表現者ネットワーク(AVAN)代表・川奈まり子インタビュー

強要問題で自主団体を設立した元AV女優が法規制に反論!「権力の介入はAV 業界をさらに危険な場所にする」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kawana_160905_top.jpg
表現者ネットワーク(AVAN)代表の川奈まり子氏

 本サイトでも定期的にお伝えしている「AV出演強要問題」。「グラビアモデル」や「モデル」として芸能プロダクションと契約したはずの女性にAV出演を強要し、女性側がそれを断れば「違約金を払え」「親に請求書を送る」などと脅したうえ出演を余儀なくさせるといった悪質な手口の告発が相次ぎ、「AV出演強要」は大きくクローズアップされるようになった。

 この流れを受け、6月には内閣府が「AV出演強要についての実態把握に努める」との答弁を閣議決定。今後、法整備や公的な審査団体の新たな設立といった動きがあるのではとの報道もあるが、そんななか、元AV女優で現在は作家の川奈まり子氏が、AV出演者の人権を守るための団体「表現者ネットワーク(AVAN)」を立ち上げた。公権力の介入による問題解決では本当の意味でのAV出演者の人権擁護は果たされないとして、自主的にAV出演者の人権を守るために活動をしていくのだという。

 今回、当サイトは川奈氏にインタビューを敢行。社会問題化したAV業界をめぐる問題についてどう考えているのかを聞いた。

──まず、改めて、AVANを立ち上げた経緯を教えてください。

「きっかけは、今年3月に国際人権NGO団体・ヒューマンライツ・ナウ(以下、HRN)がAVへの出演を強要する手口が業界で横行しているとの報告書を発表したことですね。マスコミでも大きく報道され、その報告書の内容には同意できる部分、できない部分、色々ありましたけれど、それをきっかけに、どうしたらAV女優の仕事と人権を守れるか、取り巻く環境がよくなるかを考えたんです。となると、やはり、AV出演者自身でAV出演者の権利を守るための、メーカーやプロダクションからしがらみを受けない同業者団体が必要ではないかと思ったわけです。これまでAV業界ではそういった団体がつくられたことはなかったんですけど、とにかくこれはやらなければ、と。そのためのとっかかりとして、出演者の権利を第一義にした出演者本意の契約書を作成しました。現在は、その契約書を使用するよう、各プロダクションやメーカーに呼びかけています」

──AV出演強要については、法的規制が必要という指摘がありますが、あくまで自主的にルールを設けよう、ということですね。

「私個人の意見ですが、最初から法規制を否定するつもりはないんです。ただ、AV業界の内情をよく知らない人たちが現在進めようとしている動きは、本当の意味でAV女優の人権を守ることにはならない。このまま事態が進んでいけば、AV女優たちは仕事をなくし、かえって人権侵害を受けかねない闇のマーケットに追いやられてしまいます。そうならないためにも、公権力の介入ではなく、まずは業界内部での自主規制をするべきだと考えました。」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

強要問題で自主団体を設立した元AV女優が法規制に反論!「権力の介入はAV 業界をさらに危険な場所にする」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。インタビュー川奈まり子編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
4 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
6 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
7 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
8 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
11 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
12 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
13 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
14 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
15 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
16 新証言!昭恵夫人が籠池夫妻に情報漏洩
17 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
18 神社本庁の田中総長が辞意、原因は不動産不正取引疑惑
19 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
8河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
9高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
12河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
13自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
14安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
15DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄