村上春樹が原発推進派を徹底論破! 15万人の人生を踏みつける“効率”に何の意味がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 さらに、原発再稼動肯定派が大義名分とする「効率」という言葉について、こう問いかける。

〈効率っていったい何でしょう? 15万の人々の人生を踏みつけ、ないがしろにするような効率に、どのような意味があるのでしょうか? それを「相対的な問題」として切り捨ててしまえるものでしょうか? というのが僕の意見です。〉

 実は、村上は以前にも海外で、この「効率」という観点について、反対意見を表明したことがあった。それは2011年6月9日、スペインのカタルーニャ国際賞授賞式で行われたスピーチでのこと。村上は東日本大震災と原発事故に触れてこう言った。

〈(福島原発の事故は)我々日本人が歴史上体験する、(広島・長崎の原爆投下に次ぐ)二度目の大きな核の被害です。しかし今回は誰かに爆弾を落とされたわけではありません。私たち日本人自身がそのお膳立てをし、自らの手で過ちを犯し、自らの国土を損ない、自らの生活を破壊しているのです。
 どうしてそんなことになったのでしょう?(略)答えは簡単です。「効率」です。efficiencyです。原子炉は効率が良い発電システムであると、電力会社は主張します。つまり利益が上がるシステムであるわけです。また日本政府は、とくにオイルショック以降、原油供給の安定性に疑問を抱き、原子力発電を国の政策として推し進めるようになりました。電力会社は膨大な金を宣伝費としてばらまき、メディアを買収し、原子力発電はどこまでも安全だという幻想を国民に植え付けてきました(略)。
 まず既成事実がつくられました。原子力発電に危惧を抱く人々に対しては「じゃああなたは電気が足りなくなってもいいんですね。夏場にエアコンが使えなくてもいいんですね」という脅しが向けられます。原発に疑問を呈する人々には、「非現実的な夢想家」というレッテルが貼られていきます。
 そのようにして私たちはここにいます。安全で効率的であったはずの原子炉は、今や地獄の蓋を開けたような惨状を呈しています。〉

 ここには、春樹文学のひとつの特徴と言われるもったいぶったレトリックや気の効いた比喩は皆無だ。当時、このスピーチは国内でも大きく報道されたが、「政治家らが曖昧な説明しかしないなか公人としての貴重な発言」と評価する者もいた一方、「海外でなく日本国内で言ってほしい」と物足りなさを感じた向きも多かったことは記憶に新しい。

 しかし、もともと、村上春樹といえば、社会や政治などの“巨大なシステム”と距離を置こうとする主人公を作品のなかで描いてきた作家だった。団塊の世代でありながら同世代の作家たちとは一線を画し、学生運動や政治からは一貫して距離をとっていた。デビューから1980年代までの彼の作品は、文芸評論家などから「デタッチメント(かかわろうとしない)」文学とも呼ばれていた。ご存知のとおり、村上が社会的出来事を作品のなかに反映させ始めたのは、1995年阪神淡路大震災、オウム地下鉄サリン事件などが相次いでからである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アンダ-グラウンド

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

村上春樹が原発推進派を徹底論破! 15万人の人生を踏みつける“効率”に何の意味がある?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。原発文学村上春樹酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 麻生太郎財務相がまた「医療費の税負担あほらしい」と暴言
2 百田尚樹が村本とのバトルで「安倍が噂真を廃刊に追い込んだ」デマ
3 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
4 ブリーフ判事“厳しすぎる懲戒処分”の原因は安倍政権批判か
5 南青山の児相反対と『月曜から夜ふかし』の地域差別ネタ
6 鶴瓶が安保法制と安倍政権にNOを
7 東京五輪“総動員”体制に早大生が痛烈パロディ
8 タイ洞窟少年にまで自己責任バッシングする日本
9 美智子皇后の誕生日談話「マクワウリ」に隠された意図が?
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 櫻井よしこ、竹田恒泰の森友講演料は?
12 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
13 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
14 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
15 沢田研二が歌い続ける反原発、憲法9条
16 トランプ差別発言に有本香と玉川徹が
17 酒離れは格差社会のせいだった!
18 麻生、松本、百田の被害者ハニトラ攻撃を論破
19 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
20 片山さつきの訴訟恫喝に非難殺到 
1櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
2籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
3 沢田研二が歌い続ける反原発、憲法9条
4本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
5百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
6美智子皇后の誕生日談話「マクワウリ」に隠された意図が?
7安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
8 片山さつき大臣に国税への100万円口利き疑惑が浮上
9片山さつきの訴訟恫喝に非難殺到 
10民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
11茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
12麻生太郎財務相がまた「医療費の税負担あほらしい」と暴言
13ブリーフ判事“厳しすぎる懲戒処分”の原因は安倍政権批判か
14稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
15南青山の児相反対と『月曜から夜ふかし』の地域差別ネタ
16テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
17フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
18新文科事務次官は前川喜平に“口封じ”画策していた
19 百田尚樹が村本とのバトルで「安倍が噂真を廃刊に追い込んだ」デマ
20『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄