マスコミが書けないAKBと「電通」の爛れたシークレット飲み会…未成年飲酒も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
bunshun_01_150401.jpg
AKBスクープを報じた「週刊文春」(文藝春秋)4月2日春の特大号(週刊文春デジタルより)

「週刊文春」(文藝春秋)4月2日号でAKB48の元役員によるメンバーたちの盗撮画像や映像が大量に存在したことが明らかになったが、同誌ではその翌週に盗撮画像の中に存在した衝撃的な写真を掲載した。それは、2011年に都内で行われた高橋みなみの20歳の誕生日パーティの写真だった。

 そこには、高橋がひげ面の男性に抱きつき、その勢いからかパンティがちょい見えしているものや、当時18歳で未成年だった峯岸みなみが飲酒して幼稚園児のコスプレで男性の膝に座っている姿など、運営側とタレントによる乱痴気騒ぎが収められていた。

 2013年にも選抜総選挙前日にAKBの古参メンバーと運営幹部らが六本木のメンズサパークラブで全裸男性たちのショーを楽しんだことが伝えられるなど、ハレンチで知られるAKB飲み会。しかし今回、「週刊文春」が掲載した記事の興味深い点は、パーティに出席した男性陣のメンツだ。参加者は、劇場総支配人の茅野しのぶ氏や、AKS関連会社社長でその名がNMB48のシングルタイトルにもなった北川謙二氏をはじめ、SNH48顧問、専属カメラマンなど10名だったというが、「文春」によると、この席には運営スタッフ以外に2名の男性がいた。それは大手広告代理店のAKS担当だというK氏とM氏の2人だ。

 K氏は、前述した高橋が抱きついている男性で、掲載された写真以外にも高橋とK氏が抱き合っている写真が複数あったという。「週刊文春」は彼らのプロフィールをこう紹介している。

「K氏は結成当時からAKBを担当する営業マン。秋元康さんの右腕で、秋元さんのSNSにも頻繁に登場します。青い外車で撮影現場に現れ、現場スタッフを一喝するような人で、外見も話し方も“ザ・業界人”。AKBのおかげで最近部長に出世しました。MはKの元部下で会社のHPにも紹介されるモテ男。現在コンテンツ業務を担当しています」

「週刊文春」は彼らが所属している会社名を明かさず、「大手広告代理店」としか書いていないが、この会社はもちろん、日本を代表する広告代理店・電通である。

 実際、確認したところ、K氏とM氏は両名とも、今も電通に在籍していた。K氏は今年1月1日付けで第18営業局営業部専任部長に“出世”しており、M氏は2014年に立ち上がったコンテンツ局に所属、AKBグループ出演のドラマ『マジすか学園3』(テレビ東京)でもアシスタントプロデューサーとして名を連ねている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

電通の正体―マスコミ最大のタブー

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

マスコミが書けないAKBと「電通」の爛れたシークレット飲み会…未成年飲酒も!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48タブー広告代理店時田章広電通の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大坂なおみが黒人差別抗議でキレキレ
2 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 何が「断腸の思い」だ!安倍首相が横田滋さん・早紀江さんにとった冷淡対応
6 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
7 安倍が横田早紀江さんを無視している
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
10 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
11 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
12 安倍が拉致問題国民大集会を「公務」理由に中座、自宅へ!
13 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
14 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
15 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
16 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
17 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
18 野村克也氏が巨人、阪神、楽天を両断
19 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20 生活保護カットで他の低所得者も困窮
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
12内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
14NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
15検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
18何が「断腸の思い」だ!安倍首相が横田滋さん・早紀江さんにとった冷淡対応
19木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
20大坂なおみが黒人差別抗議でキレキレ
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄