BiSを殺したのは誰だ? 崩壊のきっかけは全裸パフォーマンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 そんなBiSの活動はメディアやファンの間で賛否両論を巻き起こしたが、内部でも相当な軋轢を生んだ。BiSのメンバーは現在6名だが、これまでに5名もの脱退者を出している。結成から4年にも満たないグループとしては異常な数字だが、その過激な活動内容が脱退理由となったメンバーも多い。中でもテラシマユフ (現・寺嶋由芙)の脱退は象徴的であった。

 テラシマユフの脱退理由は“活動を続ける上での悩みからの体調不良”だったが、きっかけは「My Ixxx」に続く全裸MV「ASH」をめぐる問題だった。全裸でのMVを経験していない途中加入メンバーは、全裸出演を拒否。MVにはプー・ルイのみが全裸出演し、最近のBiSについて「サークル化している」などの批判を展開し、その結果、メンバー内抗争が勃発する。この抗争は運営の手によって“目に見えて仲が悪そうな”オリジナルメンバーのプー・ルイ、そして途中加入メンバーのテラシマユフの決戦として描かれ、最終的にはその討論の場がトークイベントとして設けられるほどの騒動となった。

 そんな心情がうかがえる書籍が『BiStory〜アイドルを殺したのは誰?』(BiS著/エムオン・エンタテインメント)だ。この本には、プー・ルイがマネージャーに宛てた1000日分の「報告メール」がそのまま収録されているのだが、そこからは、テラシマユフとの溝が深まり、修復不可能となっていく様がはっきりとうかがえる。テラシマユフがプー・ルイのことを「考えるだけで過呼吸」になり、トーク中に倒れるなど活動に支障をきたしていることを報告。プー・ルイは逆に彼女のことを皮肉たっぷりに「ゆふさま」と呼び、「本当に本当に大嫌いです」とまで綴っている。

 しかも、BiSの運営はこの対立を煽り、最終的には新リーダーをファンに投票させ決定するという計画まで進めていた。結局この計画は実施されずマネージャーの謝罪で幕を引いたものの、このようなメンバー間で生じた揉め事・脱退劇までをもエンタテイメントにしようとする運営の姿勢がメンバーの疲弊にさらなる拍車をかけたのは間違いないだろう。

 当然ながら、こうしたことが積み重なって、運営との対立も深まっていた。前述の『BiStory』には、プー・ルイがマネージャーに対して「消えてください メンバーのこと考えなさすぎですよね……死んで下さい」とディスるメールも収録されているし、2月の仙台公演のバックステージでは、全裸になってのダイブを強要した映像監督にメンバーが泣きわめきながらつかみかかる事件も起きた。

 いつしかメンバーは、自分達を都合よく扱おうとする運営や関係者のことを「大人」と呼ぶようになり、ヒラノノゾミは問題の仙台公演で、脱退したメンバーに触れて“大人なんかもう信用できなくなっちゃった”とファンに告白。カミヤサキもインタビューでこの事件をきっかけに「大人のいいなりにはならないと決めた」と宣言した。これまでの仕組まれた内紛などではなく、「大人」とメンバーの間に生まれたほんものの不信感が露呈し、BiSは運営にとってコントロールがほとんどきかない状態になっていったのである。

 しかも、疲弊していたのは、メンバーや運営だけではなかった。解散発表を行ったフリーライブでは、ファンたちが両手を挙げ、万歳を繰り広げるという事態が起きている。普通なら考えられないリアクションだが、実は誰よりもファンたちが疲れきっていたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

BiStory アイドルを殺したのは誰?

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

BiSを殺したのは誰だ? 崩壊のきっかけは全裸パフォーマンスのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。BiS解散の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
2 GoTo強行の安倍政権、専門家の感染拡大予測メールを破棄した東京都
3 村上春樹が『猫を棄てる』で歴史修正主義と対決、父親の凄惨な戦中体験を
4 辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ
5 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 木下優樹菜の「新しい不倫相手」は本当に存在するのか?
8 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
9 電通社員自殺でも弘兼憲史が宴会芸賛美
10 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
11 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
12 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
13 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
14 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
15 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
16 産経の総帥が軍の慰安所関与証言
17 百田尚樹小説の村上春樹揶揄に新潮社が
18 公安庁が沖縄めぐりネトウヨ並み報告書
19 ついに村上春樹が原発反対を表明!
20 キンコメ高橋が法廷で母親の自殺を告白
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
4「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
5安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
6森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
7小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
8GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
9大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
10 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
11 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
12 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
13東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
14吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
15東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
16「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
17「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
18河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
19辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ
20GoTo強行の安倍政権、専門家の感染拡大予測メールを破棄した東京都

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄