りえママ伝説!宮沢りえとたけしや勘三郎との不倫まで“プロデュース”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
miyazawarie_01_140926.jpg
宮沢りえ写真集『Santa Fe』(朝日出版社)

 宮沢りえの母で、“りえママ”と呼ばれてきた宮沢光子さんが、今月23日に亡くなっていたことが発表された。強烈なステージママとして有名だった光子さんだったが、そんな母の死に際し、「最期に、生きるということの美しさと、凄まじさと、その価値を教えてもらいました」とコメントしたりえ。出演中の舞台に穴を空けることもなく気丈に振る舞う姿には「大女優の貫禄」との声も挙がっている。

 そもそも、女優・宮沢りえの軌跡は“りえママ”抜きには語れない。11歳でデビューする以前は、母自ら六本木に娘を連れ出しては業界関係者に売り込み、デビュー後も16歳のりえに“ふんどしルック”のカレンダーをプロデュース。さらに人気絶頂だった18歳のときにヘアヌード写真集を出版するなど、世間の度肝を抜いてきた。

 そんな“話題づくり”に長けたりえママだったが、そのプロデュースは恋愛にまで及んだ。19歳のりえが貴乃花(当時、貴花田)と婚約を発表したのも「りえママ戦略の一環」といわれているが、婚約破棄後のスキャンダルにも、りえママの影がつきまとっていた。その最たる例が、ビートたけしとの“不倫”疑惑だ。

 当時、りえはCMや映画でたけしと共演し、1992年に発表したシングル「心から好き」の作詞をたけしが務めたほど。年齢も離れた、意外な組み合わせだっただけに、これもりえママが仕掛けた、たんなる話題性を狙った作戦のように世間は見ていた。だが、光子さんは本気だった。というのも、りえママは自身のエッセイで、2人になんと“早くセックスしろ”と急かしていたのだ。

 その驚くべき提言は、93年に光子さんが雑誌「DENIM」(小学館、廃刊)に連載していたエッセイで行われた。まず、光子さんは、〈もう誰もが知っていることだけど、りえの現在の恋人はたけし氏だ。一応、彼女は相当にお熱で、たけし氏もりえのことが好きみたいで、だからつきあっている〉と宣言。ちなみに、当時すでにたけしは既婚者であり、子ももうけている身であることは誰もが知っていた。「つきあっている」と書くことは、2人は不倫関係にあると母親が公言しているということになる。

 これだけでも充分インパクトは大きいが、りえママはさらに〈けれども私から見れば、2人はまるでオママゴトみたいな恋愛ごっこで歯がゆいばかり〉とつづけ、2人の“不倫”にダメ出しをする。

〈聞けば、たけし氏とりえはキスさえもまだみたいなのだ。男と女が好き合って、それがキスやセックスというカタチで求め合うのであれば、それは当然の行為で自然の営みだと私は思う。逆に、そうしないほうが異常なんじゃないのかしら〉

 そして、〈何もないというのは不自然〉と言い切り、最後には〈2人でさっさとすませてしまえばいいのにと思っている〉というのだ。

 不倫を公認し、20歳になったばかりの娘にさっさとセックスすべきと諭す母……一部では、たけしが宿泊していたホテルの部屋にりえが「ママに言われてきた」とやってきて、ビビったたけしがそれを追い返したという噂や、実際に不倫関係になったという噂も語られてきたが、この光子さんのエッセイを読むと、あながち嘘とは思えない話である。

 また、たけしの次にりえママがターゲットに選んだのが、歌舞伎俳優の中村勘三郎(当時は勘九郞)だ。りえは94年に勘三郎と京都のホテルで不倫密会の上、自殺未遂騒動を起こし、またしても世間を騒がせたが、しかしこの勘九郞との交際も、りえママ公認のものだった。

 貴乃花にビートたけし、そして勘三郎──りえママが業界の大物に目をつけ、話題づくりのためにりえと交際させた。当時のマスコミは、こんなふうにりえのスキャンダルを報じていた。すべては、りえママの戦略なのだ、と。

 だが、前述のセックスを勧めるエッセイを読めばわかるように、話題づくりというには、りえママの行動はあまりにも過激すぎる。むしろ、りえママは話題づくりよりも、娘に自分の“願望”を託していたようにも思えるのだ。

 近年、“毒親”が話題を呼び、なかでも「母の重たさ」と感じている娘の存在がクローズアップされている。そうした“母が重い”娘たちが訴えるのは、母の娘に対する過干渉だ。自分の理想を娘に押しつけ、あらゆることに口を挟んでくる母。そして、自分の思い通りにならないと、母は娘を強く叱りつける。実際、りえの場合は自殺未遂騒動のころにハーフのモデルと“無断交際”をしており、それを知った光子さんは、りえを「烈火のごとく叱り飛ばし、平手打ち」したという(小学館「女性セブン」95年10月5日号)。

 娘が選んだ相手との恋愛は決して許さず、たとえ不倫であっても自分の選んだ男性との交際にこだわった母。りえママがりえとたけしとのセックスに異常に固執し、勘三郎との関係を後押ししたのは、芸能界でセンセーショナルな存在として話題を振りまきたい、大物とのつながりをもちたいなどの計算ももちろんあっただろうが、それ以上にりえママ自身が彼らのことを“好き”だったのではないか。そう、一連のりえのスキャンダルは、自分の欲望を娘に託した“毒親”的行動によって引き起こされていたのではないだろうか。

 ご存じのように、りえは長く摂食障害に苦しんできたが、それも母子関係が原因だったと見られている。マスコミは光子さんのステージママぶりを「母子一体」「一卵性親子」と表現してきたが、その呪縛から解き放たれたからこそ、さまざまなスキャンダルや苦難を乗り越え、りえは女優として再起できたのだろう。

「私は、役者として、母として、女として、惜しみなく生きようと思います」──母子2人の歩みをこうして振り返ると、母の最期にコメントしたりえのこの言葉は、力強く響いてくる。
(水井多賀子)

最終更新:2016.08.05 06:06

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

りえママ伝説!宮沢りえとたけしや勘三郎との不倫まで“プロデュース”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。プロデュース母子密着水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
2 統計不正で厚労省課長が「官邸関係者」明記の圧力メール
3 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
4 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
5 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
6 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
7 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
8 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
9 どの口で?田母神らが「左翼は金で動員」
10 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
11 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
12 “安倍チル魔の3回生”田畑毅議員を被害女性が刑事告訴!
13 グッディ!土田マジギレ真の原因
14 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
15 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
16 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
17 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言
18 安倍首相にマッチョ批判
19 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
20 片山さつきが坂上忍に批判された
1 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
2 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
4 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
5 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
6 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
7 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
8 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
9 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
14 フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
15 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
16 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
17 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
18 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19 辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
20 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄