BiSを殺したのは誰だ? 崩壊のきっかけは全裸パフォーマンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
biskaisan_01_140707.jpg
『BiStory〜アイドルを殺したのは誰?』(エムオン・エンタテインメント)

 カルト的な人気を誇ってきたアイドルグループ・BiS(新生アイドル研究会)が明日7月8日、横浜アリーナでのラストライブ『BiSなりの武道館』をもって解散する。横浜アリーナなのに武道館というタイトルもまたBiSらしいが、そのことは後述するとして、最近のBiSは、これまでのキワモノ的な扱いにとどまらない高い注目と評価を集めていた。
 
 春のツアーのチケットはほぼ全ての公演がソールドアウト。ラストシングル「FiNAL DANCE/nerve」は過去最高位であるオリコンウィークリー4位を記録。日本のロック・パンクシーンを代表するプロデューサー陣による楽曲提供や、ノイズバンド「非常階段」との合体ユニット活動などで音楽ファンからも高い評価を得て、ヌードなどの過激なパフォーマンスでサブカル方面の話題も独占。芸能人・業界関係者の中にもBiSのファンが急増中だった。

 そんなさなかの解散である。BiS側は“結成当初から解散を目標としていた”というが、このタイミングでの解散はあまりにもったいない気がする。だが意外な事に、コアなファンの間では「とにかくみんな疲れきっているから、いい潮時」という意見が多い。

 少し前、テレビ番組でメンバーの一人が解散理由を問われて「疲れちゃったんですよね」と漏らしたことがあったが、たしかに、メンバーは相当に疲弊しているようだ。ラジオ番組で“まだ解散を覆せるのでは?”とファンから質問を受けたときも「偉い人が決めるけど、見る限り、偉い人もやめたがっている」と回答しており、スタッフ・運営側も消耗気味であることがうかがい知れる。

 疲弊の原因はなんといっても、その活動の過激さだろう。BiSは元々予算がゼロで始まったグループであり、曲を聴いてもらう術が無かった。そこで注目を集めるため、アイドルとは思えない過激な活動を行うようになる。

 BiSのMVにはそんな活動方針が顕著に現れている。曲を聴いてもらえない状況を打破するため、文字通りメンバーがひと肌脱ぎ、全裸で樹海を疾走する「My Ixxx」のMVは、Youtubeでたったの1週間で約30万回再生された。続く「primal.」では、全裸のその先である内視鏡で体内を公開。その後もスクール水着、血だらけ、スキンヘッド、援助交際など、過激なモチーフのMVは少なくない。

 MVに限った話ではない。ももいろクローバーZのリリースイベントに便乗し、コスプレ姿でゲリラライブ、そのままももクロの乗る街宣車へ奇襲を仕掛ける。ウソの路線変更を発表してファンをだます。運営が「メンバーに3時間家政婦をしてもらう権利」を勝手にYahoo!オークションに出品するなど、もはやなんでもありの様相を呈していた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

BiStory アイドルを殺したのは誰?

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

BiSを殺したのは誰だ? 崩壊のきっかけは全裸パフォーマンスのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。BiS解散の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画