ワタナベエンタ大澤常務のセクハラはなぜ報じられない? 週刊誌も大澤常務と癒着、志らく妻の不倫、闇営業問題でもいいなりに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

自社タレントの中村昌也のために「週刊女性」と組んで矢口真里の不倫バッシング仕掛け

 また、大澤常務は、自社タレントが有利になるよう自らスキャンダル報道を仕掛けることもあったという。その典型が矢口真里の不倫報道だ。

 矢口の不倫が発覚したのは2013年6月、「週刊女性」(主婦と生活社)が掲載した「激震スクープ!矢口真里 夫が目にした衝撃 『2月23日 不倫現場』自宅寝室に知らない男が!」という記事が発端。当時の夫・中村昌也が帰宅すると、矢口と梅田賢三の2人の不倫現場に遭遇してしまったという内容で、これがきっかけで矢口は猛烈なバッシングを受け、芸能活動自粛に追い込まれるのだが、これを仕掛けたのが大澤常務だった。

「当時の夫である中村はワタナベエンターテイメントの所属。中村から相談を受けた大澤常務が、中村のマイナスイメージになるような情報が出る前に先手を打ち、同情を集めて中村を再売り出ししようと、『週女』に情報をリークしたというのが定説になっている。しかも、大澤常務は当時、直々に『週女』の会議に参加していたという噂まで流れた。実際、掲載された情報は当事者の中村でないとわからないものばかりでしたからね」(前出・週刊誌記者)

 ようするに、こういう癒着の構図があったため、今回、ワイドショーだけでなく、スポーツ紙、(文春以外の)週刊誌系のニュースサイトまでが、口をつぐんでしまったのだ。

「というか、大澤常務のタレント私物化、えこひいきは前々から噂になっていました。柏木由紀や志尊淳なども特別可愛がられていましたしね。でも、みんな見て見ぬ振りをしていたんです」(芸能ジャーナリスト)

そういう意味では、テレビやスポーツ紙、週刊誌もこうした芸能界的なセクハラの共犯者といっていいだろう。

 しかも、この癒着の構図の結果、大澤常務はこんなひどいセクハラが発覚しても、しばらくしたら復活するのではないかという見方もある。

「ナベプロは独自の調査委員会を立ち上げて厳正な処分をすると言っていますが、ミキ社長はこれまで汚れ仕事を率先して大澤常務にやらせてきた。このまま切り捨てたらら、これまでの暗部を暴かれかねないですから、完全にクビにするということはないでしょう。メディアもいまの調子だと問題にすることはない。そのうち、こっそり幹部に戻るという可能性も十分ある」(前出・芸能ジャーナリスト)

 腐り切った日本の芸能界には、「MeToo」から始まったセクハラ追及の世論も届かないということなのか。

最終更新:2020.06.14 08:14

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ワタナベエンタ大澤常務のセクハラはなぜ報じられない? 週刊誌も大澤常務と癒着、志らく妻の不倫、闇営業問題でもいいなりにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。セクハラワタナベエンターテインメント大澤剛文春オンライン時田章広渡部建の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
2 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
5 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
6 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
12 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
13 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
14 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
15 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
16 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
17 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
18 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
19 ゴーンが会見で「逮捕を仕掛けた政府関係者の実名」告発を取りやめた理由!
20 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄