SMAPキムタク最大のタブーいよいよ解禁か? テレ朝連ドラ初主演が引き金に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kimutaku_01_150216.jpg
木村拓哉(42)の“最大のタブー”がついに!?……

 ついに、あのキムタクがパパ役を解禁──。4月スタートのドラマに木村拓哉が主演することが本日発表された。木村が今回、主演作に選んだのは、1997年から98年にかけて「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載され、2004年にもNHKが時任三郎主演でドラマ化した石坂啓のマンガ『アイ'ム ホーム』だ。このドラマで、木村は証券会社に勤務するサラリーマンを演じる。原作マンガでは銀行マンの設定であるため、「キムタクで『半沢直樹』の二番煎じか」と見られていたが、その点は変更されたようだ。

 木村といえば近年、連続ドラマは年に1本、TBSの「日曜劇場」21時枠かフジテレビの月9をローテーションで主演を張ってきたが、今回はテレビ朝日の木曜21時枠。本来なら今年はTBSの年だが、長年の付き合いがあるTBSを見切って、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』で高視聴率を記録したこの枠に乗り換えた格好だ。裏を返せば、それほど木村は追い込まれているという証拠だろう。

 というのも、昨年の『HERO』(フジテレビ系)は手堅く高視聴率を保持したが、ヒットドラマの続編という過去の栄光にすがったようなもので、最近はずっと不作つづき。『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜』(フジテレビ系/12年)はなんとか平均視聴率20.1%とギリギリ大台を守ったが、『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』(TBS系/13年)は平均12.7%という悲惨な数字を叩きだし、「これでキムタク神話も終わった」と囁かれた。つまり、今回のドラマはキムタクの真価が問われる、絶対に外せない作品なのだ。

 もはや背水の陣の木村だが、TBSを裏切って好調のテレ朝を選んだだけではなく、じつはもうひとつ、大きな賭けにでている。それは、このドラマでこれまで頑として演じてこなかった“ヒューマン路線の父親役”に挑戦するからだ。

 木村は過去に『華麗なる一族』(TBS系/07年)で父親役を演じたことはあるが、とはいえこれは父との確執がメインテーマで、かつ60年代の財閥一族の物語という現実離れした設定だった。しかし、テレ朝のドラマ原作である『アイ'ム ホーム』の主人公はバツイチの子持ちで、かつ再婚相手とのあいだにも一児をもうける男性。「帰るべき家とは何か」を問いかけるホームドラマだ。

『アイ'ム ホーム』の物語を紹介すると、主人公は家路久(いえじ・ひさし)という几帳面な男性。久は5年前に単身赴任先で窓を閉め切って七輪でモチを焼いてしまい、一酸化酸素中毒に。その事故によって、一命を取り留めたものの縞状記憶喪失になってしまう。記憶がとぎれとぎれで、古いことは覚えているが新しい記憶は思い出せない状態だ。そのせいで、一緒に住んでいる妻の顔も息子の顔も能面が張り付いたようにしか見えず、愛情をもてない。

 さらに、現在の妻は再婚相手で、過去には別の女性と結婚し、娘もいる。何らかの事情で前妻と離婚し、いまの妻と結婚したはずなのだが、しかし久にはその理由がまったく思い出せない。そればかりか、離婚した妻と娘こそがほんとうの家族であるような気持ちが抜けずにいるため、うっかり前妻がいまも住む過去の家に帰ってしまったりするのだ。

 もちろん、久々に会った中学生の愛娘はよそよそしい。ぼんやりとした記憶しかもたない久は、娘にこう話しかける。「オレは君と仲がよかったような気がしてたんだが、そうじゃなかったのか?」──。久は万事この調子で、読んでいるとなんとも切なくなってくる。

 だが、物語が進むにつれてあきらかになっていくのは、いまは温厚な久が失った記憶である、自分の冷酷な一面だ。親友を裏切り現在の妻を略奪し、不倫関係にあったこと。年老いた両親の面倒は弟に任せきりなのに家業に口だけ挟んで、その後の責任を取りもしなかったこと。仕事上でも取引会社を無惨に切り捨て、倒産に追い込んだこと。そして、前妻と離婚にいたった、あまりに身勝手で冷淡無情な過去の真相も、久は知ることになる。

〈不思議だな。さしたる証拠もないのに、みんな自分の居場所があると信じて、一人で生きていくことができる。どうしてもっと早くに疑ってみなかったのだろう。自分の生き方を。家族との関係を〉

 このモノローグに象徴されるように、作品のテーマは家族との結びつきにある。しかも、それは単純なものではない。愛情をもって接してくる妻と息子に何の感情も抱けず、なぜ家族をつづけなくてはいけないのかと葛藤する久の感情は、伝えることがむずかしいものだ。だが、作者の石坂啓は、妻と息子の顔を感情が読み取れない“能面”として描くことで、読者を久に感情移入させる。この仕掛けを、ドラマでは妻を演じる上戸彩が仮面を被ることで表現するというが、その演出はうまくいくのか。そして、地つづきにある現在の温厚な久と過去の心ない久を、木村は演じ分けられるのか。それこそ堺雅人あたりならハマリ役に違いないが、なんでも自然体演技で乗り切ってきた木村にとっては、大きなハードルになるだろう。

 問題は木村の演技力だけではない。もし、制作者が色気を出して『半沢直樹』ふうに金融マンのエピソードを全面に押しだそうものなら、肝心の物語のテーマは散漫になってしまうだろう。それに、原作の肝所を外さなければ、木村のターニングポイントにもなり得る作品であることは間違いないはずだ。木村は脚本にも事細かに口を挟むことでも有名だが、はたして今回はどう出るのか。長年、タブーとしてきたリアルな父親役に挑むのだから、相当な覚悟があるのだと信じたいが……。
(サニーうどん)

最終更新:2017.12.13 09:29

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

SMAPキムタク最大のタブーいよいよ解禁か? テレ朝連ドラ初主演が引き金に…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPサニーうどんジャニーズタブー木村拓哉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
2 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
5 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
6 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
9 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
12 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
13 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
14 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
15 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
16 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
17 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
18 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
9 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
12 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄