>  >  > ついに村上春樹が原発反対を表明!

村上春樹が原発推進派を徹底論破! 15万人の人生を踏みつける“効率”に何の意味がある?

【この記事のキーワード】, ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
murakamiharuki_01_150423.jpg
村上春樹公式USサイト「www.harukimurakami.com」より


 村上春樹が原発反対の意志を明確にし、大きな話題を呼んでいる。

 村上は昨年、ネット上で読者の質問に答える期間限定サイト「村上さんのところ」を開設したのだが、そこに寄せられたある質問メールに対する村上の回答が大論争となっているのだ。

 メールの主は38歳の男性。「原発NO!に疑問を持っています」と題して、村上にこのような質問をぶつけた。

「私自身は原発についてどう自分の中で消化してよいか未だにわかりません。親友を亡くしたり自分自身もけがをしたり他人にさせたりした車社会のほうが、身に迫る危険性でいえばよっぽどあります。(年間コンスタントに事故で5000人近くが亡くなっているわけですし)」
「この先スーパーエネルギーが発見されて、原発よりも超効率がいいけど超危険、なんてエネルギーが出たら、それは止めてせめて原発にしようよなんて議論になりそうな、相対的な問題にしかどうしても思えないのですがどうでしょうか……」

 いやもう聞き飽きた、このセリフ。この質問者の疑問は、福島原発事故以降、百田尚樹、ホリエモン、ビートたけし、池田信夫、町村信孝前衆院議長、ミキハウス社長……原発推進派の人間たちがしょっちゅう持ち出してくる論理、いや、へ理屈の典型だ。「原発事故で死者は出ていない」「交通事故の死者のほうが多いから、原発のリスクは自動車のリスクより小さい」「毎年数千人の死者を出している自動車を廃止せよとは誰も言わないじゃないか」……。

 しかし、この一見もっともらしい“へ理屈”に対して、村上は丁寧に反論している。

 まず交通事故死についても対策が必要と前置きしたうえで、〈しかし福島の原発(核発電所)の事故によって、故郷の地を立ち退かなくてはならなかった人々の数はおおよそ15万人です。桁が違います〉と、原発事故の被害の大きさをあらためて指摘。

 つづけて「死者が出ていないからたいしたことない」という論理に疑問を投げかける。

〈もしあなたのご家族が突然の政府の通達で「明日から家を捨ててよそに移ってください」と言われたらどうしますか? そのことを少し考えてみてください。原発(核発電所)を認めるか認めないかというのは、国家の基幹と人間性の尊厳に関わる包括的な問題なのです。基本的に単発性の交通事故とは少し話が違います。そして福島の悲劇は、核発の再稼働を止めなければ、またどこかで起こりかねない構造的な状況なのです。〉

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アンダ-グラウンド

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍がサミットで伊勢神宮訪問ゴリ押し
2 竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
3 小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
4 橋下徹が沖縄米軍の事件で女性差別発言
5 上原亜衣は? AV女優の引退後
6 指原が東大美女ツアーでオヤジ発言
7 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
8 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
9 舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
10 キムタク最大のタブーとは?
11 能年玲奈は独立できるか?飼い殺しも
12 明石家さんまが東京五輪開催を批判!
13 大森靖子「小6のときレイプされて」
14 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
15 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
16 林真理子がなんとキムタク批判!
17 SMAPを殺したのはキムタク
18 『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
19 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
20 沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
PR
PR
1明石家さんまが東京五輪開催を批判!
2東京五輪招致裏金に電通が関与と英紙
3沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
4高市早苗が政治資金不正で刑事告発!
5『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
6東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
7創価学会で反安倍、反執行部クーデター
8大企業と富裕層に優しい安倍政権の税制
9安倍首相がまた「私は立法府の長」発言
10高樹沙耶の大麻解禁公約は間違ってない
11木村太郎のパナマ文書企業擁護がヒドい
12沖縄事件で暴言!報ステ後藤謙次の正体
13小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
14山本太郎「日本会議に負けるな」
15次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
16舛添問題で石原良純が挙動不審に!
17安倍の母が過保護発言、昭恵夫人に嫌味
18日本が加害者の戦争映画は作れない?
19竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
20舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」