立川志らく「妻の浮気」が美談になり「ティッシュ買い占め」「弟子への仕打ち」が報道されない理由! 所属のナベプロがメディアに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
立川志らく「妻の浮気」が美談になり「ティッシュ買占め」「弟子への仕打ち」が報道されない理由! 所属のナベプロがメディアに…の画像1
『グッとラック!』で司会を務める立川志らく(番組HPより)


「気持ちは分かるんですよ。マスクがいまだにない、トイレットペーパーもデマでなくなってしまったみたいなね。そういう恐怖が食べ物でもきっと来るんじゃないかっていう気持ちは分かるんだけれど、皆が買いだめせずに普通にしてたら物はなくならないわけなんですよ」

 3月27日の『ひるおび!』(TBS)で、こう語ったのは立川志らく。小池百合子・東京都知事の外出自粛呼びかけ直後からスーパーに買い物客が殺到しているというニュースへのコメントで内容はいたってまともなのだが、やはり笑わずにはいられなかった。

 というのも、志らく師匠、3月4日には『グッとラック!』(TBS)で、トイレットペーパーの買い占めについて、こんな暴論をはいていたからだ。

「そんな爺さん婆さんは昔を思い出して新聞紙でケツ拭けって言いたくなるね。ふた袋買っちゃうとかさ、自分だけよければいいのか、っていう人が多い」

「新聞紙でケツ拭け」から「気持ちはわかるんですよ」へ……。このトーンダウンはもちろん、「週刊文春」(文藝春秋)の第二弾記事のせいだろう。

 3月12日号で志らくの妻と弟子の車中の情事を報じた「週刊文春」だったが、翌週3月19日号でも続報を掲載。妻が志らく主宰劇団の出演俳優とも関係を持っていたことや、妻との関係が発覚した別の元弟子Aへのひどい仕打ち、さらには妻から嫌がらせを受けてやめた女弟子Bの父親の告白などを報じていた。しかも、この記事では、志らくの妻が弟子を連れて、買い物に出かける様子をこうレポートしていたのだ。

〈二月二十八日、酒井(引用者注:志らくの妻のこと)は弟子の一人を連れて、自宅近くのドラッグストアへ。棚にあったティッシュペーパーを三セットずつ抱え、二人は別々に会計。それから隣のスーパーに駆け込んだ。
「トイレットペーパーが品切れしていることに苛立っている様子で、女性が『なんで!? なんで!?』と叫んでいました」(居合わせた客)
 酒井と弟子は足早に自宅に戻ると、今度は車に飛び乗り、コンビニへ。二軒はしごして帰宅した二人の両手には、トイレットペーパーのパックがしっかり握りしめられていた。〉

 上から目線で買い占めを説教しておきながら、実は妻や弟子にトイレットペーパー調達を押し付けていることがすっかりバレてしまった志らく師匠。バツが悪くなったので、急に買い占め行為に理解を示すポーズを見せ始めたということらしい。

 もっとも、テレビでもネットでもこのことをつっこむ声はほとんど皆無だった。というのも、「週刊文春」の続報記事がほとんどどこにも取り上げられておらず、ティッシュやトイレットペーパーの買い占め行為じたいが知られていなかったからだ。

 いや、続報だけではない。そもそも「週刊文春」が第一弾で大々的に報じた志らくの妻と弟子の車中情事や不倫もネットで一瞬、話題になっただけ。ワイドショーは、どの番組も1秒も取り上げず。スポーツ紙もネットニュースでは掲載していたが、紙面には一切掲載しなかった。

 そして、志らくが司会を務める『グッとラック!』で「私は妻のことを信じておりますので、このことで夫婦の絆が壊れることも、離婚することも、一億パーセントございません。かけがえのない妻を世間の目から守る、命がけで守る、それだけでございます」「かみさんは18歳年下で、お酒飲むとわけが分からなくなっちゃうんです。だから、これ以上酒飲むな、弟子にも愛情をかけ過ぎるなと。弟子にも、子どもみたいなものだからと小言を言いました」とコメントすると、「志らくは男気がある」「器が大きい」などといつの間にか美談になってしまった。

 妻のことはともかく弟子については、「週刊文春」が報じたように、妻と関係をもった弟子を一方的に責め立て破門にしたり、妻から嫌がらせを受けた弟子を守らずやめさせたりと、「わが子」とは程遠い扱いなのだが、そんなこともまったく報じられていない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

立川志らく「妻の浮気」が美談になり「ティッシュ買い占め」「弟子への仕打ち」が報道されない理由! 所属のナベプロがメディアに…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひるおび!グッとラック!トイレットペーパーワタナベエンターテインメント本田コッペ立川志らく週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
2 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
3 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
4 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
5 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
6 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
7 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 自民党がネトサポに他党叩きを指南
10 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
11 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
12 ブラック大賞セブンの実態総まとめ!
13 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
14 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
15 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
16 農家の安倍内閣支持率が18%に激減
17 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
18 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
19 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
20 放送法違反は岸井でなく日テレ青山だ
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
6安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
7検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
8安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
9検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
10黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
12検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
13内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
15田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
16テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
18検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
19木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
20岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄