マスコミが書けないAKBと「電通」の爛れたシークレット飲み会…未成年飲酒も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
bunshun_01_150401.jpg
AKBスクープを報じた「週刊文春」(文藝春秋)4月2日春の特大号(週刊文春デジタルより)

「週刊文春」(文藝春秋)4月2日号でAKB48の元役員によるメンバーたちの盗撮画像や映像が大量に存在したことが明らかになったが、同誌ではその翌週に盗撮画像の中に存在した衝撃的な写真を掲載した。それは、2011年に都内で行われた高橋みなみの20歳の誕生日パーティの写真だった。

 そこには、高橋がひげ面の男性に抱きつき、その勢いからかパンティがちょい見えしているものや、当時18歳で未成年だった峯岸みなみが飲酒して幼稚園児のコスプレで男性の膝に座っている姿など、運営側とタレントによる乱痴気騒ぎが収められていた。

 2013年にも選抜総選挙前日にAKBの古参メンバーと運営幹部らが六本木のメンズサパークラブで全裸男性たちのショーを楽しんだことが伝えられるなど、ハレンチで知られるAKB飲み会。しかし今回、「週刊文春」が掲載した記事の興味深い点は、パーティに出席した男性陣のメンツだ。参加者は、劇場総支配人の茅野しのぶ氏や、AKS関連会社社長でその名がNMB48のシングルタイトルにもなった北川謙二氏をはじめ、SNH48顧問、専属カメラマンなど10名だったというが、「文春」によると、この席には運営スタッフ以外に2名の男性がいた。それは大手広告代理店のAKS担当だというK氏とM氏の2人だ。

 K氏は、前述した高橋が抱きついている男性で、掲載された写真以外にも高橋とK氏が抱き合っている写真が複数あったという。「週刊文春」は彼らのプロフィールをこう紹介している。

「K氏は結成当時からAKBを担当する営業マン。秋元康さんの右腕で、秋元さんのSNSにも頻繁に登場します。青い外車で撮影現場に現れ、現場スタッフを一喝するような人で、外見も話し方も“ザ・業界人”。AKBのおかげで最近部長に出世しました。MはKの元部下で会社のHPにも紹介されるモテ男。現在コンテンツ業務を担当しています」

「週刊文春」は彼らが所属している会社名を明かさず、「大手広告代理店」としか書いていないが、この会社はもちろん、日本を代表する広告代理店・電通である。

 実際、確認したところ、K氏とM氏は両名とも、今も電通に在籍していた。K氏は今年1月1日付けで第18営業局営業部専任部長に“出世”しており、M氏は2014年に立ち上がったコンテンツ局に所属、AKBグループ出演のドラマ『マジすか学園3』(テレビ東京)でもアシスタントプロデューサーとして名を連ねている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

電通の正体―マスコミ最大のタブー

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

マスコミが書けないAKBと「電通」の爛れたシークレット飲み会…未成年飲酒も!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48タブー広告代理店時田章広電通の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
2 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
3 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
4 市川沙耶と熱愛・野島アナに二股の過去
5 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
6 東京五輪で増田明美と有森裕子が論争! 開催を主張する増田に有森が
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
9 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
10 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
11 安倍「東京五輪は予定通り開催」に世界中からツッコミの嵐
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
14 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
15 吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
16 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
17 有馬キャスター降板だけじゃない! NHKが世論調査でも政権忖度
18 ヤマダ電機ブラック批判がタブーに!?
19 五輪演出問題で松本人志、太田光、カズレーザーが姑息コメントも、渡辺直美は
20 安倍が子どもの貧困に他人事メッセージ
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
3吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
4「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
5NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
6組織委は文春への圧力より電通との癒着説明を! MIKIKO氏排除も電通ナンバー2が張本人
7萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
8菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
9汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
10DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
11日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
12菅首相が「まん防」で宣言解除の“責任ごまかし”図るも、変異株拡大で手遅れ
13海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄