナルな存在として話題を振りまきたい、大物とのつながりをもちたいなどの計算ももちろんあっただろうが、それ以上にりえママ自身が彼らのことを“好き”だったのではないか。そう、一連のりえのスキャンダルは、自分の欲望を娘に託した“毒親”的行動によって引き起こされていたのではないだろうか。

 ご存じのように、りえは長く摂食障害に苦しんできたが、それも母子関係が原因だったと見られている。マスコミは光子さんのステージママぶりを「母子一体」「一卵性親子」と表現してきたが、その呪縛から解き放たれたからこそ、さまざまなスキャンダルや苦難を乗り越え、りえは女優として再起できたのだろう。

「私は、役者として、母として、女として、惜しみなく生きようと思います」──母子2人の歩みをこうして振り返ると、母の最期にコメントしたりえのこの言葉は、力強く響いてくる。
(水井多賀子)

最終更新:2016.08.05 06:06

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

りえママ伝説!宮沢りえとたけしや勘三郎との不倫まで“プロデュース”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。プロデュース母子密着水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も
2 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
3 田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
4 大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
5 山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
6 不倫?谷亮子の意外な肉食遍歴
7 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
8 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
13 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
14 菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
15 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
16 自民党がネトサポに他党叩きを指南
17 菅首相が“コロナ会見中止は山田内閣広報官隠し”と追及され逆ギレ!
18 セカオワSaoriの壮絶いじめ体験
19 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
20 不具合放置のCOCOAに政府が4億円支出 受注したパーソルに中抜き疑惑も
1年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
2福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
3 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
4菅政権のデジタル化のポンコツ暴露も、さらに五輪観客用アプリに73億円
5丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
6菅首相が“コロナ会見中止は山田内閣広報官隠し”と追及され逆ギレ!
7山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
8菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
9大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
10 菅政権がワクチン特殊注射器8000万本を韓国に購入要請でネトウヨが激怒
11五輪組織委会長の橋本聖子が高橋大輔の他にセクハラ 池江璃花子の白血病でも
12田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
13 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
14『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
15菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄