工藤静香が『Mステ』で「Hey! Say! JUMPは娘に教わった」発言、嵐・二宮には「くん付け」で…いよいよジャニーズの姐御に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kudoushizuka_160517.jpg
工藤静香オフィシャルサイトより


 先日、14年ぶりに『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に出演した工藤静香。その際のジャニーズとからんだトークがちょっとした話題になっている。

 この日、同番組には工藤とともに、嵐、それからHey! Say! JUMPが出演していたのだが、タモリからHey! Say! JUMPについて話をふられると、工藤はなんと、「もちろんですよ、知ってます。娘に教えてもらったっていうか」と答えたのだ。

 たしか、キムタクと工藤の娘は、インターナショナルスクールに通っていたはず。しかも、父親はキムタクというそんな女の子がHey! Say! JUMPのファンなのか?と驚いていると、さらに、工藤はHey! Say! JUMP・山田涼介主演の映画『暗殺教室 卒業編』にふれて、こんなことを語り始めた。

「最初に『暗殺教室』のあの丸いのがゲームなのかなって思って、これはゲームなの?って(娘に)聞いたら、本からアニメになって、実写版になって、ジャニーズの方がやってるんだよっていって、山田さんだったっていう。で、テロップで最後まで見てたら、二宮(和也)くんが先生をやってたっていって、すごいビックリしちゃって」

 これに、一部のファンが「なぜ、静香がニノに“くん付け”?」「そんなに親しかったの?」と驚きの声をあげた。また、工藤の発言を受けた二宮の「ありがとうございます、やらせてもらってます」みたいな媚びるような態度、スタジオ入りする際、二宮はじめ嵐のメンバー、Hey! Say! JUMPのメンバーが工藤に会釈をしていたことなどから、「キムタクが寝返ったとたん、静香までジャニーズの姐御気取りか」という批判的な意見も噴出した。

 ジャニタレの妻ともなると一挙手一投足にいろいろ言われて気の毒になるが、しかし、どうもこれ、ファンの深読みというだけでもなさそうだ。テレビ局やジャニーズ関係者に聞いても、ジャニーズ内での静香の存在感は、SMAP独立騒動をきっかけに想像以上に大きくなっているという。

 周知のように、この騒動でキムタクの裏切りを仕掛けたのは、静香だった。もともと、結婚をめぐって、メリー喜多川副社長に嫌われていた静香だが、結婚後、そのメリー氏に付け届けや食事を誘うなど、積極的にアプローチ。最終的には、家を行き来するほど仲良くなり、騒動の際には、一時、メンバーと行動を共にしようとしていたキムタクを翻意させ、SMAPの他のメンバーの動きをメリー氏に報告する役割まで演じていたといわれている。

「メリーさんはキムタクに残留を決意させた工藤のことを『静香は本当にできた嫁。いい嫁をもらった木村は本当に幸せだ』と大絶讃していたといいます。そして、工藤のおかげでキムタクは、いまやジャニーズでは幹部扱いの存在になった。その人心掌握術や戦略は凄腕としか言いようがありません」(スポーツ紙記者)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

工藤静香が『Mステ』で「Hey! Say! JUMPは娘に教わった」発言、嵐・二宮には「くん付け」で…いよいよジャニーズの姐御に?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
2 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
3 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 西野、梶原、又吉ら意識高い系芸人が吉本上層部を全面擁護
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
9 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
12 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
13 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
14 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
15 2017サブカル論争&炎上事件簿
16 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 木梨憲武個展が大盛況の“理由”
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
12信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
13 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄