ワタナベエンタ大澤常務のセクハラはなぜ報じられない? 週刊誌も大澤常務と癒着、志らく妻の不倫、闇営業問題でもいいなりに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ワタナベエンタ大澤常務のセクハラはなぜ報じられない? 週刊誌も大澤常務と癒着、志らく妻の不倫、闇営業問題でもいいなりにの画像1
渡辺ミキ社長名で謝罪文を掲載したワタナベテンターテインメント(公式HPより)


 この間、渡部建のゲス不倫報道一色になっているワイドショーやスポーツ紙。しかし、「週刊文春」が渡部のことをスクープした同日に発覚したもうひとつのとんでもない芸能スキャンダルのほうはなぜかまったく報じられていない。

 それは、「文春オンライン」がすっぱ抜いたワタナベエンターテインメント・大澤剛常務による自社タレントへの悪質なセクハラ事件だ(ちなみに「週刊文春」と「文春オンライン」は編集部が全く別で、社内では協力どころかライバル関係にあるらしい)。

 ワタナベエンターテインメント(通称ナベプロ)は老舗大手芸能プロダクション・渡辺プロダクションのタレントマネジメント部門を分社化した組織だが、近年は恵俊彰、立川志らく、林修、ネプチューン、ハライチ、アンガールズ、イモトアヤコなど、数多くの売れっ子タレントを抱え、ワイドショーやバラエティを席巻。以前にも増して勢力を拡大している。

 そんななかで、「事実上、ナベプロを仕切っている大幹部」としてテレビ業界や芸能マスコミ関係者から恐れられていたのが、大澤剛常務だった。

「ナベプロは創業者の渡辺晋さんの娘である渡辺ミキ氏が社長を務めているが、大澤常務は完全にミキさんにつぐナンバー2の存在です。広報担当として、所属タレントのスキャンダル潰しに手腕を発揮したのを買われ、近年ではタレントのプロデュースやマネジメント部門も牛耳るようになった」(スポーツ紙芸能担当記者)

 ところが、この大澤常務がプロデュースする男性アイドルグループのメンバーだったA氏が、大澤常務から性的な行為を迫られていたことを、文春オンラインに告白したのだ。

 興味本位に受け取られかねないので、詳細は控えるが、2019年2月、大澤氏のタワーマンションでキスをされ、目隠し状態で裸の写真を撮られたのを皮切りにわいせつな行為の強要は1年続き、移動中のタクシーや撮影中のスタジオのトイレでもわいせつな行為を強要されたこともあったという。

 A氏が所属するアイドルグループは大澤常務が自らプロデュースしており、メディア出演や振り付け、撮影の立ち位置までツルの一声で左右していたため、A氏は要求にさからえず、応じざるをえなかったと告白している。

 A氏はこうしたセクハラを裏付ける大澤常務のひわいなLINEを「文春オンライン」に提供しており、ほとんど事実と見て間違いないだろう。

 実際、大澤常務自身も「文春オンライン」の取材に「Aの素行が悪いため教育的指導の意味合いがあった。彼から誘ってきた」などと語る一方、キスをしたことなどの事実は認めている。

 また、ワタナベテンターテインメントも、記事がアップされた当日、大澤常務を役員から解任、停職処分とし、自社のHPに渡辺ミキ社長名で以下のような謝罪文をアップした。

〈2020年6月11日に文春オンラインに弊社取締役に関する記事が掲載されたことについて、弊社の取引先、関係者、所属タレント・アーティストのファンの皆様をはじめ、日ごろから弊社を応援してくださっている方々にご心配やご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません。
文春からは6月9日に問い合わせがあり、同日、社内で調査委員会を設置する事を決定し、この件に関する調査を開始しております。現在、事実関係の詳細について確認中ですが、このような記事が公表されたこと自体、弊社が設立以来大切にしていた、お互いに信頼し合い、能力を引き出していくというポリシー、タレントとマネージャーの対等な関係性を損なうものであると認識しています。
調査委員会による調査結果が判明次第、弊社としての正式な処分を下す考えです。〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ワタナベエンタ大澤常務のセクハラはなぜ報じられない? 週刊誌も大澤常務と癒着、志らく妻の不倫、闇営業問題でもいいなりにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。セクハラワタナベエンターテインメント大澤剛文春オンライン時田章広渡部建の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 杉田水脈に反省なし!岸田首相が差別政治家を守る理由
2 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
3 大阪・吉村知事「コメ10キロ配布」に非難殺到! 知事・市長選目的
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 自民党がネトサポに他党叩きを指南
6 防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
7 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
8 スピリチュアルのドン・舩井幸雄の罪
9 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
10 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
11 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
12 長澤まさみ『エルピス』脚本家・渡辺あやが抱くマスコミの権力従属への危機感
13 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
14 オリックスDHC買収で「虎ノ門ニュース」に続き「DHC テレビ」も解体か
15 大阪万博が東京五輪と酷似!大阪ワクチン開発者が総合Pで顧問企業が
16 関ジャニ∞は7人なのになぜエイト?
17 玉川徹が21日の番組で不在 菅の弔辞は「銀座の焼き鳥屋」もでっち上げか
18 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
1防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
2 大阪・吉村知事「コメ10キロ配布」に非難殺到! 知事・市長選目的
3 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
4杉田水脈に反省なし!岸田首相が差別政治家を守る理由
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄