SMAPキムタク最大のタブーいよいよ解禁か? テレ朝連ドラ初主演が引き金に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kimutaku_01_150216.jpg
木村拓哉(42)の“最大のタブー”がついに!?……

 ついに、あのキムタクがパパ役を解禁──。4月スタートのドラマに木村拓哉が主演することが本日発表された。木村が今回、主演作に選んだのは、1997年から98年にかけて「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載され、2004年にもNHKが時任三郎主演でドラマ化した石坂啓のマンガ『アイ'ム ホーム』だ。このドラマで、木村は証券会社に勤務するサラリーマンを演じる。原作マンガでは銀行マンの設定であるため、「キムタクで『半沢直樹』の二番煎じか」と見られていたが、その点は変更されたようだ。

 木村といえば近年、連続ドラマは年に1本、TBSの「日曜劇場」21時枠かフジテレビの月9をローテーションで主演を張ってきたが、今回はテレビ朝日の木曜21時枠。本来なら今年はTBSの年だが、長年の付き合いがあるTBSを見切って、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』で高視聴率を記録したこの枠に乗り換えた格好だ。裏を返せば、それほど木村は追い込まれているという証拠だろう。

 というのも、昨年の『HERO』(フジテレビ系)は手堅く高視聴率を保持したが、ヒットドラマの続編という過去の栄光にすがったようなもので、最近はずっと不作つづき。『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜』(フジテレビ系/12年)はなんとか平均視聴率20.1%とギリギリ大台を守ったが、『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』(TBS系/13年)は平均12.7%という悲惨な数字を叩きだし、「これでキムタク神話も終わった」と囁かれた。つまり、今回のドラマはキムタクの真価が問われる、絶対に外せない作品なのだ。

 もはや背水の陣の木村だが、TBSを裏切って好調のテレ朝を選んだだけではなく、じつはもうひとつ、大きな賭けにでている。それは、このドラマでこれまで頑として演じてこなかった“ヒューマン路線の父親役”に挑戦するからだ。

 木村は過去に『華麗なる一族』(TBS系/07年)で父親役を演じたことはあるが、とはいえこれは父との確執がメインテーマで、かつ60年代の財閥一族の物語という現実離れした設定だった。しかし、テレ朝のドラマ原作である『アイ'ム ホーム』の主人公はバツイチの子持ちで、かつ再婚相手とのあいだにも一児をもうける男性。「帰るべき家とは何か」を問いかけるホームドラマだ。

『アイ'ム ホーム』の物語を紹介すると、主人公は家路久(いえじ・ひさし)という几帳面な男性。久は5年前に単身赴任先で窓を閉め切って七輪でモチを焼いてしまい、一酸化酸素中毒に。その事故によって、一命を取り留めたものの縞状記憶喪失になってしまう。記憶がとぎれとぎれで、古いことは覚えているが新しい記憶は思い出せない状態だ。そのせいで、一緒に住んでいる妻の顔も息子の顔も能面が張り付いたようにしか見えず、愛情をもてない。

 さらに、現在の妻は再婚相手で、過去には別の女性と結婚し、娘もいる。何らかの事情で前妻と離婚し、いまの妻と結婚したはずなのだが、しかし久にはその理由がまったく思い出せない。そればかりか、離婚した妻と娘こそがほんとうの家族であるような気持ちが抜けずにいるため、うっかり前妻がいまも住む過去の家に帰ってしまったりするのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

SMAPキムタク最大のタブーいよいよ解禁か? テレ朝連ドラ初主演が引き金に…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPサニーうどんジャニーズタブー木村拓哉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「桜を見る会」ケータリングは安倍首相、昭恵夫人のお友達の会社
2 「桜を見る会」で田崎史郎と産経が失笑のスリカエ詐術で安倍擁護
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
5 即位パレードで「雅子さまの足跡」を振り返るマスコミが触れなかった深刻な事件
6 即位パレードで安倍首相が“天皇きどり”で窓を開けお手振り!
7 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
8 即位礼に天皇の「安倍首相への抵抗」を示す招待客が
9 即位パレードで天皇夫妻が通った自民党本部に巨大垂れ幕!
10 嵐メンバーの意外な恋愛事情
11 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第7話
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
13 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
14 安倍首相「桜を見る会」の税金を使った不正が国会で明らかに!
15 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
16 安倍首相の「共産党か」ヤジはネトウヨの常套句
17 『報ステ』小川彩佳降板は政権批判が原因か
18 安倍首相と文大統領の会談写真に産経が「韓国の無断撮影」のイチャモン
19 BTS問題で『ワイドナ』が意外に冷静な姿勢
20 安倍首相「桜を見る会」私物化に会計検査院元職員も「招待範囲を逸脱」
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄