ドラえもんの黒歴史(前)全26話が封印! 知られざる放送中止事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
draemon_01_140820.jpg
“泣ける”と話題の映画『STAND BY ME ドラえもん』(画像はドラえもん公式ページ「ドラえもんチャンネル」より)

 公開10日目にして観客動員244万人を記録、興行収入32.7億円を突破した映画『STAND BY ME ドラえもん』。あの『ドラえもん』を3DCGで表現した話題性だけでなく、監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴と、『friends もののけ島のナキ』の八木竜一が務めるという豪華さ。さらに、秋元康が「何度も泣いてしまった」とベタ褒めしただけでなく、“塩”と呼ばれるAKB48のぱるること島崎遙香までもが「総選挙のときも泣かなかったのですが、この映画では泣いちゃいました」と告白するなど、「大人こそ泣ける映画」という口コミ作戦にも成功。イタリアや韓国、台湾、スイス、スペインなど21の国・地域での公開も決まり(19日現在)、評判も上々だ。

 だが、長きに渡って愛され続ける国民的アイドルキャラクターのドラえもんにも、表沙汰にはならない“黒歴史”があるのをご存じだろうか。その一例が、テレビアニメ版『ドラえもん』第1シリーズの“封印”だ。

 1979年から現在までテレビ朝日系で放送されている長寿アニメ『ドラえもん』は、じつは第2シリーズにあたるもの。最初にテレビアニメ化されたのは73年、日本テレビ系列で約半年・全26話で放送されていた。マニアのあいだでは“旧ドラ”“日テレ版ドラえもん”と呼ばれているものだが、これがソフト化されていないばかりか、ドラえもん公式の資料からも“なかったこと”になっているケースが多いのだ。

 なぜ、日テレ版ドラえもんは、無きもののように扱われているのか……。大人の事情で闇に葬られてきた数々の作品の謎を紐解いてきた安藤健二氏による『封印作品の憂鬱』(洋泉社)によれば、その大きな理由は、原作者である藤子・F・不二雄こと藤本弘氏が“『ドラえもん』のアニメを非常に嫌がっていた”せいだというのだ。

 この本のなかで、日テレ版とテレ朝版のふたつで美術監督を務めた川本征平氏は、このように話している。

「藤本先生は、ほとんど余計なことをしゃべらない方でした。それでも、言わず語らず『以前やったのは非常に悔いが残る』なんてことは言われたんですよ。過去にアニメ化を許諾されたことを、非常に後悔されていた様子でした。テレビ朝日で新しくやるときにも、藤本先生は『前のは失敗だった』と思われていて、『そのぶんだけ今回のドラえもんは、これこそがドラえもんだということでやりたい』とおっしゃっていた」

 藤本氏にとって、この“日テレ版”がどれほど許しがたいものだったのか。そのことを裏付けるのは、富山での再放送打ち切り事件、通称“富山事件”だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ドラえもんの黒歴史(前)全26話が封印! 知られざる放送中止事件のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アニメ業界水井多賀子漫画家の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
2 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
3 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
4 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
5 香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
6 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
7 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
8 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
11 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
12 『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
13 官製デマによる『モーニングショー』一斉攻撃はやはり安倍官邸の指示
14 国会で井浦新、宮本亜門の批判を突きつけられた安倍首相が…
15 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
16 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
17 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
18 久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
19 河井克行・案里事件で検察の捜査が安倍首相の地元事務所も捜査対象に
20 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
3 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
4小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
5安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
6大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
7「安倍さんからと言われた」河井前法相から現金を受け取った町議が証言!
8「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
9東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
10吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
11 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
12安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
13 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
14河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
15GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
16小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
17香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
18『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
19久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
20渡部建が妻や相方に謝罪する一方、被害者である相手女性に謝罪せず
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄