マスコミが書けないAKBと「電通」の爛れたシークレット飲み会…未成年飲酒も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
bunshun_01_150401.jpg
AKBスクープを報じた「週刊文春」(文藝春秋)4月2日春の特大号(週刊文春デジタルより)

「週刊文春」(文藝春秋)4月2日号でAKB48の元役員によるメンバーたちの盗撮画像や映像が大量に存在したことが明らかになったが、同誌ではその翌週に盗撮画像の中に存在した衝撃的な写真を掲載した。それは、2011年に都内で行われた高橋みなみの20歳の誕生日パーティの写真だった。

 そこには、高橋がひげ面の男性に抱きつき、その勢いからかパンティがちょい見えしているものや、当時18歳で未成年だった峯岸みなみが飲酒して幼稚園児のコスプレで男性の膝に座っている姿など、運営側とタレントによる乱痴気騒ぎが収められていた。

 2013年にも選抜総選挙前日にAKBの古参メンバーと運営幹部らが六本木のメンズサパークラブで全裸男性たちのショーを楽しんだことが伝えられるなど、ハレンチで知られるAKB飲み会。しかし今回、「週刊文春」が掲載した記事の興味深い点は、パーティに出席した男性陣のメンツだ。参加者は、劇場総支配人の茅野しのぶ氏や、AKS関連会社社長でその名がNMB48のシングルタイトルにもなった北川謙二氏をはじめ、SNH48顧問、専属カメラマンなど10名だったというが、「文春」によると、この席には運営スタッフ以外に2名の男性がいた。それは大手広告代理店のAKS担当だというK氏とM氏の2人だ。

 K氏は、前述した高橋が抱きついている男性で、掲載された写真以外にも高橋とK氏が抱き合っている写真が複数あったという。「週刊文春」は彼らのプロフィールをこう紹介している。

「K氏は結成当時からAKBを担当する営業マン。秋元康さんの右腕で、秋元さんのSNSにも頻繁に登場します。青い外車で撮影現場に現れ、現場スタッフを一喝するような人で、外見も話し方も“ザ・業界人”。AKBのおかげで最近部長に出世しました。MはKの元部下で会社のHPにも紹介されるモテ男。現在コンテンツ業務を担当しています」

「週刊文春」は彼らが所属している会社名を明かさず、「大手広告代理店」としか書いていないが、この会社はもちろん、日本を代表する広告代理店・電通である。

 実際、確認したところ、K氏とM氏は両名とも、今も電通に在籍していた。K氏は今年1月1日付けで第18営業局営業部専任部長に“出世”しており、M氏は2014年に立ち上がったコンテンツ局に所属、AKBグループ出演のドラマ『マジすか学園3』(テレビ東京)でもアシスタントプロデューサーとして名を連ねている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

電通の正体―マスコミ最大のタブー

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

マスコミが書けないAKBと「電通」の爛れたシークレット飲み会…未成年飲酒も!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48タブー広告代理店時田章広電通の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
2 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
3 小池都知事の都知事選! 感染者増加の原因はすべて「夜の街」のせいに
4 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
5 ノーベル賞科学者が安倍戦争政策にNO
6 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
9 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
10 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
11 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
13 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
14 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
15 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
16 川島なお美が近藤誠の診断を告発
17 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
18 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
19 TPPで国民を騙した嘘つき安倍政権
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
3東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
4五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
5 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
6感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
7菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
8五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
9それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
10南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
11五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
12五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
13五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
14感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
15組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
16五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
17NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄