慶應幼稚舎に金で入るにはいくらかかる? コネ入学者の割合は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
keiouyoutchisha_01_140722.jpg
『慶應幼稚舎と慶應横浜初等部』(朝日新書)

 秋元康、郷ひろみ、清原和博、松岡修三──。これら著名人の共通項が何かお分かりだろうか。そう、お受験の最高峰といわれる慶應義塾幼稚舎に子息を入学させた面々だ。慶應義塾大学の付属小学校である慶應幼稚舎は、そのユニークで自由な教育方針、強固なブランド力で、お受験ママから絶大な人気を誇る小学校である。

 そんな慶應幼稚舎に変化が起きたのは2013年4月のことだった。同じ付属小学校として慶應義塾横浜初等部が新設されたのだ。しかも、創立早々、本家・慶應幼稚舎を凌ぐほどの人気学校となっている。

 いったいこの2つの付属小学校はどんな学校なのか。どういう差があるのか。そして、お受験にまつわるあの噂は本当なのか?

 幼児教室「アンテナ・プレスクール」校長で、お受験界のカリスマといわれる石井至氏が著した『慶應幼稚舎と慶應横浜初等部』(朝日新書)には、2つの付属小学校にまつわる驚くべき裏話が暴かれていた。

 その前にまず、両校の教学内容を紹介しておこう。小中一環の慶應幼稚舎はかなり“特殊”である。6年間クラス替えがなく担当教諭も同じ、しかも担当によってクラスの運営方法が違う。さらに教育方針は「勉強は強制しないし、勉強は家庭の責任」という自己責任だ。だが「児童一人ひとりの興味の方向と程度に応じて、ぴったりの教育を与えてくれる」、個性を伸ばす自由闊達な方針だといっていい。

 一方の横浜初等部はそれとは正反対といっていいものだ。それは「学校で勉強はしっかり教える」ということ。これは当たり前のように聞こえるが、慶應幼稚舎がそうではないので、大きな特徴になる。幼稚舎は勉強を熱心に教えないが、横浜は勉強重視ということらしい。また中学はなくて小学校オンリーだが、2年ごとにクラス替えをするし担当も変わる。当然、お受験の内容も、慶應稚舎は体操や行動観察がメインになるが、横浜の方が“お勉強色”が強くなる。授業料は慶応幼稚舎の初年度約154万円に対して約186万円と、横浜初等部のほうが割高だが、それでも人気があるのはこの勉強重視という方針ゆえだろう。

 さて、幼稚舎か横浜初等部か、あなたは子どもをどっちに行かせる? なんていう夢を見てもらうために、この本を紹介しているわけではない。本書を読むと、幼稚舎だろうが、横浜だろうが、そんなものは所詮、庶民にとって手の届かない存在であることがよくわかる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

慶應幼稚舎と慶應横浜初等部 (朝日新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

慶應幼稚舎に金で入るにはいくらかかる? コネ入学者の割合は?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。お受験慶應の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画