吉田羊と7連泊のHey! Say! JUMP中島裕翔が痴漢行為で警察沙汰に! でもジャニーズタブーで芸能マスコミは沈黙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakajima_160520_top.jpg
弱い事務所のタレントが起こした不倫はまるで犯罪行為のように叩くが、事務所タブーのあるタレントが起こした警察沙汰はスルーする芸能マスコミの歪んだ構造

 先月、20歳近く年上である吉田羊との「7連泊」熱愛報道でマスコミを賑わせたHey! Say! JUMPの中島裕翔が、今度は泥酔して痴漢行為をはたらき警察沙汰になるという騒動を起こしたと、昨日発売された「週刊文春」(文藝春秋)5月26日号が報じた(外部リンク)。

 中島といえば、ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子副社長が目下イチオシのグループHey! Say! JUMPのメンバーで、7月からはフジテレビのゴールデン帯連ドラで初の単独主演も決まるなど、グループとしても個人としても現在ジャニーズ事務所から猛プッシュされている。そんな売り出し中のアイドルが痴漢騒動を起こしたとは、いったいどういうことなのか。

「文春」によると、「路上で男性に抱きつかれるなどした」と30代の女性会社員から110番通報があり警察が駆けつけたところ、現場にいたのは泥酔状態の中島だった。中島は通報した女性の上半身を触るなどした疑いで任意の事情聴取を受けたという。犯行を裏付ける証拠が見つかっておらず、女性から被害届が出ていないため、「事件化する可能性はほぼない」ということだった。

 しかしこの件に関して、ジャニーズ事務所も「文春」の取材に対して「泥酔下とはいえ、このような事態になりました点について、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。本人も深く反省しております」と回答しており、事務所側も痴漢行為で警察沙汰になったことは事実だと認めている。

 被害届が出されなかったため事件化していないとはいえ、酔っぱらって見知らぬ女性に抱きつくとは立派な痴漢行為だが、それにも関わらず、これを報じたのは今年に入ってスクープラッシュを続けている「文春」のみ。スポーツ紙もワイドショーも後追い報道するメディアはまったくない。「文春」のスクープラッシュの発端ともいえるベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音の不倫騒動などはワイドショーがこぞって後追い報道をしていたが、今回の中島の痴漢騒動に関しては、どのワイドショーでも1秒たりとも取り上げることはなかったのだ。

 ベッキーの不倫を人でも殺したかのようにあれだけ血祭りにしておきながら、なぜ一方で刑事事件の可能性もあった中島の痴漢騒動をスルーするのか。もちろんそこには、やはり大手芸能マスコミの”ジャニーズタブー”があるからだろう。これまでだって、マスコミはジャニーズの起こした数々の不祥事を黙殺してきた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

吉田羊と7連泊のHey! Say! JUMP中島裕翔が痴漢行為で警察沙汰に! でもジャニーズタブーで芸能マスコミは沈黙のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大坂なおみが黒人差別抗議でキレキレ
2 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3 何が「断腸の思い」だ!安倍首相が横田滋さん・早紀江さんにとった冷淡対応
4 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
9 安倍が横田早紀江さんを無視している
10 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
11 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
12 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
13 野村克也氏が巨人、阪神、楽天を両断
14 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
15 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
16 安倍が拉致問題国民大集会を「公務」理由に中座、自宅へ!
17 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
18 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
19 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
20 生活保護カットで他の低所得者も困窮
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
12内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
14NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
15検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17何が「断腸の思い」だ!安倍首相が横田滋さん・早紀江さんにとった冷淡対応
18ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
19木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
20大坂なおみが黒人差別抗議でキレキレ
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄