>  >  > 福島の検診縮小をノーベル賞学者が批判

福島の子ども甲状腺がん検診「縮小」にノーベル賞の益川教授らが怒りの反論! 一方、縮小派のバックには日本財団

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
masukawa_01_161226.jpg
『僕はこうして科学者になった 益川敏英自伝』(文藝春秋)より

「甲状腺検診は「自主参加」による縮小でなく、拡大・充実すべきです」

福島県で増え続ける子どもたちの甲状腺がんについて、12月20日、ノーベル賞受賞者の益川敏英氏や、物理学者の沢田昭二・名古屋大学名誉教授らが福島県にこんな緊急の申し入れを行った。

 本サイトでも何度も指摘しているが、福島原発事故以降、深刻さを増していのが健康被害、特に福島県の子どもたちの甲状腺がんの多発だ。今年9月に公表された 「福島県民調査報告書」によると、福島県の小児甲状腺がん及び疑いの子どもたちが前回より2人増えて合計174人と膨大な人数となっている。こうした発表が出るたびに、増え続ける甲状腺がんの子どもたち──。

 しかし政府や有識者会議、電力会社は「被曝の影響は考えにくい」などと非科学的態度、抗弁を続けている。しかも、現在、福島では子どもたちの甲状腺検査を縮小しようという異常な事態が進んでいるのだ。

 こうした動きに危機感を持ち、立ち上がったのが益川氏らだったのだが、提言は当然だろう。

 そもそも縮小の動きが明らかになったのは今年8月、地元紙福島民友に掲載された「県民健康調査検討委員会」の星北斗座長のインタビューだった。星氏はここで、甲状腺検査の対象者縮小や検査方法の見直しを視野に入れた議論を検討委で始める方針を示したのだ。星氏といえば、これまでも「現時点では福島で見つかった甲状腺がんは原発事故の影響とは考えにくい」などとその因果関係を否定してきた人物だが、さらにこれに同調するように、9月には福島県の小児科医会が、検査規模の縮小を含めた検査のあり方を再検討するよう県に要望を行っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
2 金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
3 木村拓哉帰国でJがトンデモ情報操作
4 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
5 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
6 共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
7 『めちゃイケ』にジャニーズの圧力
8 安倍が「云々」を「でんでん」と読み恥
9 国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
10 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
11 宮根が能年玲奈を「ルール違反」と攻撃
12 レプロと幸福の科学、どっちが“ブラック”?
13 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
14 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
15 創価学会信者・長井秀和がタブーに言及
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 昭恵夫人が“愛国小学校”名誉校長に
18 アパ代表「ユダヤ陰謀論」
19 しのぶとさんまが戦争政策を真っ向批判
20 関東連合元幹部がIT長者の素顔を暴露
PR
PR
1「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
2安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
3保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
4「おしどりマコ」の原発取材
5稲田が憲法違反隠すため嘘ついたと白状
6国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
7共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
8安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
9安倍はトランプにFTAを要求されてた
10稲田の憲法蹂躙発言に国会前抗議デモ
11山崎まさよしの憲法9条の歌とは?
12安倍とトランプが反マスコミで意気投合
13南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
14室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方
15ゴルフめぐり安倍とトランプ嘘つき合戦
16米山新潟知事が語った共謀罪と原発
17安倍もうひとりの祖父の物語
18アパ代表「ユダヤ陰謀論」
19厚切りジェイソンが“日本スゴい”批判
20国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」