ベッキーを責められない! 大手出版社の小学館は不倫だらけ…作家・芸能人と不倫、資料室で情事、編集部で修羅場も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 I編集長が最相と出会ったのは「ポスト」の編集部員だった1995年頃。無名のライターだった彼女の才能に惚れ込み、仕事に起用するようになった。『絶対音感』を書かせ、小学館主催の「21世紀国際ノンフィクション賞」に応募させたのもI氏だった。

 いわば、ノンフィクション作家・最相葉月の生みの親というわけだが、二人は途中で男女関係になってしまう。I編集長には当時、学生時代から付き合いっていた妻がいたのだが、その関係が妻にばれて、別居。最相が同賞を受賞し、ノンフィクション作家としてデビューを果たした少し後に、不倫同棲をはじめ、最終的に妻と離婚し、最相と結婚したのである。

 しかもその関係を伏せたまま賞金システムを作家有利に変更した経緯から、当時は社内で「自分の女に稼がせるためだったのか」などという陰口もたたかれた。

 芸能人との不倫が発覚した元編集幹部もいる。2006年、女優・杉田かおるの不倫相手との修羅場目撃談がメディアをにぎわしたことがあった。最初に報じたのは「女性自身」(光文社)で、記事によると、都内の路上で深夜、杉田が男性の胸ぐらをつかみ「奥さんとエッチしたんでしょ。ねぇ、したんでしょ?」と泣き叫びながら、殴りかかっていたのだという。その後、しばらくもみ合いを続けた後、2人は仲直りし、今度は路上で熱いキス。その後に嬉しそうにラブホに向かった──。まさに笑撃の目撃談だが、この杉田につかみかかられ、路上でキスをし、ラブホに消えた相手というのが、やはり「週刊ポスト」で編集長を務めたS氏だった(現在は退職)。

「女性自身」は同業のよしみで匿名にしていたが、噂はあっという間に広まり、報道後、S元編集長は妻と離婚。その後、しばらく杉田と交際をしていたものの、数年後にその関係も破局を迎えている。

 小学館では社内不倫が原因で社内の暴行沙汰にまで発展した事件も起こっている。

 こちらの主人公は「女性セブン」の元編集長で今は同社の別部署で幹部の地位にあるF氏。マスコミ業界の裏側を暴く暴露雑誌「噂の真相」(休刊)に「『女性セブン』の失楽園」というタイトルで大々的に報道された。

 記事によると、F氏は当時、同じ小学館のファッション誌「Oggi」の女性副編集長をつとめる妻がいた。ところが、「女性セブン」編集部の同期で、こちらも夫のいる女性デスク・S女史とあらぬ仲に。会社の資料室でいちゃついているところを目撃されてしまい、その関係は社内中に知れわたってしまった。

 当然、この不倫の噂は同じ会社で働くF氏の妻の耳に入り、妻は激怒。なんと夫の浮気相手のいる「セブン」編集部に怒鳴り込み、2人の上司である編集長に「夫と浮気しているSデスクをどうにかしてください!」と迫ったのだという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ベッキーを責められない! 大手出版社の小学館は不倫だらけ…作家・芸能人と不倫、資料室で情事、編集部で修羅場ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫出版業界市橋乙葉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
2 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
3 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
4 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
5 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
6 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
7 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
11 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
12 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
13 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
14 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
17 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
18 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
19 嵐メンバーの意外な恋愛事情
20 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
9 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
10蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄