ベッキーを責められない! 大手出版社の小学館は不倫だらけ…作家・芸能人と不倫、資料室で情事、編集部で修羅場も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 結局、F氏は妻と離婚することになるのだが、話はこれではおわらなかった。Sデスクは夫と離婚することはなく、その後も2人の不倫は続いていく。そして2002年、離婚しないSデスクに激昂したF氏は別れ話がこじれた末、社内でSデスクに詰め寄り、何人もの男性社員が止めるのも聞かず、彼女の首を絞めるという暴行を働いたのだ。

 女性の不倫劇もある。「女性セブン」編集長をつとめた後、昨年まで「週刊ポスト」「女性セブン」両誌の発行人までつとめたM女史。大手芸能プロ幹部の夫がいる既婚者だが、典型的な肉食女子で、「セブン」で副編集長だった十数年前からとかく不倫の噂が絶えない。

「相手はいつも若い部下なんです。しかも、ひいきにするのですぐばれる。副編集長時代は、ファッション誌から異動していたイケメン編集者と付き合って、ホテル代を会社で清算したことが噂になったし、編集長になってからも、学生バイト上がりの部下と不倫関係になり、芸能人の会見場の後ろで手をつないでイチャイチャしているところを他誌の編集部の記者に見つかったこともある。また、数年前には六本木のホストクラブにハマり、ホストと腕を組んで歩いている写真が出回ったこともある」(小学館関係者)

 なんとも、すさまじい“不倫の猛者”揃いだが、小学館では、他にもこのテの話がゴロゴロしている。

 しかも、小学館の場合は、職権乱用や不倫相手に会社の経費を使っていたことがばれることも珍しくないという。

「ナンバー2までのぼりつめた経営幹部が受付譲と不倫していたのは有名ですし、ある雑誌の編集長が小料理屋の女将を愛人にして、そのお店から編集部の夜食の弁当を取っていた、なんて話もありました」(前出・小学館関係者)

 さらに、小学館が特徴的なのは、不倫したうえトラブルや経費の私的流用が発覚してもほとんどおとがめがないことだ。例えば、愛人への暴行事件を起こした前述のF氏には自宅謹慎7日間という軽い処分が下されただけで、その理由についても社内で何の説明もされなかった。しかもその後、前述したような面々はこぞって出世街道を上っている。

 普通の企業に勤めている人から見ると信じられない話だろうが、小学館ほど甘くないとしても、出版社では、不倫しているだけで左遷されたりすることはほとんどない。だからか、みんな平気で不倫をする。むしろ、不倫したことのない社員の方が少ないくらいだろう。実際、「週刊現代」「フライデー」の講談社でも、「週刊新潮」の新潮社でも、「女性自身」の光文社でも、そして「週刊文春」の文藝春秋でも、社員の不倫やそれをめぐるトラブルはけっこうな頻度で発覚している。

 それ自体はとりたてて、悪いことだとも思わないが、少なくとも、彼らに川谷絵音やベッキーのことを悪しざまに糾弾する資格がないことだけはたしかだろう。そう考えると“不倫は人妻にとって憧れ”“不倫狩りは不倫できない人妻の嫉妬”といった下品なミソジニー丸出し不倫擁護記事を掲載した「週刊ポスト」「女性セブン」のほうがある意味、正直ということなのかもしれない。
(市橋乙葉)

最終更新:2016.05.23 08:12

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ベッキーを責められない! 大手出版社の小学館は不倫だらけ…作家・芸能人と不倫、資料室で情事、編集部で修羅場ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫出版業界市橋乙葉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が東北新社創業者のもうひとつの献金を隠していた理由
2 菅首相、麻生財相、小泉環境相らが参加する“会費月10万円以上の秘密勉強会”
3 菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
6 田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 原発事故前に安倍が地震対策拒否
9 大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
10 山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
11 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
12 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
13 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
14 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
15 菅政権がワクチン特殊注射器8000万本を韓国に購入要請でネトウヨが激怒
16 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
17 安倍の原発事故責任逃れの手口とは?
18 五輪組織委会長の橋本聖子が高橋大輔の他にセクハラ 池江璃花子の白血病でも
19 年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
20 グレタさん攻撃で炎上した野口健は15歳のシェルパの娘と「児童婚」
1年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
2福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
3 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
4菅首相が東北新社創業者のもうひとつの献金を隠していた理由
5丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
6菅首相が“コロナ会見中止は山田内閣広報官隠し”と追及され逆ギレ!
7山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
8菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
9大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
10菅首相、麻生財相、小泉環境相らが参加する“会費月10万円以上の秘密勉強会”
11菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も
12田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
13『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
14 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄