>  >  > 小栗旬が芸能界を痛烈に批判

「殺されるかも」小栗旬が親友・鈴木亮平に洩らした“芸能界批判”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oguri_140903.jpg
映画『ルパン三世』公式HP・キャスト紹介より


 8月30日に封切られた、小栗旬主演の映画『ルパン三世』が、予想通りの賛否を巻き起こしている。ネット上では酷評も数多いが、逆に“怖いもの見たさ”ゆえか、客足は順調なようだ。

 小栗といえば、プライベートでは山田優との結婚後も浮気疑惑が報道されるなど数々の浮き名を流してきたが、演技に対しては一家言ある人物として有名。そんな小栗が、日本の芸能界に対して過激な“批判”を行い、一部で話題を呼んでいる。

「僕らの同世代でも上の世代でも「この人、何も考えてないのによく生き残ったな」っていう人はいますから。事務所の力もありますし」
「例えば「映画にしか出ない」とか言ってる人が、コンサバなテレビコマーシャルに出ているのを見ると、「話が違くね?」って思ったりするんですよ。「金もらったらコンサバなテレビコマーシャルに出るのに、テレビドラマは下に見るんだ。意味わかんねえ」って」

 ──多くの芸能人を敵に回してしまいそうな、強烈な本音の数々。第一線で活躍する若手俳優がここまで突っこんだ発言をするのは、日本の芸能界では稀である。

 この発言は、「クイック・ジャパン」(太田出版)vol.115におさめられたインタビューで、小栗の親友であり『花子とアン』(NHK)でブレイクを果たした鈴木亮平との対談でのこと。しかし、なぜ小栗はこうした批判を繰り広げているのか……。そこには、現状の芸能界への苛立ちがあるようだ。

 たとえば、小栗は“いい作品”をつくるためにも、俳優の労働条件を改善するべく、俳優のための労働組合づくりを構想しており、「ぼちぼち本格的にやるべきだなと思っています」と語っている。アメリカにはSAG-AFTRAといった役者のための組合があるが、日本ではこれに匹敵するような大規模な組合はない。小栗は、あえて自分がその“旗振り役”になろうと考えているようなのだが、「みんなけっこう、いざとなると乗ってくれないんですよ」と落胆ぎみ。そして、“のってくれない”理由を、小栗はこのように分析する。

「たぶん傷つきたくないからだと思うし、今の自分の立場を失いたくないからだと思う。その気持はわかるけど、「意外と口先だけで覚悟がねえんだな」って思うことは多いし、ちょっと悲しくなりますね。僕はどこかで、無理してまでこの世界に生き残っていたいとも思ってないんですよね。だからこそ、変えるしかないじゃんと思ってる」

 さらに小栗は、こんな物騒な発言も行っている。

「ここのところはちょっとね、負け始めてます」「組織に。やっぱり組織ってとてつもなくでかいから、「自分は誰かに殺されるかもしれない」くらいの覚悟で戦わないと、日本の芸能界を変えるのは相当難しいっすね」

 どうして組合をつくろうとすると、俳優が“傷つき”“立場を失って”しまうのか。そして“誰かに殺されるかもしれない”とさえ覚悟しないといけないのか──。

この記事に関する本・雑誌

クイック・ジャパン vol.115

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
2 安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
3 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
4 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
5 能年玲奈に前事務所が「本名、使うな」
6 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
7 瀬戸内寂聴がさらに激烈安倍批判
8 鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
9 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
10 小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
11 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
12 SHELLYがネトウヨに堂々反撃
13 小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
14 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
15 自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
16 天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
17 芥川賞村田沙耶香の問題作『殺人出産』
18 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
19 大橋巨泉が遺言で安倍晋三を痛烈批判!
20 復帰の能年玲奈に事務所が妨害工作
PR
PR
1天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
2石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
3生前の永六輔が自民改憲草案を痛烈批判
4安倍が膳場や池上にもらした改憲の本音
5それでも石田純一の勇気を讃えよ!
6参院選“改憲隠し”はテレビも同罪!
7米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
8鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
9日本会議会長が「軍隊つくる」、安倍も
10安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
11安倍の御用TVが早速「改憲は必要」
12小池百合子は“女性の味方”じゃない!
13 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
14「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
15小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
16自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
17大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
18小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
19自民が新聞・テレビに違法広告ゴリ押し
20選挙特番がボツにした日本会議のテープ
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」