「私の20歳が干されて終わる」能年玲奈の流出テープにあったのは悲痛な心の叫びだった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nounenrena_150524.jpg
本サイトの予測どおり“バッシング記事”が出るもその内容は…(能年玲奈オフィシャルファンクラブ「くるぶし。」公式サイトより)


「洗脳騒動」渦中の「逆ギレメール」と「録音テープ」 能年玲奈「もう気が狂う!」暴走ヒステリー現場をスッパ抜く――。

 こんなタイトルで能年玲奈のバッシング記事を載せたのは今週発売の「週刊ポスト」(小学館)6月5日号。さらにこれを追いかけるかたちで、同じ小学館発行の「女性セブン」も、同内容の記事を掲載した。

 実は本サイトは先週末の記事で、こうした新たなバッシングの動きがあることを予測していた。能年の所属事務所・レプロエンタテインメントが能年の新たなネガティブ情報を週刊誌に書かせようとしており、彼女がヤンキー口調で事務所を罵倒する録音テープが流出しそうになっている、と――。

 周知のように、今回の能年の洗脳騒動の背後には、能年本人とレプロエンタテインメントの対立がある。能年が心酔する演出トレーナーの滝沢充子氏とともに無断で個人事務所を設立したことから、レプロのワンマン経営者であるH社長がツイッターで不快感を示し、洗脳を示唆。これを受けて「東京スポーツ」、「女性自身」(光文社)などが“洗脳疑惑”を書き立てた。

 一方、「週刊文春」(文藝春秋)5月7・14日合併号は能年サイドに立ってこの洗脳を真っ向から否定。逆に能年が事務所からいかにひどい扱いを受けていたかを暴露した。月給はわずか5万円、『あまちゃん』後に仕事を干され、彼女が望んでいた『進撃の巨人』の出演を勝手に断わられ、さらには事務所のH社長からパワハラ発言を浴びせられた……。

 すると、レプロはこれに対して「能年本人が『文春』にしゃべっているとしか思えない」と激怒。自社タレントに対する反撃を開始したのだ。

 第一弾は5月20日に発売された「週刊新潮」(新潮社)5月28日号だった。記事は、月5万円と書いていた能年のギャラが途中から「20万円にアップされていた」ことなど、「週刊文春」の記事をことごとく否定する内容で、そのほとんどは、事務所関係者しか知り得ない、どう考えてもレプロのリークとしか思えないものだった。

 続いて出てきたのが今回の「ポスト」と「セブン」記事である。本サイトが予測していたにもかかわらず、この記事は芸能界ではかなり驚きをもって受け止められた。ベテランの週刊誌芸能担当記者がこう話す。

「これまでも、タレントの独立問題で所属事務所サイドが揺さぶりのためにタレントのネガティブ情報を書かせるというのはありましたが、だいたいは事務所のリークというのを巧妙に隠した上で、自社のタレントは直接傷つけず、新しいビジネスパートナーや結婚、恋愛相手のせいにするのがパターンでした。ところが、今回の『ポスト』の記事は事務所関係者が証言するかたちをとって、モロに自社タレントのわがままぶりを糾弾している。しかも、その中身が説得力がないというか、強引なんですよね。こういうのはあまり見たことがない」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「私の20歳が干されて終わる」能年玲奈の流出テープにあったのは悲痛な心の叫びだった!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。時田章広能年玲奈の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
2 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
3 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
4 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
7 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
8 『ゲゲゲの鬼太郎』が安倍政権を風刺してネトウヨが攻撃! 
9 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
10 蛭子さん「集団的自衛権が怖い」発言
11 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
12 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
13 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
14 安倍首相がTOKIOに続き大泉洋、高畑充希と会食PR
15 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
16 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
17 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
18 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
19 『ゲゲゲの鬼太郎』の戦争描写をネトウヨが攻撃
20 「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
1自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3安倍晋三の新型コロナ対応と菅直人の原発事故対応とどっちが酷い?
4 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
5安倍「東京五輪は予定通り開催」に世界中からツッコミの嵐
6「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
7五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
8 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
9近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
10安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
11昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
12 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
13厚労省が今度は「ドライブスルー検査」を“医師の診察が伴わない”とデマ
14 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
15俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
16近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
17 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
18感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
19赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
20 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄