ワタナベエンタ大澤常務のセクハラはなぜ報じられない? 週刊誌も大澤常務と癒着、志らく妻の不倫、闇営業問題でもいいなりに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ワタナベエンタ大澤常務のセクハラはなぜ報じられない? 週刊誌も大澤常務と癒着、志らく妻の不倫、闇営業問題でもいいなりにの画像1
渡辺ミキ社長名で謝罪文を掲載したワタナベテンターテインメント(公式HPより)


 この間、渡部建のゲス不倫報道一色になっているワイドショーやスポーツ紙。しかし、「週刊文春」が渡部のことをスクープした同日に発覚したもうひとつのとんでもない芸能スキャンダルのほうはなぜかまったく報じられていない。

 それは、「文春オンライン」がすっぱ抜いたワタナベエンターテインメント・大澤剛常務による自社タレントへの悪質なセクハラ事件だ(ちなみに「週刊文春」と「文春オンライン」は編集部が全く別で、社内では協力どころかライバル関係にあるらしい)。

 ワタナベエンターテインメント(通称ナベプロ)は老舗大手芸能プロダクション・渡辺プロダクションのタレントマネジメント部門を分社化した組織だが、近年は恵俊彰、立川志らく、林修、ネプチューン、ハライチ、アンガールズ、イモトアヤコなど、数多くの売れっ子タレントを抱え、ワイドショーやバラエティを席巻。以前にも増して勢力を拡大している。

 そんななかで、「事実上、ナベプロを仕切っている大幹部」としてテレビ業界や芸能マスコミ関係者から恐れられていたのが、大澤剛常務だった。

「ナベプロは創業者の渡辺晋さんの娘である渡辺ミキ氏が社長を務めているが、大澤常務は完全にミキさんにつぐナンバー2の存在です。広報担当として、所属タレントのスキャンダル潰しに手腕を発揮したのを買われ、近年ではタレントのプロデュースやマネジメント部門も牛耳るようになった」(スポーツ紙芸能担当記者)

 ところが、この大澤常務がプロデュースする男性アイドルグループのメンバーだったA氏が、大澤常務から性的な行為を迫られていたことを、文春オンラインに告白したのだ。

 興味本位に受け取られかねないので、詳細は控えるが、2019年2月、大澤氏のタワーマンションでキスをされ、目隠し状態で裸の写真を撮られたのを皮切りにわいせつな行為の強要は1年続き、移動中のタクシーや撮影中のスタジオのトイレでもわいせつな行為を強要されたこともあったという。

 A氏が所属するアイドルグループは大澤常務が自らプロデュースしており、メディア出演や振り付け、撮影の立ち位置までツルの一声で左右していたため、A氏は要求にさからえず、応じざるをえなかったと告白している。

 A氏はこうしたセクハラを裏付ける大澤常務のひわいなLINEを「文春オンライン」に提供しており、ほとんど事実と見て間違いないだろう。

 実際、大澤常務自身も「文春オンライン」の取材に「Aの素行が悪いため教育的指導の意味合いがあった。彼から誘ってきた」などと語る一方、キスをしたことなどの事実は認めている。

 また、ワタナベテンターテインメントも、記事がアップされた当日、大澤常務を役員から解任、停職処分とし、自社のHPに渡辺ミキ社長名で以下のような謝罪文をアップした。

〈2020年6月11日に文春オンラインに弊社取締役に関する記事が掲載されたことについて、弊社の取引先、関係者、所属タレント・アーティストのファンの皆様をはじめ、日ごろから弊社を応援してくださっている方々にご心配やご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません。
文春からは6月9日に問い合わせがあり、同日、社内で調査委員会を設置する事を決定し、この件に関する調査を開始しております。現在、事実関係の詳細について確認中ですが、このような記事が公表されたこと自体、弊社が設立以来大切にしていた、お互いに信頼し合い、能力を引き出していくというポリシー、タレントとマネージャーの対等な関係性を損なうものであると認識しています。
調査委員会による調査結果が判明次第、弊社としての正式な処分を下す考えです。〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ワタナベエンタ大澤常務のセクハラはなぜ報じられない? 週刊誌も大澤常務と癒着、志らく妻の不倫、闇営業問題でもいいなりにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。セクハラワタナベエンターテインメント大澤剛文春オンライン時田章広渡部建の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 NHK『NW9』への圧力問題で菅首相が「私は怒ったことがない」と大嘘答弁!
2 竹中平蔵が『朝生』で炎上! 利益相反に大ウソ言い訳、コロナでも暴論
3 安倍晋三が植村隆と櫻井よしこの裁判めぐりデマ投稿!
4 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
5 菅首相が8000万円パーティ、安倍前首相と同じ政治資金報告書不記載、補填疑惑
6 「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
7 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
8 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
9 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
10 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
11 美智子皇后の誕生日談話「マクワウリ」に隠された意図が?
12 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
13 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
14 ANAホテルが安倍首相の答弁を「申し上げた事実ない」と全面否定
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
17 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
18 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
19 菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
20 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
1菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
2大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
3吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
4菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
5コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
6検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
7菅首相が8000万円パーティ、安倍前首相と同じ政治資金報告書不記載、補填疑惑
8安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
9 NHK『NW9』への圧力問題で菅首相が「私は怒ったことがない」と大嘘答弁!
10安倍晋三が植村隆と櫻井よしこの裁判めぐりデマ投稿!
11 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
12「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
13竹中平蔵が『朝生』で炎上! 利益相反に大ウソ言い訳、コロナでも暴論
14『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
15小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
16小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄