AKB卒業の高城亜樹を元所属事務所ナベプロと「週刊女性」がバッシングで、逆に「ツイッター乗っ取り」発表の嘘が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takajoaki_01_160528.jpg
高城亜樹オフィシャルブログより


 高橋みなみがAKB48 卒業早々、15歳年上のIT関連企業に務める男性との熱愛を「女性セブン」(小学館)6月2日号で報じられ話題になったが、もう一人、2月にAKBを卒業し5月1日には所属事務所からの独立を発表したばかりの高城亜樹にも親しい男性との親密デートがツーショット写真付きで報じられている。

 高城の熱愛デートを報じたのは「週刊女性」(主婦と生活社)6月7日号。記事によると5月12日、高城は20代くらいのスーツ姿の男性と都内のカフェに来店、まるで恋人同士のような雰囲気で過ごした後、男性の車に乗って千葉方面に走り去ったという。

 AKB卒業待っていましたとばかりの元AKBメンバーの熱愛発覚だが、たかみなの熱愛は“ラブラブで微笑ましい”トーンなのに比べ、高城の方はといえば過去のスキャンダルを蒸し返し、引退さえ臭わせるネガティブなものだった。

 例えば14年6月にTwitterでプロ野球選手たちと食事をしたことをつぶやき、合コンだと指摘されるや乗っ取り被害を主張したことや、AKB卒業を目前に控えた昨年12月に「週刊文春」(文藝春秋)でJリーグコーチとのお泊まり愛を報じられたことに触れ、2度も恋愛禁止の掟を破ったことでさすがに事務所もかばい切れず、その結果、事務所を辞めざるを得なかったと指摘したのだ。

「もちろん今回のネガティブ記事は、高城がつい先日まで所属していたワタナベエンターテインメントからのリークでしょう。能年玲奈もそうですが大手事務所から独立するとネガティブ記事を書かれるケースはよくあります。なかでもナベプロはこれまでも事務所を独立したタレントに対して、制裁的にスキャンダルやネガティブな情報を流すことで有名ですからね」(ワイドショー関係者)

 加えてナベプロのO取締役は「週刊女性」とは極めて太いパイプがある。たとえば13年に勃発した元モーニング娘。の矢口真里の不倫騒動などその典型例だ。

「この騒動の際、『週女』は夫婦しか知り得ない詳細な情報を何度もスクープしていますが、これは0取締役とのルートといわれています。0取締役は矢口を“浮気した性悪女”として一方的に仕立て、夫だったナベプロ所属の中村昌也を“裏切られた被害者”として最大限売り込もうとしたのです。O取締役は矢口記事に関し『週女』の編集会議にまで同席していたらしいですからね」(週刊誌関係者)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

AKB卒業の高城亜樹を元所属事務所ナベプロと「週刊女性」がバッシングで、逆に「ツイッター乗っ取り」発表の嘘がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪医療崩壊でも吉村知事が緊急事態宣言の要請を遅らせた理由
2 小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性
3 菅と河野が嘯く「ワクチン9月完了を合意」は嘘!実際はファイザーCEOに相手にされず
4 マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言
5 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
6 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
7 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
8 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
9 市川沙耶と熱愛・野島アナに二股の過去
10 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
13 玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングの嘘を批判!
14 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
15 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
16 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
17 佳子内親王の「姉の一個人の希望を」に批判殺到はおかしい
18 稲垣、草なぎ、香取がJタブーをポロリ
19 眞子内親王の婚約者バッシングの裏
20 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
3菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
4名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
5吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
6菅と河野が嘯く「ワクチン9月完了を合意」は嘘!実際はファイザーCEOに相手にされず
7NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
8汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
9菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
10DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
11海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
12マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言
13大阪医療崩壊でも吉村知事が緊急事態宣言の要請を遅らせた理由
14小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄